【聖竜の守り】

Last-modified: 2018-05-27 (日) 02:07:15

DQ11 Edit

【主人公(DQ11)】【ゆうしゃ】スキルで【ベホマズン】を習得すると覚える【れんけい技】
使用にはバトルメンバー全員が【ゾーン】状態になっている必要がある。
4人連携だけあって、バトルメンバーをほぼ【無敵】にするという絶大な効果を誇る。要するにDQ9の【精霊の守り】と同じ効果。
動ける【アストロン】の様なものであり、汎用性も(当然だが)非常に高く、様々な用途で使用できる。
しかし、効果時間が

  • 各キャラが2回行動するまで(PS4版)
  • 使用したターン(主人公が発動するため、他の3人は通常行動可能)と、その後の2ターンで、計3ターン(3DS版)

と短く、【凍てつく波動】でかき消される事もあり、精霊の守りと比べるとかなり使い勝手が悪い。
また、状態異常を防ぐ効果は無く、無敵のままマヒなどにかかってしまう場合もある。
この技自体も覚えるのが後半であり、その頃には凍てつく波動の使用者も登場し始める。
バトルメンバー全員ゾーンという状況が作り出されるのは戦闘終盤の事が殆どであり、【ギガバースト】または【ミナデイン】でトドメを刺した方が良い場面もチラホラ。
しかし、ダメージを受けないという効果自体は強力なので、戦闘前に予め全員をゾーンにしておいて開幕直後に発動すれば、ボス戦やHPの高い強敵(【トラップモンスター】上位種など)に対し回復を気にせずガンガン攻めることができ、かなり活躍してくれる。
 
なお、ダメージを受けないことが逆に災いし、【パーティアタック】による【混乱】【魅了】の解除ができなくなる。もちろん、【魅了】状態で味方の全体攻撃の巻き添えになることもない。
 
【ザキ系】呪文も防いでくれるが、【ピサロバーン】(3DS版)の【ザラキ】は何故か防ぐことができない。