だいかんぱがやってきた

Last-modified: 2022-04-19 (火) 23:49:50

トーマスお帰り!、何が有ったか聞いたよ、側線は凄く寒かったでしょう?」

日本版タイトルだいかんぱがやってきた
英語版タイトルThe Big Freeze
脚本ヘレン・ファレル
放送日・2017年12月1日(英国)
・2017年12月21日(米国)
・2018年1月8日(カナダ)
・2018年1月14日(日本)
・2018年3月4日(オーストラリア)
日本話数第506話
第12話(シーズン内)
英国話数第508話
第14話(シーズン内)
この話の主役ディーゼルトーマス
シーズン第21シーズン
登場キャラクターAトーマスエドワードヘンリーゴードンジェームスパーシートビーエミリーディーゼルデンダートパクストンシドニーアニークララベルバーティー
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCデイジーハリーバートソルティーノーマンフィリップヘンリエッタクランキー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿灰色のベストを着た女の子ジンジャー髪の男の子灰色コートの信号手
登場人物Bトーマスの機関士ナップフォード駅の作業員ケルスソープ駅の作業員ケルスソープ駅の作業員石炭ホッパーの作業員
登場人物Cナップフォード駅長ジェームスの機関士ディーゼル整備工場の作業員
登場人物D無し
登場スポットディーゼル整備工場
ティッドマス機関庫
石炭ホッパー
ブレンダム港
ソドー運送会社
ケルスソープ駅
ナップフォード操車場
あらすじソドー島に大寒波が訪れた。寒さの影響で線路や道路やポイントが凍りつき、更には石炭の配達も滞う等、島では混乱と遅れが生じてしまっている。さらに、トップハム・ハット卿の伝言を無視して乗客を運びに行ったトーマスが石炭を使い果たして立ち往生。そんな時、ディーゼル機関車達が蒸気機関車達の仕事を代理でやる事に…。
メモ第19シーズンヘンリーのしんぱい』以来、久々にズボンが破けてパンツ丸見えになるトップハム・ハット卿
・雪道でスリップしてバーティーと衝突しそうになったトップハム・ハット卿のセダン
・相変わらずチェーンを装備されないトップハム・ハット卿のセダン
パクストンは初めて郵便貨車*1デンダートシドニーは初めて重連且つ緑色の急行客車を牽引する*2
台詞子供達「イェ~イ、ハハッ!。」
ナレーターソドー島では寒い日が続いていた。子供達は皆雪を楽しんでいる。」
ゴードン「急行列車の~お通りだぁ~!。」
ナレーター「だが、寒さの所為で色々な物の配達が遅れていた。」
デンダートパクストン!。」
デン「あーやっとディーゼル燃料が来た!。有り難うなパクストン、ほっとしたよ!。」
ダート「つまりもうすぐ、燃料が切れそうだったって事でやんす!。」
パーシー「石炭がもう無くなるよトーマス!。」
トーマス「大丈夫だよパーシー!石炭なら、もうすぐ運ばれて来る筈だ、ワッ!。」
ディーゼル「ヒャハハハハ!。」
トーマス「もう!ディーゼル、いきなり何するんだよ!。」
ディーゼル「お前が邪魔だから!。」
トーマス「邪魔なんかしてないじゃないか!石炭を入れようとしてただけだ!」
ディーゼル「へっ!俺には石炭なんか必要なくてよかったぜ!。ヘヘヘ・・・!。」
トーマス「はぁー、どうしてディーゼルはいつも意地悪なんだろう!フン!」
