Top > 【バトランドの老人】


【バトランドの老人】

Last-modified: 2017-12-25 (月) 01:32:47

DQ4 Edit

【バトランド】の城下町で登場。【城】を見上げている【老人】
王宮の【戦士】に憧れており、 【ライアン】に同行を申し出る。
OKすればライアンの後を付いてくるのだが歩くのが遅く、再び話しかけると息を切らせながら「やはり無理」と言い出す。
【岩】トムじいさん同様、押して動かすこともできる。
DQシリーズ初の「パーティを追尾する住民」であり、「押して動かせる人間」でもある。
後ろから押して城下町から出してみようとしてもエリア端で華麗に回避するが…避けられるマスのない右下端から押し出そうとすると…?
 
その特殊性ゆえか、FC版【公式ガイドブック】では【フレア】【トーマス】同様、イラスト付きで紹介されている。
また4コマ漫画にもたびたび出演していた。
 
とはいえ個人名も無く、イベントに関わるわけでもない、言ってみれば「ちょっと特殊な行動をするモブキャラ」に過ぎない。
しかし、下記の関連商品では謎の厚遇(?)を受けることになる。

ゲームブック Edit

「クス老人」という名前が付いており、展開次第では彼の作ったイカダで【湖の塔】に乗り込むことになる。

大格闘技場 Edit

【カードゲーム】である同商品にて、「バトランドのじいさん」名義でカード化されている。
なぜよりによってこの人物が選定されたのかは謎。
 
どのモンスターにも勝てない最弱のキャラクターという設定で一見いらないカードにも見える。
だが、同商品は持っているカードから勝敗数を予測するゲームであり、どのモンスターにも必ず勝てる【エスターク】と対をなしている。
その上、条件次第ではエスタークに勝てるカードに化けられるという特殊カードでもある。
 
説明書でも【老師(わし)】が、このカードによって勝敗数を読み違えて敗北するという例を見せている。