白の皇帝

Last-modified: 2020-11-26 (木) 22:49:59

1bfc50336ceceecfc6e43b09cc648912.png

  • 入手方法(2016/12/08 実装)
    • イベント「女神の封印」の達成報酬(試練)
    • 刻水晶200個と交換、所持している場合100個(2017/03/09 以降)

ユニット

ステータス

アイコンクラス初期HP攻撃力防御力魔法
耐性
ブロ
ック
コストボーナススキルアビリティ
名称上限初期下限スキル覚醒
白の皇帝
白の皇帝
皇帝Lv1140840130403
200
300
3126攻撃力+84
防御力+42
攻撃力+63
アダマスの神器帝国の勇者
Lv992200500660

編集

各ステータスは好感度/信頼度ボーナス抜きの数値
ブロックの数値は、上段がブロック数で下段がスキル使用時の遠距離攻撃の射程

成長時の画像

b75455390372e2b04864eaad9b718e93.png

スキル

クラスチェンジ前後共通(スキルレベル引き継ぎ)

スキル効果LvX再動
(秒)
初動(秒)
アダマスの神器
一覧
X秒攻撃力2.0倍
射程1.5倍
防御力と魔法耐性無視の
遠距離攻撃を行う
135----1-
237----1-
339----1-
442----1-
544----1-
646----1-
748----1-
851----1-
953----1-
105570---1-

■同一スキル所持キャラクター
(変化なし) ★白の皇帝
編集

アビリティ

覚醒前アビリティ

アビリティ名効果ユニット備考
帝国の勇者スキル中、
帝国出身の味方ユニットの攻撃力、防御力が30%アップ
白の皇帝 

編集

クラス特性

クラス特性備考
皇帝遠距離攻撃を行う
配置中、魔界でも全味方ユニットの能力が低下しない
攻撃速度
皇帝へのバフ

編集

交流

台詞

0%……。
15%無理に話す必要もないだろう?貴様と話が合うとは思えない。
30%なるほど……、酒の趣味だけは合うようだな。イベント1
50%俺は、貴様の様に由緒ある家格も、血統も持ち合わせてはいない。
60%悪いが、そういうことは、全てレオナに任せている。
80%……もう少しだけ付き合え、王子。
100%……戦友、か。貴様とならば悪くはない。イベント2
130%……王子、今夜は付き合え。英雄には祝宴が必要だろう?
150%世界を救う英雄……か。その名はお前にこそ相応しい。
副官これは何の冗談だ、王子。俺に斬られたいのか?

雑感

団長と並んで男性縛りMAPの救世主。イベユニ(刻水晶交換)の星の一人。このユニットは複数編成する事ができない。

基本的には遠距離貫通のスキルを利用したボス狩りが主な役目。
アビリティの帝国バフは効果が大きいので、帝国ユニットが充実しているならその補助目的でスキルを使うのもアリ。
アビリティ込みで2.6倍になる攻撃力に比べ、防御は30%しか上がらないのでむやみに強敵を受けるのは避けるのが無難。
レベル99まで育つものの、覚醒アイコンは無いので強者の集う戦場には出撃不可。

交換所に常設されており、スキルレベル1でも十分な効果のスキルを持ち、少しレベルを上げればステータス (特に防御力) が大きく伸びるため、初心者が刻水晶で交換する有力候補。
一通り他のユニットを覚醒させるまでは、ステータスの暴力でエースになってくれるだろう。
周りが育ち、壁として使わなくなっても先述のようにボスキラーとして活用できるため、無駄なところがない良キャラ。

男性ブラックユニットなのでレベル1で合成経験値が2000もあり、この時点で白バケツ2個分の経験値換算、更にレベルアップで端数調整できるのがメリット。
未覚醒扱いの為レベルアップでの経験値上昇量は+20/レベルで、ハーフ黒バケツの8倍煮込み20000 (ファラハ同等) にするにはレベル26必要な点には注意。
通常は刻水晶を100個集めるよりバケツ2つを集めるほうがカリスマ・スタミナ効率が良いので、合成費用や聖霊の節約がメインである。

2019/12/19において男性ユニットの信頼度150%解放。同キャラ2体目以降であっても150にすれば神聖結晶を貰えるので常設黒である彼から結晶を入手するという選択肢も生まれた。
無論交換用の刻水晶、信頼度100までの各種酒、勲章交換用の虹水晶/魔水晶は必要なので決して低コストではないが。

注意点として、彼のアビリティはスキル使用時に有効になるためか、「グループ強化」のスキルバフ扱いになっている。
他のグループ強化のスキル (セーラ鍛冶職人のスキルなど) とは重複しないので、同時点火しても効果の低いほうが無駄になる。
詳しくはよくある質問を参照。




動画

持続の長さが生きる