ナレーター「夜になると更に気温が下がりあらゆる物が凍ってしまった。」
トップハム・ハット卿「(クラクション)うわぁ~!・・・。」
バーティー「アー、うわぁ~!。」
トップハム・ハット卿「おー・・・フー。(咳き込む)こんな天気ではいつも通りの運行をする訳にはいかん!、本数を減らすから全員スピードを落として走るようにな。」
ゴードン「ヘへッ!、それ俺には関係無いですよね。」
トップハム・ハット卿「いや君もだぞゴードン!それにでは補助機関車に後ろから押して貰いたまえ。」
ゴードン「えぇぇぇ!全く何てこった!。」
トーマス「石炭の補充はどうなってるんですか?」
トップハム・ハット卿「あぁ大寒波による天候不良で石炭の輸送も遅れてるんだ。もうすぐ届く予定だよ。兎に角良いかね?皆十分気を付けて走りなさい物凄く・・・ワァー!アー滑り易いからな。」
ナレーター「この季節が楽しくなくなってしまった。」
トビー「うわぁ~!危ないエミリー!。」
エミリー「どうしよう!。」
灰色コートの信号手「大変だぁ~!。」
トビーエミリー「うわぁ~!。」
エミリー「フゥ!。」
トビー「フゥ!。」
エミリー「はぁ~!。」
灰色コートの信号手「ホッ~フー!。」
ナレーター「誰もが凍った線路で苦労している。」
ヘンリー「オッ~うわぁ~!・・・はぁーそんなぁ~!。」
ジェームスジェームス様のご到着だぁ~!、アラ~オッフゥー!。」
トップハム・ハット卿「今日はよく働いてくれたな、こんな天候不良の時こそ、君達が必要なんだ。とても役に立っているんだぞぉわぁ~!。」
パーシー「でもトップハム・ハット卿!早く石炭が来ないと無くなっちゃいます。そしたら僕達走れなくなって、仕事も出来ません!。」
トップハム・ハット卿「あー、まあ、明日の朝にはメインランドから届く筈だ。あともう少し我慢してくれパーシー、ハッハハ・・・うわぁ~!。アッ・・オ・・アッ!。」
ナレーター「所が、困った事に、次の朝も石炭は届かなかった。」
パーシー「蒸気機関車は機関庫に戻れって指示だよ。トップハム・ハット卿からだ!。」
トーマス「あぁ、僕は戻らなくて平気なのになぁ、それにお客さん迄送らないと」
アニートーマス!、パーシーの知らせを無視しちゃ駄目よ!。」
クララベルトップハム・ハット卿が指示した事でしょ。」
トーマス「残ってる石炭でもう少し走れる筈だよ。」
ナレーター「だが、アニークララベルは正しかった。トーマスの石炭が遂に無くなった。」
トーマス「あぁ大変だぁ、どうしよう~!パーシーの知らせを無視するんじゃなかった。」
アニークララベル「だからそう言ったじゃない!。」
トーマス「ハァ~動けなくなっちゃった。機関庫に戻る事も出来ないよ。」
アニー「はぁ、まあ少なくともここなら安全ね。」
クララベル「でもお客さんはどうやって次の駅に行くの?。」
アニー「それにトップハム・ハット卿は石炭無しでこれからどうするつもりなのかしら?。」
トーマス「はぁ~・・・。」(ディーゼル機関車の警笛)
パクストン「ディーゼル機関車達が助けに来ましたよ。」
アニー「うわぁ~!助けくれたんだわ。」
クララベル「あー、良かったぁ。」
トーマス「助かったぁ~・・、あれぇ・・・。」
ディーゼル「本当に役に立つ機関車誰だろうなぁトーマス、ハッハハハ!。」
トーマス「ハァ~」
アニークララベル「ハァ~」
ナレーター鉄道の運行を続けるのに必要な仕事は、ディーゼル機関車に任された。」
デン&シドニー&ダート「ディーゼル急行列車のお通りだぁ~!!」!
