Top > TOG II*


TOG II*

Last-modified: 2018-11-11 (日) 04:29:09

image.jpg

Tier 6 イギリス 重戦車 (課金戦車) Edit

image_0.jpg
公式紹介ページ

スペック Edit

HP1,400
車体装甲厚(mm)76/76/51
最高速度(km/h)14
重量/最大積載量(t)81.28/85.0
実用出力重量比(hp/t)7.39
本体価格(ゴールド)3,500
シルバーボーナス(%)38
経験値ボーナス(%)30
搭乗員経験値ボーナス(%)無し

戦車パッケージ Edit

TOG II*
(3,500G)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
TOG II*Paxman 12TPOQF 17-pdr Gun Mk. VIITOG II*TOG II*1,400WS No. 19 Special
600AP
APCR
HE
171
239
38
150
150
190
144175
8G
75
12
2.29
0.36
20114/76/5332360570

解説 Edit

まず試合が始まったらTOOOOOG*!!!!!と言っておきましょう。(できればVCありで)

 

Loooong!! な前時代的骨董品。
とにかくでかい、そして長い! 堅・・・くはないが体力は格上クラス。 吐き出す弾は速い・・・。

 

TOGに関する印象・感想は極端に分かれる。
・曰く、橋にそびえる鉄の城、無敵の強さである。 お願いだから狭いところ塞がないで・・・。
・曰く、ブリキの缶詰紅茶風味、あっさり攻略される移動要塞である。 お願いだから単体で突出しないで・・・。

 

共通するのは、
・すごく・・・大きい(長い)です。
・すごく・・・のろいです。
・すごく・・・しぶといです。

 

実際のところどうなのよ?

まともな解説 Edit

  • 火力
    • OQF 17-pdr Gun Mk. VII
      Black Princeの主砲としてお馴染みの55口径76.2mm砲。
      HTの砲としてはダメージが低いが、その他の発射速度・貫通力・照準速度・精度は高い水準で纏まっているのでガンガン撃ちまくって敵を蜂の巣にするべし。
      砲塔旋回速度もそこそこ速く、NDKにもある程度対処できる。
      ただし背の低い小さな戦車にくっつかれた時は味方の手を借りること。
      重量によるのしかかり・押しつぶしを利用して攻撃するのも立派な武器だが、機動力が足を引っ張って逃げられることもある。
      なので確実に履帯を撃ち抜くか、ぶつかられるように突撃しよう。
       
  • 装甲
    1400もある豊富なHPは格上HT並。
    装甲はMatilda程度しかない、つまりこのTier帯ではペラペラなのでHPで押し切る戦法が主となるが、昼飯・豚飯で運良く弾くこともある。
    しかし、投影面積が大きく、隠れたつもりでもはみ出しているので、遮蔽物の利用などは計画的に。
    SPGは脅威であるものの、内張り装甲(スポールライナー)をつけることで大幅にダメージを抑えられるので、必ず装備しておくこと、有ると無いとでは生存性に圧倒的な差が出来る。
    上の画像を見ていただくと分かりやすいが、剥き出しの履帯がよく狙われるため、消耗品の修理キット(大)や拡張パーツの工具箱を乗せることを強くオススメする。
     
  • 機動性
    ゲーム内で下から3番目という絶望的な機動力。
    移動進路は計画的に決めておかないと、戦線到達前に試合が終わる。
    また不用意な方向転換には気をつけること。
    橋上などでは後続が吹き飛ばされ、水没や落下の危険性がある。
    狭隘地では転換中に移動不能になり侵攻ルートを塞ぎ、味方からブーイングの嵐を受けることもある。
    熟練したTOG使いが操縦するTOGの中でも、紅茶+ガソリン+クラッチの名手は気味悪いぐらいにヌルヌル動く。
     
  • ここは私に任せたまえ、お前は幸せになれ!
    最大の武器が車体の大きさを利用した封鎖作戦だ。
    長さはあの超重戦車以上で、橋や市街地を長い車体で塞ぐと殆ど通行不能になる。
    小隊を組んだTOGが並んで進行、市街地や回廊状の一方通行になりがちなルートを通るだけで動く橋頭堡と化す。
    複数から吐き出される17ポンド砲の波状攻撃の前に、あっという間に残骸になるしかないのである。
     
  • 総論
    良くも悪くも腕次第。
    紅茶中毒が捗る-LOOOONGなヤツ。
    真の英国紳士はガレージ一杯のTOG!

