Top > ソルティーはうみをいく


ソルティーはうみをいく

Last-modified: 2019-11-14 (木) 23:06:21

「いいか?海は危険でおっかないところなんだぞ!巨大なイカに恐ろしいウミヘビ、噛み付く怪物もいる!ウォッホッホ・・・。」
ソルティーはうみをいく

日本版タイトルソルティーはうみをいく
英語版タイトルSalty All at Sea
脚本リー・プレスマン
放送日・2015年11月22日(日本)
・2016年1月1日(オーストラリア)
・2016年3月6日(カナダ)
・2016年3月16日(英国)
・2016年4月27日(ロシア)
・2016年5月13日(米国)
・2016年7月27日(ハンガリー/チェコ/スロバキア)
・2017年1月3日(ノルウェー)
・2017年5月7日(ニュージーランド)
・2017年8月2日(韓国)
話数448
この話の主役ソルティー
シーズン第19シーズン
登場キャラクターAトーマスエドワードゴードンジェームスソルティークランキーいたずら貨車・いじわる貨車ポーター
登場キャラクターB無し
(英米版のみ:ポーター
登場キャラクターCダックビルベンエミリーティモシーハリーパクストンアニークララベルロッキー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ウェルズワーズ駅の駅員ブレンダム港の作業員山高帽を被った黒人男性紅色の帽子を被った女性青い服の黒人女性
登場人物B無し
登場人物C先生トップハム・ハット卿のお母さんの友人(1人)、ナップフォード駅の駅員ジョー船長初老の男性トップハム・ハット卿のお母さんの友人白と水色のストライプ服の少年小豆色のコートの女性花柄の服を着た黒人の少女先生ジンジャー髪の男の子学生服を着た黒人の男の子ソドー・ユナイテッドのファンの男性
登場人物D*1ウェルズワーズ駅長
登場スポットブレンダム港
ウェルズワーズ駅
ナップフォード駅
ティッドマス機関庫
ソドー吊り橋
メインランド(言及のみ)
メインランドの造船所(言及のみ)
ヴィカーズタウン橋(言及のみ)
あらすじソルティーは怖い話をして機関車たちを怖がらせるのが好き。そんな静かな港のある日、彼がメインランドへ貸し出される事になる。ところが彼は船に乗って移動する事を恐れて逃走してしまう。
メモソルティー主役回。
・タイトルに『ソルティーはうみ』と入るのは第17シーズンソルティーはうみがすき』以来となる。
・日本版ではポーターに喋る機会が与えられている*2
・「ポーターがいれば大丈夫だろ」とは言った物の、その後港は忙しくなり重荷が伸し掛かる事までは想定していなかったトップハム・ハット卿
ソルティー、初めて客車を牽引する*3
・一人でウェルズワーズ操車場で貨車を牽引して居るハリー
ソルティーに押されて、少し痛がるも心配する後ろ向きの5台の貨車達*4
・過去にエピソード化された「恐怖の貨車」、「ブレンダムの怪物」そして「幽霊ブレーキ車*5」が登場する。
ソルティーは船が苦手な事が発覚する*6
ソルティーの話す怖い話には作り話も混ざっているらしい。
・ラストでティモシーブレンダム港に居る訳は『もどってきてティモシー』で分かる。
・この話のゴードンジェームス前回に続いて終始笑わなかった。
・この話のゴードンジェームス前回エミリーは『ヒロをすくえ!』に続き、ロッキー第17シーズンきょうふのゆうれいれっしゃ』以来続いて走行していない回でもあり、ティモシーが終始走行していない最初の回でもある。
ウェルズワーズ駅の駅員第23シーズンFree the Roads』まで台詞無し。
金丸淳一さんと三宅健太さんと河本邦弘さんは其々2役担当。金光宣明さんは4役担当している。
台詞ナレーターブレンダムの港は何時もとても忙しい場所だ。ソルティーポーターは、の中を彼方此方動き回り、クランキーのクレーンも動きも停まる事は無い。でも時々は忙しくない事もある。ソルティーにとっては、皆に色々な話をする事が出来る時間だった。」
ポーター「あっ…」
ソルティー「よう相棒!今日は随分静かな日だな。何だか、静か過ぎる位だよ。ハハハッ、そういや、こんな日だったな、このソドー島に初めてあの巨大な烏賊が現れたのは!ハハハハ!」
クランキー「あ~何だ、又始まったぞ。」
ソルティー「で~っかい目玉はディーゼル機関車の車輪位は有ったな、それに腕も…(汽笛)おっ?」
トーマス「やあソルティー、やあポーター。」
