山本監督

Last-modified: 2020-09-14 (月) 15:27:28

読売ジャイアンツ・山本泰寛の蔑称。

経緯

2019年日本シリーズ第二戦目、死球を受けた若林晃弘に代わり7回裏から本職である三塁の守備につく。しかし、いきなり先頭のアルフレド・デスパイネの打球をファンブル。これをきっかけに大竹寛が無死1、3塁のピンチを招くと、そのまま松田宣浩痛恨の3ランを被弾
即座に山本は戦犯として祭り上げられ、なんJでもラグビーW杯準々決勝・日本対南アフリカ戦*1と時間帯が重なっていたにも関わらずスレが大きく伸びる事態となった。

さらに最終回だけで3点を返しなおもホームランで同点のチャンスに凡退し最後の打者になった。
1点も与えたくない状況での大竹の被弾、桜井俊貴高木京介の炎上、9回の岡本和真の珍走塁とそれを誘発した元木大介亀井善行の判断ミスなどもあった為に、山本がやらかさなければ勝てたとは言えない点はある。しかし自身のエラーからピンチを招き、先制点を献上したという点でファンから大きな非難を浴びることとなった。
そして、これを機にごく一部でしか使われていなかった「山本一般人」が一気に拡散した。

「山本監督」誕生

さらに第2戦後のプロ野球ニュースでコメントを報道された際に「山本泰寛監督」と誤植を受けてしまった*2ことがネット上でウケ、この蔑称が誕生した。
daf31a8b-s.jpg

また、山本絡みでもう一つのネタが試合中に生まれている。
スポナビの実況中継で「安泰な守備を見せる山本」として紹介された直後にエラーしたことから「安泰な守備を見せる山本」という蔑称も誕生した。
3f4577e8.jpg

その後

東京ドームで迎えた第4戦でも、山本は第2戦と同じく7回の守備から今度は二塁手として守備に入るが、一死1、2塁の状況で長谷川勇也の打球を悪送球し追加点を許してしまう*3
結局巨人は1点差まで詰め寄ったものの、これがきっかけとなって4連敗で敗退
またも試合を決めるミスをしてしまった上に全く打てなかった*4こともありさらなる非難に晒され一部からは終身名誉死刑囚認定を受けた。

山本の主な蔑称 (年齢表記は2019年準拠)

←クリックで展開

関連項目


*1 平均視聴率は同年の最高値となる41.6%。なお日本シリーズは7.3%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東)。
*2 同じくコメントが報道された「原辰徳監督」の枠の使い回しをした時に変更不足でそのまま「監督」になってしまったと見られる。なお番組内で一切訂正されず。
*3 これに関しては岡本和真が2戦目の山本同様にファンブルしており、エラーがなければ2アウトとなり、無理に2塁ではなく1塁送球で無失点に抑えられたとの意見も多少ある
*4 3打席で無安打、四死球などによる出塁も無し
*5 のとばっちりで田中俊太も言われたりする。
*6 伊藤は山本の大学の先輩である。
*7 アニメ「らき☆すた」の初代監督の山本寛と1文字違いから。愛称から蔑称になった人物の代表