ナレーター「蒸気機関車は全員機関庫に入り、石炭が届くのを待っていた。」
エドワード「戻るのに必要な石炭が残っていて良かったねゴードン。」
ゴードン「けぇぇ~」
パーシートーマスはどうしたんだろう?」
トーマス「さ、さ、寒いよぉ~、こんな事になるなんて…、ティッドマス機関庫に帰りたいなぁ~…、ハッ、ハッ、ハックション!!!」
アニートップハム・ハット卿の指示に従って居たら、今頃機関庫に着いてた筈…」
クララベル「雪の中で動けなくなるなんて…、こんな所で、キャ~!、信じられないわ」
トーマス「すぐに助けて貰わないと…、暖かい季節になる迄、ボイラーが動かなくなっちゃう、あっ、やあディーゼル!、うっふふふっ、君って役に立つよね、ティッドマス機関庫迄僕達を押してくれない?!」
ディーゼル「御前達を助けたりする暇は無いんだよトーマス、俺様には大切な仕事が有るんだ」
トーマス「あっ、はははっ」
ナレーター「大寒波の寒さは次の日も続いた」
アニー&クララベル「我等はた~ずねる~、贈り物携え♪」
アニー&クララベル「あぁっ」
トーマス「あっ、誰か来るぞぉ、機関庫迄押して行ってくれるかも!、多分駄目だな、何か用かい?ディーゼル
ディーゼル「俺様は間抜けな蒸気機関車の為に石炭を運んで来てやったんだぞ、そんな態度で良いと思ってるのか?」
アニー&クララベル「うわぁディーゼル、貴方はヒーローね!!」
ディーゼル「いや、違う、俺は…ヒーロー?」
トーマス「あっ」
パーシートーマスお帰り!、何が有ったか聞いたよ、側線は凄く寒かったでしょう?」
トーマス「うううん、可也寒かったよパーシー、物凄くね」
ナレーター「無事に石炭が補給され、蒸気機関車達は又仕事に戻った。」
ゴードン「急行列車のお通りだぁ~!!!」
ナレーター「そして、次の日ウキウキする様な事が起った」
トップハム・ハット卿「暖か~くなったぁ~♪、寒さなんて去ったぁ♪、おりば果て~、うわっ、消えた・・・」
アニー&クララベル「あっ、ほら、私達のヒーローよ!」
ナレーター「大活躍したディーゼルは、寒さが過ぎ去った後もヒーロー気分を楽しんでいた。」
英国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョン・ハスラー
エドワード/ヘンリー/ゴードン/デン/バーティー/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
ディーゼルケリー・シェイル
ジェームス/トビー/灰色コートの信号手ロブ・ラックストロー
パーシークリストファー・ラグランド
エミリー/アニークララベル/ジンジャー髪の男の子/灰色のベストを着た女の子テレサ・ギャラガー
ダート/パクストンスティーブ・キンマン
シドニーボブ・ゴルディング
米国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョセフ・メイ
エドワード/トビーウィリアム・ホープ
ヘンリー/ゴードン/ディーゼルケリー・シェイル
ジェームス/灰色コートの信号手ロブ・ラックストロー
パーシークリストファー・ラグランド
エミリージュール・デ・ヨング
デン/バーティー/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
ダート/パクストンスティーブ・キンマン
シドニーボブ・ゴルディング
アニークララベル/ジンジャー髪の男の子/灰色のベストを着た女の子テレサ・ギャラガー
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
エドワード佐々木望
ヘンリー金丸淳一
ゴードン三宅健太
ジェームス江原正士
パーシー神代知衣
トビー/シドニー*3坪井智浩
エミリー/ジンジャー髪の男の子/乗客山崎依里奈*4
ディーゼルケン・サンダース
デン石野竜三*5
ダート/パクストン/ナップフォード駅長/灰色コートの信号手/乗客河本邦弘*6
アニークララベル/灰色のベストを着た女の子*7吉岡さくら
バーティー酒巻光宏
トップハム・ハット卿田中完
シリーズ前回
(英国)
エドワードのやすむばしょシリーズ前回
(日本)
あいだにはいったエミリー
シリーズ次回
(英国)
あいだにはいったエミリーシリーズ次回
(日本)
トーマス、バスになる?

*1 郵便貨車を牽引した最初のディーゼル機関車である。
*2 シドニー前シーズン赤い急行客車を単独で牽引していた
*3 ノンクレジット。
*4 エミリー以外ノンクレジット。
*5 ノンクレジット。
*6 ダート以外ノンクレジット。
*7 ノンクレジット。