ソルティー「ハ~ハッ、ようトーマスじゃないか!今、丁度ポーターに話してた所なんだ。ソドー島に現れた巨大な烏賊の事をな。」
トップハム・ハット卿「あ~ソルティー、君にやって欲しい特別な仕事が有るんだよ。」
ソルティー「へぇ~特別な…仕事か?何ですかね?」
トップハム・ハット卿「今、メインランドの造船所がとても忙しいんだ。機関車が足りないから、手伝いに行ってくれ。」
ソルティー「分かりました!幾等でもお役に立ちますよ!」
トップハム・ハット卿「但し、ヴィカーズタウン橋が修理中だ。だから、メインランドには海から行ってくれ。船に乗るんだ。」
ソルティー「ええっ!ふ…船に乗るんですか!!?」
トーマス「それは凄く楽しそうだね!」
ソルティー「あ~、でも、その…での仕事がまだ沢山有って…。」
トップハム・ハット卿「(咳き払い)」
ソルティー「あっいや…その…直ぐ忙しくなるんですよ!」
トップハム・ハット卿「だが、ポーターがいれば大丈夫だろ?」
ソルティー「あ~はい…いやですが・・・えっと」
貨車達1「わっ!やめてよ!!直ぐにエドワードウェルスワーズに行かなきゃ!!」
ソルティー「フフフフッ。ホラ、忙しそうでしょ?いや~、もう、忙しい!忙しい~!」
トップハム・ハット卿「う~ん…如何したんだ?ソルティー、さっきも話しただろう?メインランドは此処よりずっと忙しいんだぞ。」
ソルティー「あっ…う~…。」
トップハム・ハット卿「よし、クランキー!、確かこの船はメインランドへ向かうんだったな?早速ソルティーを積み込んでくれたまえ。」
クランキー「はい喜んで!ああ…でもソルティーが居なくなってる。」
トップハム・ハット卿「何?いない。あれま。」
ソルティー「あ~…。」
貨車達1「どうしたの?どうしたの?」
貨車達2「怖がってる、怖がってる!、へへへへッ…!おっと!」
ソルティー「静かにしててくれよ…!」
トーマスソルティーは何処にもいません。」
トップハム・ハット卿「一体、何処に行ったんだ!?」
クランキー「困ったディーゼル機関車だよ。」(汽笛)
エドワード「こんにちは皆!あれ?いたずら貨車達は何処?」
貨車達1「ねえねえソルティー、ゆっくり、ゆっくり!」
貨車達2「何処に行くの?何処に行くの?」
ソルティー「ん?そりゃ勿論、ウェルスワーズだ。」
ナレーターソルティーは、貨車達ウェルスワーズ駅に届けた。然し、に戻る気にはなれなかった。」
ソルティー「何とかして、他にも忙しくなる方法を考えないとな…。」
紅色の帽子を被った女性青い服の黒人女性「一寸まだなの?」
山高帽を被った黒人男性「ナップフォード行きの列車はどうした?随分と遅れてるようじゃないか。」
ソルティー「これだな…!」
トーマス「遅くなってごめんなさーい!あれ?お客さんがいない。」
ウェルズワーズ駅の駅員「皆もう、とっくに行ったよ。」(初台詞)
トーマス「行った?でも一体何処に?」
ナレーター「その頃、ソルティーは、で見つけた古い客車に乗客を乗せ、ナップフォードに向かっていた。トーマスソルティーを追い付こうと急いだ。」
ジェームスソルティー、ここで何してるんだい?」
ゴードンで、貨車の入れ替えをしてるんじゃなかったのか?」
ジェームス「そうだよ、それにどうしてが客車を牽いてるのさ?」
ソルティー「あぁ…それは…ハハッ…えーっと…。話すと長くなるんで…。(トーマスの汽笛)続きはー…またな!」
トーマス「ねぇ、ソルティーの事見なかった?」
ソルティー「あ~参ったな…全く…。」
トーマスソルティー!待ってよ~!」
ナレーターソルティーは、もう如何して良いか分からなかった。だが、に戻りたくない事だけはハッキリしていた。」
トーマスソルティーソルティー?ソルティー、何で隠れたりしてるの?メインランドに行く特別な仕事を任されたのに…ねえ嬉しくないのかい?」
ソルティー「ア~…その海を渡ってメインランドに行くってのが一寸な…。」
トーマス「でも、は、海に言った事有るんでしょ?もう何百回も。」
ソルティー「あ~、いや…ハハハハ、あ~…本当の事を言うとだな、今迄一度も船に乗った事が無いんだ。」
トーマス「えっ!船に乗った事が無い?」
ソルティー「そうだ。いいか?、海は危険で、おっかない所なんだぞ!巨大な烏賊に、恐ろしい海蛇、噛み付く怪物もいる!ウォッホッホ…。」
トーマス「そう言う話が本当だって信じてるの?」
ソルティー「ああそりゃ信じてるさ。御前さんだって、こう言う怖い話を沢山聞いただろ?トーマス。」
トーマス「だけど、あれって、君の作り話も混じってるんでしょ?」
