【レナーテ】

Last-modified: 2018-08-31 (金) 18:24:25

DQMJ3

ジョーカー3の登場キャラクター。緑髪ポニーテールの美少女で、人間ばなれした不思議な雰囲気の持ち主。胸もそこそこ。
当初は名前が不明であり、「謎の少女」表記だった。
偽りの楽園で暮らしていた【主人公】を外の世界へ連れ出し、「この世界のことを知ってほしい」と伝える。
その後も何度も立体映像として現れ、少しずつ主人公の過去やこの世界の秘密を明かしていく。
彼女本人に会えるのはストーリー後半、【焦熱の火山】のレジスタンス秘密基地である。
そこで主人公の秘密を話し、ブレイクワールドを救う意思はあるかと聞いてくる。
ちなみに、一人称が「あたし」ではない貴重な女性キャラだったりする。
 
彼女の正体は【コア】のマザーから生み出された分身で、「マザー・レナーテ」とも呼ばれる。
【マ素】に汚染されたマザーから切り離され、記憶を失い倒れていたところをかつての主人公に発見される。
その後レジスタンスの一員となり、【アンセス】のパートナーとして戦っていた。
闇に染まった善の者から分身を切り離したという点では、ジョーカー2のシャルロットに通ずるものがある。
この立場に加え、モンスターマスターながら本人の実力も非常に高い事から敵陣営からは非常に警戒・嫌悪されている。
 
【ガルマザード】撃破後はボロボロになったマザーの機能を肩代わりするためコアと同化し、姿を消した。
だが主人公と【アロマ】がスターシードを完成させ、マザーを修復したことによって彼女も使命から解放される。
裏クリア後はセンタービルの【格闘場】イベントバトルにも登場。手持ちは【超ギガボディ】と化した【バーディ】
痛恨の一撃を連打してくるため強力だが、【オーロラブレス】以外なら【アタカンタ】で跳ね返せる。
ただし、【きぶん屋】でテンションを上げてくるため、【つねにアタカンタ】を持たせた火と氷耐性が無効以上のモンスター1体で完封、は残念ながらできない。
報酬は地獄の遺伝子5だが2周目以降はちいさなメダル×5になる。

DQMJ3P

追加シナリオでも特にこれといった出番はないが、【ノチョーラ】族が神獣であったことはマザーである彼女も知らなかったようだ。
また、格闘場が解放されてから主人公に「サンチョ修理キット」を渡してくる。
何でも、主人公を助けるためだったとはいえ世話をしてくれた【サンチョ】を壊してしまったことをずっと気にしていたらしい。
 
格闘場の6戦目にも登場するが、手持ちがバーディではなく【レジアクセル】【レジウィング】【レジマリン】になっている。全員【超こうどう はやい】持ちだが、例によって状態異常耐性がガバガバ。
その為、【WORLD】等の合体特性が【究極こうどう はやい】の奴を用意して合体し、状態異常技を撒き散らして機能停止させてしまおう。
状態異常にした後は、煮るなり焼くなりお好きにどうぞ。
報酬は【サンチョ】
エンディングのイラストはサンチョゼロを抱っこしているというほほえましいもの。