Top > 設定 > 【リユニオン】


設定/【リユニオン】

Last-modified: 2019-06-21 (金) 21:21:49

関連項目:音楽/【リユニオン】






FF7 Edit

つづりは reunion=再結合・再結集の意。
宝条が「ジェノバ」の能力として打ち立てた仮説。
具体的には、
『ジェノバはたとえバラバラになろうとも時期が来ればやがてひとつの場所に集結し再結合する』
というもの。宝条はこれを証明するためにリユニオンの集合中心となると思われた「首なしのジェノバの本体」を神羅ビルに保管したが、宝条の意に反して本体はひとりでに動きはじめ、最終的にリユニオンの集合地になったのはジェノバの首を持つセフィロス本体であった。
(5年前のニブル魔晄炉事件でセフィロスはジェノバの首ごとライフストリームに落ちている


宝条はこれの他にもジェノバ細胞を5年前に生き残ったニブルヘイムの住民にも埋め込んでいる。
だが普通の一般人にはジェノバ細胞に打ち勝つ精神を持っていなかったため自我を失い、黒マントの男となりジェノバの意志としてリユニオン地点へ向かうことになる。

  • こいつらに話しかけるとアイテムを貰えるのはクラウドが奪い取ったからなのか?
  • だとしたらクラウド最低だ
  • 昔村で仲間外れにされた仕返し…いや、セフィロスコピー同士仲間と思われたんだろう多分。

神羅ビルでクラウド達がとっ捕まり牢屋に入れられている時にジェノバの本体は動き出し、神羅の人たちを惨殺しリユニオン地点へ向かいだすことでクラウドとセフィロスの因縁が再び始まる。
作中でクラウド達が追っていたセフィロスの姿は首なしの本体がジェノバの能力で擬態し、セフィロスの姿や記憶を形作っていたもの。多分正宗も。

  • 「なぜあの時ジェノバが目覚めたのか?」という疑問については、「接触したクラウドがセフィロスの事を思い出し、その記憶を読み取ったから」という説がある。どうあれ牢屋の見張りが「人間の手で負わされたものではない」傷を受けて死んでいた事から、目覚めた時点ではまだセフィロスの身体を模してはいなかった可能性が非常に高い。リメイクでの詳細な描写に期待する。
    • あるいは、「セフィロスの容姿を模しているのは相手が明確にセフィロスの容姿を知っている時だけ」とも。実際、ジェノバには相手の記憶に合わせて姿を変える能力がある他、クラウド一行や神羅関係者以外からは「セフィロス」ではなく「黒マント」と呼ばれる描写が何度も存在する。

FF7AC Edit

続編ではカダージュが母=ジェノバとリユニオンすることで一時的にセフィロスが復活した。
解釈としてはクラウドとの一騎討ちに敗れ星に還ったセフィロスの邪悪な意思が時を経て思念体に形作られ、そこにジェノバの一部とリユニオンすることでセフィロスに変化出来たと取るべきか。
もちろんあの後クラウドを始めとした敵を全て殺せば、残りのともリユニオンし、セフィロスが完全復活してたとも言えるかもしれないが(注1)。
(注1 不完全なのはセフィロスの強さではなく、存在である。又、セフィロスが増殖し新たなジェノバになった可能性もある。)

DFF・DDFF Edit

セフィロスEXモードを発動すると「リユニオン!」と表示される。

  • あまりにも一瞬なので、きっとポケットあたりに肉片を忍ばせていたのだろう
    • 最速お手軽リユニオン!
      リユニオンってそんな簡単なのかw
    • 実際お手軽かも、カタージュが持ってたライターみたいなやつに忍ばせれば。

いただきストリート Edit

セフィロスが空き地に酒場を建て、自分が止まって他のキャラクターを集合させたときに使う言葉。
…確かに言葉の意味としてはあっているが

  • リユニオンは同窓会の意味もあるから、まあ間違ってはいない。