ソルティー「あ~ハハハハ。まあ、一寸は話を作ったかな~ハハハハ。だけど、其れもお楽しみの一つだよ。」
トーマス「君の話で、皆が怖がった事有るでしょ?恐怖の貨車の話。」
ソルティー「あ~ああ!あの恐怖の貨車の話か。」
トーマス「じゃあ、ブレンダムの怪物の話は?」
ソルティー「あ~ハハハハ!そいつは忘れてたな!」
トーマス「其れに幽霊ブレーキ車の話も。」
ソルティー「あ~そうだな。怖い話をする時は何故か、いつも遂、大げさになっちまうんだよ。」
トーマス「君は怖い話ばっかりしてるから、海が怖いって大袈裟に考え好きなんじゃない?でも、メインランドへの船の旅はそんなに悪くはないと思うよ。」
ナレーター「そして、次の朝、何とかブレンダムの港迄戻っていたソルティーは、クランキーに船へと積み込んで貰った。」
ソルティー「うあ~あっ…。」
トップハム・ハット卿「頼んだぞソルティー!確りと働いて戻ってくれたまえ。」
ソルティー「あ~…」
ブレンダム港の作業員A「しっかり結んだか?」
ブレンダム港の作業員B「よーし!」
ソルティー「本当に大丈夫なんだろうな?何にも怖くない、何にも怖くない。何にも怖く…(船の汽笛)うわ~!!」
トーマス「行ってらっしゃ~い!素敵な旅をね!」
ソルティー「何にも怖くない!巨大な烏賊も、大海蛇も噛みつく怪物も居る訳無いんだ!何にも…居ない…?悪くないじゃないか!ア~ハッ!如何やら、波に揺ら揺ら揺られるのは、別に怖いもんじゃなさそうだぞ~!ハハハハハハ~ハハハハッ!!!!」(船の汽笛)
ナレーター「何週間か経って、仕事を終えたソルティーブレンダムの港へと戻って来た。」
ブレンダム港の作業員C「お帰り!」
クランキー「さあ着いたぞソルティーソドー島に戻って来た気分は如何だ?」
トーマス「如何だったソルティー?初めての船の旅楽しかった?」
ソルティー「ああ!いや~凄い旅だったよ相棒!荒れる海に恐ろしい怪物!丸で山のように盛り上がった大波!」
トーマス「ハハハハッ…!!」
クランキー「あ~また始まったぞ。」
ソルティー「船の様にでっかい、巨大過ぎる渦!エンジンにはが沢山絡み付いてな~ハッハハハ…!!」
トーマス「ハハハハハ…!」
英国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョン・ハスラー
エドワード/ゴードン/ジェームス/ソルティー/トップハム・ハット卿/ウェルズワーズ駅の駅員/ブレンダム港の作業員/山高帽を被った黒人男性/乗客キース・ウィッカム
クランキーマット・ウィルキンソン
いたずら貨車・いじわる貨車クリストファー・ラグランド
紅色の帽子を被った女性/青い服の黒人女性テレサ・ギャラガー
米国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョセフ・メイ
エドワードウィリアム・ホープ
ゴードンケリー・シェイル
ジェームスロブ・ラックストロー
ソルティー/トップハム・ハット卿/ウェルズワーズ駅の駅員/ブレンダム港の作業員/山高帽を被った黒人男性/乗客キース・ウィッカム
クランキーグレン・ウレッジ
いたずら貨車・いじわる貨車クリストファー・ラグランド
紅色の帽子を被った女性/青い服の黒人女性テレサ・ギャラガー
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
エドワード佐々木望
ゴードン/ブレンダム港の作業員B*7三宅健太
ジェームス江原正士
ポーター/ブレンダム港の作業員A*8金丸淳一
ソルティー石野竜三
いたずら貨車1/ウェルズワーズ駅の駅員*9/ブレンダム港の作業員C/乗客金光宣明*10
いたずら貨車2/山高帽を被った黒人男性河本邦弘
紅色の帽子を被った女性吉岡さくら
青い服の黒人女性根本圭子
クランキー黒田崇矢
トップハム・ハット卿田中完
シリーズ前回(英語)たいせつなひつじシリーズ前回(日本)トードとクジラ
シリーズ次回(英語)デンとダートはいいコンビシリーズ次回(日本)のろのろスティーブン





*1 エンドクレジットのみ
*2 の声が非常に小さいが…
*3 但し、第8シーズンの未公開シーンではアニークララベルを牽引している。
*4 この事から、彼と貨車達との関係性は今も健在である。
*5 言及のみ
*6 尚、ソドー島初めてやって来た時どのように来たのかは不明。
*7 ノンクレジット
*8 ノンクレジット
*9 エンドクレジット上では『駅長』
*10 ウェルズワーズ駅の駅員以外ノンクレジット