Top > 【ちから】


【ちから】

Last-modified: 2018-06-10 (日) 19:08:24

概要 Edit

パラメータの一つ。
キャラクターの腕力を表す値。基本的にはレベルアップ、【ちからのたね】で上げることができる。
戦闘でとても重要な攻撃力に密接に関わる、重要なパラメータ。

本編シリーズ Edit

DQ1~DQ5では255、DQ6では500、DQ7以降では999が上限である。
ただし、DQ1とDQ2ではあくまでもシステム上の上限が255というだけであり、ドーピングのできるリメイク版を含めても正規の方法ではこの値までは到達しない。
キャラクターの攻撃力に大きく関わるパラメータであり、

となる。
特にパラメータの上限が上がってちからの値に差が出やすくなったDQ6以降の作品では、 ちからの値によって結果的に攻撃力に大きな差が出ることになる。
そのため、【MP】を消費する【呪文】【特技】を中心に戦うキャラクターは、 ちからが低いとMPが切れた途端に戦闘力がガクッと落ちてしまう。注意しよう。
DQ6とDQ7では就いている【職業】によっても上下するほか、DQ8以降では【スキル】によってアップさせる事もできる。
 
敵モンスターにはこの数値は設定されておらず、攻撃力だけが設定されている。
敵モンスターは武器を装備して攻撃力を上げる事がないため、ちからと攻撃力を分離する必要性がないためである。

モンスターズシリーズ Edit

初代モンスターズには武器の概念がなかったため、味方モンスターも「ちから」ではなく「攻撃力」が設定されている。
これを引き継ぎ、モンスターシリーズではいずれの作品でも「攻撃力」のみが設定されており、「ちから」は登場しない。

不思議のダンジョンシリーズ Edit

レベルアップで上昇する攻撃力とは別に値が設定されており(初期値は8)、力の種を飲むことで上がる点は同じだが、ちからに「現在値」と「最大値」が存在するのが特徴。
【おばけキノコ】【毒攻撃】等を受けると現在値が下がり、【毒消し草】で回復させることができる。
当然戦闘に影響するのは現在値であり、【罠】?やマイナスアイテムで簡単に下がっていくので、
むしろ最大値が上がることよりも、現在値が下がりきってしまうことによって影響を実感するパラメータ。
また、現在値が減っている状態で力の種を飲むと現在値が1回復するだけなので、毒消し草が見つかるまで力の種を飲まずに持ち歩く等、ちからの回復手段が重要になる。
毒攻撃を防ぐ手段は幾つかあるが、【毒けしの指輪】なら全て防御可能。
トルネコ1では力の現在値は1までしか下がらなかったが、トルネコ2では0まで下がるようになった。