クエスト/2020年10月チャレンジクエスト

Last-modified: 2020-10-18 (日) 11:51:27

敵編成

  • パッチワークゴーレム(HP:259243 / 陽属性)

パッチワークゴーレムの特徴

  • 初回行動でDEF、MDF、月耐性アップを行う。
  • ATK、MATバフがかかっているキャラがいると全体魔法攻撃+ステータスリセット+とっておきゲージを1本奪う発狂行動を行う。
    • 「パッチワーク」後は発狂行動は行わない。
  • 状態異常は一切無効。

パッチワークゴーレムの行動パターン

長いので格納。編成を組み立てる際の参考に。

「パッチワーク」の有無で行動が大きく変わるのでかなりややこしい。
実際のところ、最初のうちはATK、MATバフで発狂することだけ覚えておけばよいと思われる。

初回行動で防御バフ。

  • DEF、MDF、月耐性を向上させる。
    大して防御力は上がらないが、月耐性アップの関係上スタンが取りづらくなる点には注意。

PTにATK、MATバフがかかっていると発狂攻撃

  • 全体魔法ダメージに加え、ATK、MATをリセットしてくる。
    さらにゲージ1本没収。
  • 「パッチワーク」後は使用しない。

そうりょが2人以上いると特殊攻撃

  • そうりょに対して大ダメージ+ちんもくの魔法攻撃を行う。
    ただ、上記の発狂攻撃の方が優先されることもあってなかなか見ることはないだろう。
  • こちらも「パッチワーク」後は使用しない。

チャージカウント3でMATバフ

  • その後フルチャージ攻撃を行う。
    ただしその前にスキルなどでカウントを減らして妨害すると、MATをリセットした上でチャージカウントが0まで戻る。

通常攻撃はせんし・まほうつかい優先

  • 単体魔法攻撃に加え、ATK、MATのデバフ効果のある「ディズィースイング」を繰り出してくる。
    ダメージ自体は低いので月せんしでも特に問題はない。
  • なお、パッチワーク後は追加攻撃のない単体魔法攻撃となる。
    対象もランダムとなるが、威力は「ディズィースイング」より高め。

体力低下またはフルチャージ攻撃後に「パッチワーク」

  • 体力90%以下で「パッチワーク」を行う。
    条件次第で内容が若干変わるが、基本的にはリカバリー付与+チャージカウントリセット。
  • DEFまたはMDFバフをかけていないとDEF、MDFバフがかかるのでデバフはかけておこう。
  • ちなみにフルチャージ後にも行うが、発動条件と相手の耐久力を考えると普通は90%以下を満たす方が先だろう。
  • 上記の通り、以降は発狂攻撃を行わなくなるのでバフをかけても問題ない。

フルチャージ

  • 「パッチワーク」前
    • そうりょがいるとそうりょに対して単体魔法攻撃+DEF、MDFデバフ。
      そうりょがいない場合は全体魔法攻撃。
  • 「パッチワーク」後
    • 全体魔法攻撃を行う。
      なお、残りHPが50%以下だと威力が減少するが、50%を超えていると威力が跳ね上がるのでリカバリーに負けず体力を削る必要がある。
    • また、その後一度だけ全体魔法攻撃に加えてMATとSPDのバフ効果があるフルチャージ攻撃を行う。

パッチワークゴーレムの攻略法

  • 実のところ、陽属性にも関わらず防御ステータスが貧弱、さらに初回行動でそこそこ硬直のある自己バフを行う点が致命的。
    そのためDEFデバフと最終進化ぶき持ちカレンで問題なく倒すことが可能。
  • バフをかけると行ってくる発狂攻撃はバフリセットとゲージ没収効果があるためバフは避けた方がよい
    バフをかけない場合はカレン(せんし)に単体攻撃を行ってくるが、ダメージが低くスタンもしないので特に気にすることはない。
    ATKデバフの効果もあるのだが、しっかりDEFデバフをかけておけばATKが多少下がっても問題ない。
    • もっとも施設MAXで素早いキャラとカレンを交代させたのなら
      相手の初回行動の硬直中にカレンのぶきスキル→次回行動が間に合うのでバフをかけても発狂前に倒すことすら可能。
  • サポートでカレンを借りればあとは適当にデバフ要員を見繕えばいいので編成の自由度は極めて高い。
    コンテンツルーム開放作品も増えてきたのでクリエ稼ぎに存分に利用させてもらおう。
    • クリエ稼ぎのついでにレプリカフラスコのぶきレベル(DEFダウンをクラススキルで持つ場合は他のぶきのぶきレベル)も上げられるので一石二鳥。

オススメキャラ

物理アタッカー

名前解説
charaicon_14002001.png
カレン
アタッカーでは最適解。
最終進化専用ぶきスキルで極めて強力な自己バフをかけることが可能。
なお、NEXTバフはATKバフとは異なるため発狂の対象にはならない。
クラススキルのATKバフは発狂の対象になるのでそこは気を付けよう。

魔法アタッカー

バフ役

デバフ役

タンク役

回復役

実際に勝てた編成

キャラ名------
レベル------
レア度------
覚醒------
クラススキルLv------
とっておきLv------
武器------
武器スキルLv------