Top > 【ほしのかけら】
HTML convert time to 0.014 sec.


【ほしのかけら】

Last-modified: 2018-10-19 (金) 03:29:30

概要 Edit

DQ6、DQ7、リメイク版DQ4、DQ9~11に登場するアイテム。星の欠片。
 
DQ7以前の作品では、装飾品の一種として登場。
天から落ちてきたと言われる石の破片を加工して、ペンダントに仕立てたもの。
夜空に瞬き輝く星のような、黄水晶にも似た結晶体で、月にかざすと不思議な光を発する。
可愛らしいアクセサリーになっているため、お守り代わりに身につける人もいるらしい。
 
DQ6とDQ7では、その波動によって対峙する魔物を【混乱】に陥れ、リメイク版DQ4では逆に混乱を治癒する効果がある。
この理由として攻略本には
「詳しい材質は不明だが不思議な波動を発しており、戦闘中に使用すると特殊な効果を発揮する。」
と書かれている。
 
元ネタは混乱した人間の頭上に星がくるくる回っている、という漫画的表現からきているのだろうか。
 
DQ9~DQ11では錬金素材の一つとして登場。天から飛来した隕石の欠片で、錬金に用いると物品に星の力を宿らせることができる。

DQ4(リメイク版) Edit

うんのよさ+5。価格は500Gで、売却価格は375G。
戦闘中に道具として使用すると、仲間1人の混乱状態を治す効果がある。
誰でも装備することができる。
 
【デスパレス】にある宝箱から手に入れることができる他、PS版では移民の町を【プレミアムバザー】にすれば販売されるようになり、DS版以降では移民の町が発展3段階目の時期にのみ販売されている。
 
DQ全体で見ても、混乱だけを治すアイテムというのは中々珍しい(他には【てんしのすず】のみ)。
今作では隠しボスの1人である【エッグラ】【メダパニダンス】を使用するため、複数人に持たせておくと態勢を立て直すのが非常に楽になる。

DQ6 Edit

初出。かっこよさ+10。非売品で、売却も不可。
戦闘中に道具として使用すると、敵1体を混乱させる効果がある。
【ミレーユ】【バーバラ】が装備できる。
 
【マーズの館】のタンスから手に入れることができる他、【メダパニとかげ】が落としていくことがある。
 
パラメータが上がらず、かっこよさも低いため装飾品として役に立つことはないが、道具使用時の効果が非常に強力。
こちらの戦力の乏しさに対して強敵が多い【夢見の洞窟】ではこれを使えればかなり楽ができ、ボスの【ブラディーポ】にさえ効いてしまう。金縛りや自分への体当たりであっさり終わってしまうことも珍しくない。
更にマーズの館の井戸にいる【いどまじん】はこの時点のレベルではかなりの強敵だが、混乱耐性に穴があるため同じように戦えてしまえる。
 
その後も混乱耐性を持つ敵は少なく、メダパニダンスを覚えるまではずっと活用していける。
素早さの高いキャラクターに持たせ、先制して敵の動きを阻害していくと良いだろう。そういう点からミレーユに持たせることが多くなるだろう。
 
一時期、装備者に混乱耐性を付ける性能があるとの情報が出回り、一部サイトにも記載されていたが、これは誤り。鵜呑みにしてボス戦に挑むと痛い目を見るだろう。
これは他に使える装飾品があまりない【ホラービースト】戦の時期ではミレーユに持たせていることが多く、彼女は素で混乱耐性を備えていることから流れたデマとされる。

DQ7 Edit

かっこよさ+10。価格は500G。
【山肌の集落】、過去の【砂漠の村】【リートルード】、プレミアムバザーで販売されている。
今作でも戦闘中に道具として使用すると敵1体を混乱させる効果がある。 
装備可能者は【マリベル】【アイラ】だが、DQ6同様装備品としての価値はないだろう。
 
タイミングはDQ6ほど序盤ではないものの、特技・呪文が封印される過去のダーマ編で登場するので大変ありがたい。
同時期に登場し、同じく敵への足止め手段として重要な【ねむりのつえ】は値段が4200Gもするのに対し、こちらは1個500Gと非常に安い。
ダーマ編では有用なのはもちろん、【海底都市】辺りまでの敵になら大体効くため、全員分買っておいても良いくらいである。
難所と名高い現代ダーマ地方の【山賊四人衆】の一人【さんぞく】や、海底都市の強敵【ヘルダイバー】にも有効。
 
【踊り子】でのメダパニダンスの習得が遅くなったり、【メダパニ】【職歴技】となったりと、敵を混乱させる手段が限られるDQ7では貴重な混乱手段。
メダパニダンスや【へんてこ斬り】を習得するまでは、これが大いに役立ってくれる。

3DS版 Edit

ユバールの大地の西の小島のフィールド宝箱に入っている。
3DS版ではへんてこ斬りがかなり強化されて使い勝手がよくなったので、転職できるようになったら使われる事は無いだろう。

