Top > 【ネルセンの宿屋】


【ネルセンの宿屋】

Last-modified: 2019-06-15 (土) 01:18:36

DQ11 Edit

【バンデルフォン地方】にある【宿屋】。もちろん名前の由来は英雄【ネルセン】からとられている。
ただし英語版での地名はWarrior’s Rest Inn、ただの「戦士の宿」になっている。
近くには【バンデルフォン王国跡】【ヌルスケ】の墓が存在する。
 
町扱いだが木の柵に囲まれた大きめの宿が一軒あるだけで、PS4版では他の町と違いエリア切り替えがない。
よって木の柵一つ隔てただけで外にはモンスターは闊歩している姿が普通に見られる。例えモンスターをこっちに誘導しても門をくぐるだけで追跡をやめてしまう。何か不思議な力があるのだろうか?しかし宿屋の女将はフィールド外で掃除をしている。襲われたりしないのだろうか。
ちなみに【フィールド攻撃】を使うことで柵の内側でもエンカウントが発生してしまう。
このように外のフィールドの一部扱いなのは、奥に【ボウガン】の的があることとも関係しているのかもしれない。
3DS版では普通にエリア切り替えがある。
 
当初はこれと言ったイベントもなく、旅の休憩地点として立ち寄る程度。
ただし入り口から近い場所に店、宿屋、教会が固まっているため冒険の拠点としてきわめて優秀。
3DS版ではスタッフも心得たもので、ルーラの行き先が1ページ目最下段or2ページ目最上段とカーソルをあわせやすい位置に並ぶ。
さらに2Dモードでは建物内部でルーラをしても頭をぶつけないようになっている。
 
なお3DS版限定の【てんきよほウシ】はここにおり、話しかけると【てんきよほう】を習得出来る。

世界に異変が起きた後 Edit

この宿で寝ると不思議な夢を見ると話題になっており繁盛している。【イムル】の宿屋のオマージュネタ。
実際に泊まると鎧を着た戦士が「くちおしい…」と呟き、謎の声が彼を助けて欲しいと呼びかけて来る。
夢を見た【ロウ】が心当たりがあると言い出し、【ユグノア城跡】へ向かう事になる。

過ぎ去りし時を求めた後 Edit

覚醒した【ケトス】の情報によって、バンデルフォン王国跡地下から【ネルセンの迷宮】へ行けるようになるので自然と立ち寄ることになる。
というのも、仲間達が「ネルセンの迷宮に行こう」「場所はネルセンの宿屋の近くだ」等と誘導してくるのも理由なのだが、ケトス覚醒には各地のフィールドを転々とし、その間の回想イベントや【神の民の里】でのスキルパネル解放、そして7人分のスキル調整も含めたら、ここまで30分~1時間くらいは掛かってしまう。
そのためパーティのHP・MPに余力はあってもプレイヤーの体力的な都合で、とりあえずセーブのために立ち寄りたくなるのは自然の流れであろう。
 
そしていざネルセンの宿屋に着いたら、異変後の世界で聞いたような話ばかりが出てくることに気付くはず。
この時系列では命の大樹崩壊前に戻っているため、泊まると再び例の夢を見られ、これが【バクーモス・邪】戦の前振りとなっている。
このため、過ぎ去りし時を求めた後の世界で初めて戦ったボスがコイツだった人も多いのではなかろうか。
 
また、周辺に【魔竜のたましい】を通常枠で落とす【おにこんぼう・邪】が現れるようになるので、魔竜のたましい集めの拠点にもなりうる。