Top > 【ノチョーラ】


【ノチョーラ】

Last-modified: 2019-05-19 (日) 09:04:40

概要 Edit

DQMJ3に登場するキャラクター(種族)だが、もともとは【鳥山明】によるDQ10の【オーガ】のデザイン画(【Vジャンプブックス】「アストルティア冒険記」や【鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ】に掲載)の脇に描かれていた謎の生物。
【デッドペッカー】と似たシルエットをしている。
長い脚、短い腕、カエルのような顔が特徴。デッドペッカーを恐竜っぽくしたようなのを想像してみればどんな容姿かは伝わるかもしれない。

DQMJ3 Edit

ブレイクワールドに住む種族。【主人公】のサポートをしてくれる。
モンスターではなく、人間たちとの仲も良好だったようだ。
オスは人懐っこいが、メスはやや人見知りをするらしい。
 
当初は【静寂の草原】のウッドパークで暮らしていたが、あわや【大食王ボーショック】に攫われ食われそうだったところを主人公に助けられる。
その後、人間たちの様子を見るために一族総出で【崩落都市】へやって来るがそこは【廃墟】と化していた。
仕方なくノチョーラ族はセンタービルに住み人間たちを待つことになった。
 
その何かと不便そうな体型とは裏腹に、手先が器用で、機械弄りを趣味にしている者も多い。
基本的には争いを好まない平和的な種族だが、その一方で好奇心や冒険心が強く、モンスターマスターを志すノチョーラも多く見られる。
【時空の裂け目】に現れるモンスターマスターも、このノチョーラである。
また、驚異的な科学技術を持つ者もいるようで、【グレートノチョーラZ】のような戦闘用の巨大ロボットも存在する。
 
余談だがノチョーラ族の【キング】【クイーン】【ジャック】【エース】には神獣と思しき名前がうかがえるのだが、これが何を示しているのかは無印の時点では不明だった。

DQMJ3P Edit

無印では単なるチュートリアルキャラだった彼らだが、プロ版の追加シナリオでスポットが当てられる。
【神獣界】で力を取り戻した【ラーのかがみ】をリアクターに組み込んでもらい、彼らをサーチするとその正体を見破れる。
何と彼らは、ブレイクワールド創造時のマザーの暴走に巻き込まれ姿を変えられた神獣であった。
これはマザーである【レナーテ】も知らなかったらしく、ブレイクワールドと同時に生まれた原住民だと思っていたとのこと。
正体はそれぞれ、
【エース】【ディアノーグエース】
【ジャック】【グラブゾンジャック】
【クイーン】【クインガルハート】
であり、その他のノチョーラ族はカエルのような姿の【みならい神獣】と呼ばれる。
名前や体色で伏線が張られていたとはいえ、驚いたプレイヤーも多かったのではないだろうか?
そして【キング】【キングスペーディオ】か!…と思いきや、その正体は裏ボスだった。
また、この時点ではなぜか【ノチョリン】だけ正体を見破ることができなかった。
 
ノチョーラ族が全員神獣系に戻ってしまうと道具屋や宿屋、肉屋やアクセ工房など施設が一時使えなくなってしまう。
そのため【ティコ】が時空を超えて助っ人を召喚。以降はジョーカー1及びジョーカー2の登場人物たちが代役をつとめる。
そして主人公は神獣【JOKER】【JESTER】を復活させるため、世界各地をラー機能で見破ることになる。
 
送電施設の岩に埋まったノチョーラ→【義帝ガオガイヤ】
歓楽の霊道のノチョーラ像→【戦帝アックル】
凍骨の氷原で氷漬けになったノチョーラ→【女帝フレイシャ】
静寂の草原をうろつき、【凶おおみみず】に飲み込まれる赤いノチョーラ→【皇帝ウィンディオ】
 
これら四匹を復活させると無事にJESTERが復活。
そして心のカケラを集めることでノチョリンもキングスペーディオとしての姿を取り戻し、JOKERも復活することに。
 
【時空の裂け目】に出現するマスター・ノチョーラもしっかりとラー機能で見破ることが可能。
みならい神獣の姿に戻すと、スカウトはできなくなるが勝利時に神獣石をひとつ貰える。
何らかのモンスターをスカウトしたい場合は見破らず、ノチョーラの姿のまま戦えばOK。
 
なおこいつらの正体が判明したところで序盤のボスにすぎない存在だと思われていたボーショックが実は神獣と魔王を食おうとしていたとんでもないヤツだと言うことがわかる。
もし主人公の【偽りの楽園】からの解放が遅れて全員餌食になっていたらどうなっていたであろうか。