史実 Edit

TOG II*は、第二次大戦も第一次大戦と同じ塹壕と泥濘が主戦場となるという考えから、超塹壕性とドイツ重戦車に対抗できる重戦車として企画されました。
The Old Gang(旧いろくでなし)の略称の通り、第一次世界大戦時の菱形戦車を祖とするような、外周を履帯で覆われたようなTOG I*に対して、TOG IIの方は履帯を車体内側に収めたものの、長大な車体に小型の砲塔は古めかしい印象をうけるもので、イギリス的なユーモアが効いている名称と言えます。
しかし、その砲塔に搭載されたのは、チャーチル・ブラックプリンスで搭載された、オードナンスQF17ポンド砲と強力なものでした。
砲塔は開発当初箱形で、6ポンド砲を装備する予定でしたが、試作車にはモックアップ砲塔とダミー6ポンド砲が搭載され(写真参照)、試験された後に火力強化が求められました、その後、TOG II(R)用として開発された新型砲塔が流用されてオードナンスQF17ポンド砲の実物(コンパクト版17ポンド砲である77mm戦車砲とも)に積み替えられました。
搭乗は車体横のドアからアクセスするため、トーションバーで支えられた軌道部を避けて配置した結果、少し高い位置にドアが設けられた他、車体側面前部にはスポンソン(張り出し部)を付ける予定で、四角い開口部が設けられていましたが、最後までスポンソンは装着されず、試作車は孔が開いたままになっていました。 どうやら、副砲をケースメイト(固定式)で搭載する目論見だったようですが、チャーチルIと同じく廃案になった模様です。
 
駆動方式はエンジンで発電しモーターで動く、いわゆるシリーズハイブリッド方式の先駆けというべき、機械発電駆動(ガスエレクトリック)方式を採用していました。 また、そのエンジンはパックスマン-リカルド12気筒V型ディーゼルエンジン(600馬力)を搭載しています。
この方式は、他国でも大型重戦車に使用されており、アメリカのT1E1/M6A2重戦車やフランスのFCM2C重戦車、ドイツではポルシェ博士設計の殆どの重戦車(ポルシェティーガーやエレファント(フェルディナント)、マウスなど)と、超重戦車のスタンダード的な駆動方式として捉えられていたようですが、当時の技術としては大変難しく、大抵はトラブルに悩まされていました。 殆どは、発電機とモーターの出力不足、常に全開運転の発電機とモーターの発熱に追いつかない冷却、大電流に耐えられないコードなどが原因とされていました。
兎も角、TOG IIは1941年3月に試作車が完成し、テストに入っています、1942年初めにはクロムウェルを拡大改良したチャレンジャー巡航戦車用としてStothert&Pittが設計した17ポンド砲塔に換装し、TOGII*と改称されました。 ちなみにTOG II*の*はスターと読み、改良版を意味します。
TOG II*は発電機を2基搭載、モーター駆動も問題なく動作し1943年4月には試験に成功しましたが、それ以上の開発は進まず、
路上最大速度8.5マイル(13.5km/h)、路外最大速度4マイル(6.43km/h)、航続距離50マイル(80.3km)のカタログスペックでは、チャーチルに負けて採用されなかったのは自明の理だったのでしょう。
車体を6フィート(約1.83m)短縮してスポンソンを廃止し、サスペンションをトーションバー式としたTOG II(R)も検討されましたが、すでに、17ポンド砲を搭載したファイアフライが完成、同じく17ポンド砲を搭載する巡航戦車チャレンジャーなどの開発が計画されており、有用性の疑わしさを突かれて生産には至らなかったといわれています。
イギリスRAC(王立機甲師団:Royal Armourd Corps)博物館のタミヤホールに、ブラックプリンス、トータスと共に展示されています。(このホールは、プラモメーカーのタミヤが建築費を寄贈した事に由来しています。)

image_1.jpg
車体走行試験の様子(仮のモックアップ砲塔とダミーの6ポンド砲が搭載されている)

コミック Edit

(ja)-tog-color_920x..jpg
画像元

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • NA鯖でTOG2*使っていたら、[TOG2 CREW]と言うコミュニティに誘われた… -- 2018-02-12 (月) 00:15:50
  • 初めて遭遇M4E8で1分近く撃ち続けてやっと沈んでくれた -- 2018-02-25 (日) 22:44:14
  • TOOOOOOG!!!LOOOOOONG!!!STROOOOOONG!!! -- 2018-08-13 (月) 10:42:20
  • HPフルのこれがSERENE COASTの線路上を車体の半分だけ乗せた状態で真ん中まで行って、橋で落下してた・・・ その後そこをずっとマップ連打してたみたい(連打したのは、近くでこれまた線路上を走ってたオイの人かもしれない) -- 2019-01-16 (水) 19:32:55
  • 自走3両、TOG2、プロホロ、何も起きないはずもなく… -- 2019-06-30 (日) 12:04:41
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White