【かっちゅうアリ】

Last-modified: 2020-05-06 (水) 22:47:41

概要

今作初登場のつぶらな瞳がかわいらしい【虫系】モンスター。アリというよりはクワガタに近い見た目。
【げんじかぶと】【アイスボンバー】【スカラベキング】【スカラベーダー】と派生種が多い。
通常ドロップは【小さなこうら】、レアドロップは【ナナホシのおうぎの書】
 
【久遠の森】の分かれ道や【ガタラ原野】の遺跡の森に生息しているが、周辺の敵に比べて段違いにレベルが高いため、序盤は絶対に手を出してはいけない。
うかつに触れたら最期、サポート仲間を身代わりにしなければ即死ダメージから逃げるのは難しいだろう。
幸い、自分からは襲ってこないタイプなので、うっかりこちらから接触しない限りは安全である。
ボスであるスカラベーダーはともかくこの系統のモンスターは全員自ら襲ってこない平和的(?)なやつらである。
 
【落陽の草原】にも生息しているが、このあたりに来るとプレイヤーのレベルもかなり高くなっているので、手を出しても大丈夫だろう。
経験値が地味に高いので、【まだらイチョウ】【バサラーナ】狩りのついでに狩られている。
腹部を切り離して(!)設置する【しっぽ爆弾】を使ってくるが、ダメージは5、60とさほどでもない上に起爆まで時間がかかるので逃げるのもたやすく、効果範囲も広くない。
持ち技はそれぐらいなので、ある程度の攻撃力がパーティーに備わっていればレベル上げの良い獲物になってくれる。
 
久遠の森の方が密集している上3匹同時にも出現するが、近くに宿がないのでMPパサーを使える魔法戦士がいないと長期滞在は厳しい。
MPにもよるものの魔法戦士無しの場合は10分くらいが限度といったところか。
ただし虫系なので特効な短剣PT、もしくは爪とキラーピアスもちの盗賊だと攻撃時MP回復もあるので長く居座れる。

Ver.4.3

クエスト【ツスクル畑でたがやして】の討伐対象となる。