【まんげつのリング】

Last-modified: 2020-08-22 (土) 01:18:56

概要

DQ8で初登場した装飾品。
白い真珠玉のような物が付いた指輪で、装備すると守備力が上がるのに加えて【麻痺】に強い耐性が付く。
 
麻痺を治す【まんげつそう】からのネーミングと思われるが、直接的には関係無い。

DQ8

守備力が+10に加え、麻痺に完全耐性を得られる。
【クラーゴン】がレア枠(1/256)で落とす他、【金の指輪】+【どくがのナイフ】で作成可能。
ドロップ率が低く、狙って手に入れるには困難なので【錬金】で作った方がいいだろう。
 
そもそも麻痺自体が頻繁に受ける事が無く、麻痺自体も【キアリク】【まんげつそう】で治療出来るので基本的に装備する機会は無い。
実用面でよりも上位互換である【スーパーリング】の錬金材料として作る事になるだろう。
 
売値は600G。

3DS版

【月のおうぎ】を作る材料の一つとしての用途が増えた。
他の必要材料は【星のおうぎ】【金のロザリオ】

DQ9

今作では守備力+5になったが、装備すると何と麻痺が全く効かなくなるというパワーアップを遂げた。
 
DQ9では【麻痺攻撃】をしかけてくるボスがやたら多く、ラスボスの【堕天使エルギオス】までも【やけつくいき】を吐いてくるので、回復役に装備させたい。
錬金レシピはきんのゆびわ+どくがのナイフ+【つきのめぐみ】
クエストNo.130「【モヤモヤゆうれいライフ】」の報酬にもなっている。
また、まんげつのリング×1+【ほしのおうぎ】×1+【ほしのカケラ】×1の錬金で【つきのおうぎ】に、まんげつのリング×1+【ムーンアックス】×1+【おかしなくすり】×3の錬金で【フルムーンアックス】になる。
なお、前作では材料になっていたスーパーリングの素材は、【はげんのリング】+【はどくのリング】+【めざましリング】となり、リストラされた。

DQ10

マヒ耐性がある。合成や他の装備の耐性との組み合わせで完全耐性にすることも可能。
主にモンスターのレアドロップとして入手可能。
詳しくは【まんげつリング】を参照。

DQ11

全員が装備可能な指アクセ。うち直しに必要な宝珠は12個。

-+1+2+3
守備力56810
マヒガード30%35%40%50%

 
【ふしぎな鍛冶】で作成できる。レシピは【君を守る小さな指輪】に記載。
必要材料は【プラチナこうせき】×2、【つきのめぐみ】×3、【どくがのこな】×1。
【モッツァレーラ】(3DS版・DQ11S)と【クラーゴン】(邪Ver含む)がレア枠で落とす。
 
【まんげつの首輪】の上位品。
しかし、これのレシピを手に入れたすぐ後に、【パピヨンマスク】のレシピも入手可能になってしまう。
パピヨンマスクはマヒを100%防ぐので、その影に隠れがち。

DQB

表記は「満月のリング」。マヒを防止する。
2章で【調合ツボ】【いにしえの調合台】から作成できる。
材料は【液体銀】【まんげつ丸】が3つずつ、【きれいな水】が1つ。
 
【マヒ花】の上も平気で歩けるので【マヒの森】で猛威を振るう!…なんてことはない。
その理由は材料の入手時期。最も早く入手できるまんげつ丸すら作れるようになるのはそのマヒの森で【キャタピラー】の巣を潰してから。つまり、マヒの森クリア後。
きれいな水は旅のとびら・赤使用後の【ケーシー】のクエスト、液体銀は旅のとびら・緑使用後の【ヘイザン】のクエストをクリアすることでやっと入手できるようになる。
つまり材料が揃う頃にはマヒの森などとっくの昔に通り過ぎてしまっている。そして緑のとびらの先でマヒ状態になる要素は無い。
よってお呼びがかかるのは最後の【竜王軍バトル】の連戦と【ヘルコンドル】戦だが、そこに追い打ちをかけるのが【スーパーリング】
マヒどころか、毒、混乱、眠りすらも防止するこのリングの存在が満月のリングの数少ない活躍の場すらかっさらってしまう。
 
結果、特定の状態異常を防止できるありがたいアイテムのはずが、諸々の事情で全く日の目を見れない不遇なリングへと成り下がってしまった。