Top > ブキ > .96ガロンデコ
HTML convert time to 0.059 sec.


.96ガロンデコ

Last-modified: 2017-11-19 (日) 09:04:50
 

基本性能 Edit

.96ガロン連射間隔12F
ダメージ52~26*1
キルタイム0.217s/kill
拡散値(ジャンプ中)4°(12°)*2
インク消費2.5%
移動速度0.40
その他補正なし

.96ガロン】のマイナーチェンジ版。.96ガロンの当該記事も参考にしたい。

 

セット情報 Edit

.96ガロンデコサブウェポンスプラッシュシールド
スペシャルウェポンダイオウイカ
スペシャル減少量大(75%)
射程68
攻撃力70*3
連射力15
開放条件ランク14
備考2015/07/08アップデートで追加
メインは.96ガロンと同性能
 

ゲーム内紹介 Edit

.96ガロンにラインストーンをデコったブキスプラッシュシールドごしに相手を攻撃したり接近戦をダイオウイカで戦ったりと、はば広い場面に対面や対応が可能になった。

 

ブキチ解説 Edit

メインウェポン.96ガロンデコ.96ガロンをベースにデコ職人さんがデコレーションをほどこしたシューターでし!
中身は.96ガロンと同じなので、相手のインクを防ぐスプラッシュシールドをたてにつめ寄りつつ、ダイオウイカでかけ回る!
…と言う、ブキ構成になってるでし!最前線で身をていしてトツゲキするような使い手にかわいがって欲しいでし!

運用 Edit

“前線で塗る”のが仕事。シールドを最大限に活用して最前線で生き残り続け、敵陣を塗りと牽制で荒らしていく。
ダイオウが貯まったらキルを狙う。ダイオウを使う場合は最低でも相手を下がらせること。
そうすればシールドと塗りでこちらの陣地を前方向に推し進めていける。

 

連射が遅いため、スプラシューターと比べると想定外の場所から出てきた相手と咄嗟に撃ち合いをするのは苦手。
早め早めに相手がどこから顔を出すか予想をつけて、前もってそこに置くような感覚で撃っていくことになる。
素早く切り込んですかさず撃ち殺すという武器ではない。

 

インクの消費量は大きい。生き続けるのがこの武器の要諦なので、慣れない内は余り無理をしないように。
危険を感じたらすぐに障害物に隠れてインクを回復させ、シールドを張れるようにしておこう。
生きて目立ち続ければ相手も96デコに手を出したくなってたまらなくなる。
するとダイオウをカウンターで決めやすくなり、結果的に戦闘力は上がる。

スプラッシュシールド Edit

相手の接近を妨害し、射程とキルタイムを活かした一方的な攻撃を補助できる。
相手インク溜まりの前に置くのも有用。即座に塗りで場を整えるのは苦手なため、一々床を塗るのは手間。
シールドを使う事で、塗りによるロスを減らし得意な対人戦へ持ちこみやすい。
メインウェポンだけでも対人性能は高いので、緊急時にインク切れになってでもシールドを展開するのはお勧めできない。
シールドでインク切れにしてしまうと、シールド展開→インク回復停止→戦闘できる量までインク回復の流れで3秒近く相手に猶予を与えてしまう。
筆者の経験として、インクがほぼ満タンの時だけシールドを展開するぐらいにしたほうが安定して立ち回れる。
インクが十分あれば、シールド+メインを撃ち切るよりも先に回復停止が終了する。

 

ダイオウイカ Edit

メインウェポンとシールドで強引な攻めをして、さらにダメ押しを入れることができる。
ダイオウイカを使って切れる前にスーパージャンプで撤退したり切れる直前にある程度距離を取り切れたら射撃で追い討ちを入れていく戦い方ができる。

 

オススメギアパワー Edit

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

 
  • 攻撃力アップ
    飛距離による威力減衰や相手の防御アップで確定数が増えることを予防するギア
    飛距離による威力減衰と攻撃力アップの関係は.96ガロンのページ参照。
     
  • 逆境強化
    シールドによる生存率の高さがあり、それゆえにダイオウイカを準備しやすくなる。
     
  • イカダッシュ速度アップ
    有利な射程の維持、シールドの裏周りで役に立つ他ダイオウイカにも上乗せされる。
     
  • 防御力アップ
    塗りが雑で歩行速度が遅いため距離を詰められて、近・中射程のブキと撃ち合うことも多い。
    その場合に有利になるようこちらを付けておきたい。
    チャージャーの攻撃詰みに対するメタにもなる。
    先手をとられてもシールドやダイオウイカを発動するまでの時間を稼ぎやすくなる。
     
  • インク回復力アップ
    射程とシールドによる生存能力により、2秒間のインク回復不能時間を考慮してもインク回復の時間を作りやすい。
    歩行速度と燃費からして長時間ヒト状態で撃ち続けるブキではないため、塗り回るにもイカ移動が必要。
    そこでの回復量を稼げるので塗り性能の補助にもなる。
    インク切れまで撃ちきってしまうトリガーハッピーなイカにもこれ。
    アロワナモールで長時間通路を占拠したい場合等は効率系ギアよりも高い効果を発揮する。
  • インク効率アップ(メイン)
    インク回復する余裕が少ない状況で、メインのみやメイン+シールド1回とした場合の継戦能力が上がる。
    瞬間的な軽減量ではサブ効率アップに僅差で劣るが、こちらは塗りにも役立つ。
  • インク効率アップ(サブ)
    シールド後のメインウェポンに割くインクの量を増やせる。
    瞬間的な軽減量は僅差で他より高いが、複数設置できない性質により長期的な軽減量は他より少ない。
    18以上積んで消費50%以下にしても2枚設置できるわけでもないので、用途がピンポイントなのは否めない。
    ただし、積めば積むほどギア1つあたりの軽減率が落ちていく関係上インク効率アップ(メイン)だけで積むよりはこちらも混ぜるのがもっとも効率が良い。
 

.96ガロンデコは臨機応変に攻守をこなせるがメインサブ共にそれなりにインクを消費する。
シールドと併用するとインク切れを起しやすい為、軽く積んでおくだけでも継続戦闘能力に差が出る。
インク系ギアは体感で効果が実感しにくいので、試合中にシールドを何回使用したか、何度インク切れになったかを数えてみるとよいだろう。
インク系ギアを均等に混ぜると一番汎用性が高そうな気がしてくるが、気がしているだけなら器用貧乏に陥っている可能性がある。

インクのギアパワーに関する私見
 

コメント Edit


旧コメント欄

最終更新日時:2017-11-19 (日) 09:04:50






*1 ver.2.7.0で62~31から下方修正
*2 ver.2.7.0で4.5°(12°)から上方修正
*3 ver.2.7.0で80から下方修正
*4 60%より大きく、60.00172%以下であるはず。60.000000%ぴったりである可能性は低い。