Bat.-Chatillon 155 58

Last-modified: 2017-08-05 (土) 20:23:30

車両の正式名称は「Bat.-Châtillon 155 58」ですが、IEの文字化け対策で、ページ名を「Bat.-Chatillon 155 58」にしています。
Fr_bc_155_58.png

 

Tier 10 フランス 自走砲 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP490
車体装甲厚(mm)50/30/20
最高速度(km/h)62
重量/最大積載量(t)34.92/38.0
本体価格(シルバー)6,100,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
B-C 155 58
(277,000/6,100,000)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
Bat.-Châtillon 155 58Hispano-Suiza HS 110Canon de 155 mmBatignolles-Châtillon 155 mle. 58Batignolles-Châtillon 155 mle. 58490750
720HE
HE
HEAT
95
95
185
1,250
1,250
750
4×91,120
13G
12G
6.0s/発
80.0s/mag
5.5
0.68
36-/-/-10380

解説 Edit

  • 火力
    砲口径こそ据え置きだが新たに4発の自動装填装置が追加された。1発の重みは重SPGに及ばないものの6秒程度の間隔で155mmが4発降り注ぐ事となり全て直撃した場合の被害は相当なもの。修理に関してなんの対策も取っていない敵車両であれば、一発目で履帯を切り、そのまま二発目以降で葬り去ることも可能である。
     
    精度面でもさらに強化されており、全周旋回砲塔によって、自走砲の支援が必要な場所を速やかかつ正確に攻撃できる上に、弾速も速い。車体を旋回させずに照準できるので改良型射撃装置との相性が非常に良いことも一つの特徴。
    反面4発打ち切った後のリロードは1分以上とかなり長く注意が必要だ。
     
    このようにスペック上は極めて強力な自走砲であるが、実際に運用するといくつかの欠点に気付かされるだろう。
    まず、本車の弾道は自走砲の中でも極めて低い。Object 261に次ぐ弾道の低さで、弾道の低さを補うために時にはリスクのある位置取りが必要とされる。
    これに加えて、単発火力がTier8から据え置きのまま、Tier10重戦車との交戦機会が増えたため、漫然と重戦車を射撃しただけでは満足なダメージを与えられない。Tier10では榴弾対策をしている重戦車も多い為、200ダメージほどしか与えられないという事は日常茶飯事である。
    他国の車両と違い、APを撃つ事も出来ない。HEATは中戦車の装甲すら貫通困難であり、全く何の役にも立たない。このため、超重戦車に榴弾対策を行われると手も足も出ない。
    更にオープントップの自動装填車両である為、ラマーや換気扇などで装填速度を上乗せする事が不可能という点にも注意が必要。
     
    しかし、これらの欠点を補う方法についてはTier8及びTier9で培ってきたノウハウがそのまま活用できる。
    弾道の低さは、高い機動性を活かして高台を確保したり、予想外の位置から敵を砲撃することで、補うことが出来る。
    単発火力の低さは、軽戦車や中戦車、装甲の薄い駆逐戦車を積極的に狙うことで、補うことが出来る。特に履帯を切って連続攻撃を加えることの出来る本車は、素早い車両をより仕留めやすくなっている。高Tier帯の中戦車や装甲の薄い駆逐戦車は脅威度が高い車両が多いため、その撃破は勝利にも大きく貢献するだろう。
     
  • 機動性
    加速に多少の重さはあるのもののフランス自走砲らしい高速移動が可能であり、軽戦車から見つかった場合もある程度は逃げられる。また前述の通り、長いリロード期間中に陣地転換を行えば敵の予想外のポイントから砲撃を加えることも可能だろう。
    さらに旋回性能については大きく改善しているため、敵車両に接近戦を挑まれても、車体と砲塔を上手く旋回させることで最後に一撃程度は当てることが出来る。
     
  • 総論
    これまでに培ったノウハウを全て投入することで初めて大きな戦果を挙げることが出来る。まさにフランス自走砲の総決算とでもいうべき車両である。

史実 Edit

開発中だったロレーヌ155mm自走砲に代わって、鉄道・軍事機器メーカーであるバティニョール・シャティヨン社によって開発された、155mm榴弾砲を全周旋回可能な砲塔に装備した自走砲です。
1955年より試作車両の開発が始まり、1958年に自動装填装置と砲塔が完成しましたが、翌年の末にプロジェクトは中止されました。
本車は、1958年に完成した試作車の方で、自動装填装置も再現されています。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 最低最悪のクソ。pc版並にnerfしてどうぞ -- 2018-07-11 (水) 00:51:10
  • 味方にいたら頼もしいが。敵にいた時の絶望感よ… -- 2018-07-13 (金) 02:15:19
  • 動くマジノ線 、ティア10のやべーやつの名は伊達ではない。 -- 2019-11-09 (土) 05:44:40
  • WoTコンソール版の癌。味方にいても敵にいても害悪でしかない。 -- 2019-12-26 (木) 22:08:21
  • 1輌だけならまだいいが、2輌以上で小隊なんて組んでたら市街地戦じゃない限りは試合、ゲームがぶっ壊れるレベル。 -- 2019-12-26 (木) 23:57:09
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White