モンスター/【ソウルセイバー】

Last-modified: 2018-10-26 (金) 14:39:42

武器/【ソウルセイバー】


FF6

カイエンにとり憑いた悪霊・アレクソウルの手下で、アレクソウルと同時に2体登場する。
アレクソウル同様に聖・炎属性を吸収し、冷気属性に弱い。
何故か種族が人間になっている(普通は逆の筈だが…)。
ファイガ」「ブリザガ」「サンダガ」「リフレク」の魔法を唱え、MPが尽きるとアレクソウルから「マジックドレイン」でMPを吸い取る。
アレクソウルを倒さない限り何度でも復活する。


アレクソウルがヒューリーで味方キャラに取り憑いている間は、
アレクソウル自体が存在していないという事になっている。
これは画面左下の敵の名前欄を見れば明らか。
この時に「デジョン」でソウルセイバーを2体とも倒すと、敵が全ていなくなる→すなわち戦闘終了になる。

  • 理屈ではそうなんだが、初見だとやはりポカンとさせられる。
  • ただこれ、気持ち的に嫌な感じはする。
    誰か1人が永遠にアレクソウルに憑依されていることになるから…。
  • シャドウに憑いてもらうか…
  • あばれる」で使える「ブラスター」では不可。ソウルセイバーがすぐに復活する。

アレクソウルを「ケアル」で回復することがあるが、回復量は微々たるものなので別段恐るるに足らず。


初見でモグとゴゴを連れて行ったときは最悪だった。MP吸い尽くされてモグに風のラプソディさせたらゴゴもものまねして永遠に日光浴やかまいたちしていた。しかもとり憑かれてたのはその2人以外のメンバーだった。

  • 一番危険なのはウーマロ。アクセサリーで主な属性を無効化するため、ウーマロのみ生存となると完全に詰む。
  • このためバーサク含む自動戦闘アビリティはこの戦闘においては厳禁。
    モグやガウ、ゴゴがいる場合必ず手動で戦うこと。
    • 運良くガウあるいはゴゴにとり憑いた場合は眠れる獅子であばれて融合すればアレクソウルが出る
      (が、誰にとり憑いたかは画面上では判らないので、もちろんギャンブルである)。

状態異常は毒・カッパ・沈黙・睡眠・ストップ・透明・スリップに耐性あり。


バーサクが有効。強力な魔法をこれで封じ、
あとはアスピルラスピル等によるMPダメージも含めた一切の攻撃を加えなければ
アレクソウル本体への攻撃に集中しやすくなり、途端に戦闘が楽になる。


スケッチ」でたたかうとマジックドレインが使える。

FFRK

原作同様、アレクソウル戦で2体登場する。
ソウルセイバーを全て倒すと、アレクソウルが「ヒューリー」を使わなくなるが、代わりに強化される。