DQ9 Edit

表記が「ほしのカケラ」になった。非売品で、売却価格は900G。
 
Dランク以上の宝の地図の洞窟にある青い宝箱から手に入れることができる他、【スターキメラ】がレア枠(1/128)で落としていくことがある。
クエストNo.061【大魔法使いギビリン】の報酬にもなっており、ここでは何度でも受け取ることができる。
 
錬金でも作成可能。レシピは【カラコタ橋】の道具屋の本に載っており、【ひかりの石】×3+【よるのとばり】×3で作れる。
 
これ自体に特殊な効果はなく、別のアイテムの錬金素材として使用する。
このアイテムの材料を集めるのも結構大変だが、これを材料に使う際も複数個要求されることが多いのでさらに大変。
ほしふるうでわを筆頭に「星」に関係するアイテムの材料になる他、【しんかのひせき】の素材の1つである【天使のソーマ】の素材になるため、非常に重要な素材の1つ。
しかも、しんかのひせき1つにつき天使のソーマが2つ必要なため、ほしのカケラは4つ必要になる。
 
数が必要となるアイテムだが、これ自体を揃えるのは手間がかかるため、量産するためにはやはり素材から作ることになるだろう。
ひかりの石は、スターキメラと【おどるほうせき】が通常枠で、【アンドレアル】がレア枠で所持し、よるのとばりは【かまっち】【影の騎士】が通常枠で、【あんこくまじん】がレア枠で所持している。
一応グビアナ砂漠にそれぞれ素材があるので定期的に回収してもいいだろう。
或いは、【スライムジェネラル】を倒しまくるついでに、上のクエストを何回も消化するのも手である。
これらのモンスター達から盗むなりして頑張って素材を集めよう。

錬金レシピ一覧 Edit

DQ10 Edit

一部装備や封印ガード錬金の素材として登場。
クレーター的な場所に落ちていたり、【スターキメラ】などの通常ドロップになっている。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

今作も素材として登場。単品での使用や装備はできない。
【はめつの使者】が通常枠で所持している他、スターキメラ(強Ver含む)がレア枠で所持している。
【ミルレアンの森】のキラキラから採取できる他、PS4版では【試練の里】で1000Gで購入可能。
3DS版では試練の里で売っておらず、キラキラは奥まった場所にある為、PS4版に比べこれを必要とする装備が作りにくい。コレを使う用事があるなら相棒の出番だ。装備できるアイテムも多いことだし。
過ぎ去りし時を求めた後なら、【デルカコスタ地方】にいるはめつの使者から【ぬすむ】で奪い取ればいいので比較的効率良く入手できる。
また、【時渡りの迷宮】を6層まで進めていれば、【見えざる魔神の道】にスターキメラが出現するので、【スーパールーレット】を使って乱獲すれば、早い段階から必要数を集められる。
  
作成できる装備品は以下の通り。

ほしのカケラ×1+ほしくずのつるぎ×1+しんかのひせき×1+よるのとばり×1【りゅうせいのつるぎ】
+メテオエッジ×1+いかずちのたま×1【コメットエッジ】
+おうごんのカケラ×1+紫の宝石×1+みがきずな×1【雷光のイヤリング】
+ぎんのこうせき×1+天使のすず×1【りせいのネックレス】
+プラチナこうせき×1【光のイヤリング】
ほしのカケラ×2+りゅうせいのつるぎ×1+しんかのひせき×3+よるのとばり×2+紫の宝石×1【すいせいのつるぎ】
+コメットエッジ×1+しんかのひせき×2+いかずちのたま×2+黄色の宝石×1【スーパーノヴァ】
+メタルのカケラ×1+スライムオイル×1+竜のひせき×2【はぐれメタルヘルム】
+アレキサンドライト×1+ヒヒイロカネ×1+きんかい×2+ラブリーエキス×3【エトワールクラウン】
ほしのカケラ×3+すいせいのつるぎ×1+だいしんかのひせき×1+ヒヒイロカネ×1+よるのとばり×3【ぎんがのつるぎ】
+スーパーノヴァ×1+やみのなみだ×1+いかずちのたま×3【ハイパーノヴァ】
+つきのめぐみ×3+きんかい×2+赤い宝石×2+アレキサンドライト×1【はてんの月輪】
+オリハルコン×1+きんかい×1+みかわしそう×3+青い宝石×4【ほしふるうでわ】

DQH2 Edit

「ほしのカケラ」表記。
【アクセルギア】【命のネックレス】【海魔の眼甲】【せいれいのゆびわ】【大地の竜玉】【はくあいのゆびわ】【まもりのルビー】【竜のおまもり】【ロイヤルバッジ】の強化素材。
【しんぴのカード】【しんぴのカード改】で必要になることもある。
これだけ必要になることが多いのにドロップするモンスターが誰もおらず、【ちいさなメダル】5枚で交換か【ラオ荒野】のキラキラポイントでの採取、あるいは交換屋での交換に限られる。