ガウェイン

Last-modified: 2020-10-13 (火) 04:33:20

パイロット

  • ルルーシュ=ランペルージ
    SP:集中, 1, 魅惑, 1, かく乱, 14, 奇襲, 20, 戦慄, 37, 奇跡, 44
  • C.C.
    SP:ひらめき, 1, 挑発, 9, 威圧, 18, 感応, 23, 狙撃, 26, 癒し, 39

アップグレード

ガウェイン

蜃気楼

運用

ルルーシュの広域サポートが強く、レベル20でLv3、レベル42でLv4となる。Lv4はロボダンでの最高能力。
最終的に2マス以内の味方は命中回避+20と常時集中に近い効果を得られる。

 

精神に癖のあるもののどちらも強い。
ルルーシュは単体での熱血を持たないが、奇襲や奇跡などコストパフォーマンスに優れる物を覚える。
C.C.は挑発、感応、癒しなどレア度が高いが使いやすい精神を押さえている。
二人とも技量がそこそこあるので、魅惑や威圧、ギアスも通しやすい。

 

街タイプの地形は適応がある為、地形補正を受けつつ移動力を損なわない。
ハドロン砲のEN消費も補えるため、対象の地形上には積極的に降りよう。

 

MAP兵器で1-4全の全周囲ハドロン砲が気力制限もなく便利。
威力は低いが奇襲を覚えると一気に使いやすくなる。

 

アップグレードで蜃気楼へと乗り換える事になる。
海適応がC→Bになり、地形海が追加。
移動力+1。EN+50運動性+10と全体的に強化される。

 

大きな差としては、MAP兵器の変更と絶対守護領域の追加。
MAP兵器は気力制限なし、投L3、EN消費も全周囲ハドロン砲と同等。
前に出ずとも打っていけるので、使い勝手は良好。
絶対守護領域は、3000以下のダメージを無効化する能力。
防御すれば大半の攻撃はシャットアウト可能。

武器の威力はさほど変わらないため、V-UP(W)の装備数次第ではガウェインの方が高火力。
しかし、その他の恩恵が大きいので、アップグレードは積極的に行って良い。

 

ver12で初期機体に抜擢。また「ギアス」が追加された。
特殊能力こそ強いもののアーバレスト以上に火力が低いため序盤が非常に辛く、ロボダンにある程度慣れた上級者向け。
しかもこちらはアップグレードしても火力不足は解決せず、更にパートナー補正で出やすくなる親友も火力が低いので、ふっかつのきずなで火力の高い機体を加入させたいところ。
ギアスについてはダメージこそないものの、クリティカル時に「相手を操る(味方化させる)」もしくは「即死させる」の効果のどちらかが発生する特殊な攻撃となっている(発動する効果は選択可能)
ただし弾数は1発しかなく、かつ一部敵には無効化される事に注意。

パーツ

ガウェインが3個。蜃気楼が2個。
ガウェインのまま運用するなら移動力はあげておきたい。
蜃気楼にアップグレード後は、装甲を上げると絶対守護領域のおかげで非常に硬くなる。
広域サポートと範囲が重複するのでEWAC装置を持たせると酷い事になる。

S防御技能が初期で4、最終的に9まで伸びるので汎用シールドを持たせると安心できる。
SP回復アイテムを持たせると奇跡や癒し、感応を乱発できるので強力。

 

備考

  • 過去VerではMAP兵器が1発限り、絶対守護領域の無効範囲が2000まで、地上限定の超回避など、使用感が異なっている。
  • 運用欄でも述べたがスザクとはパートナー補正があるため、どちらかを持っていればもう片方も出やすくなるため仲間にしやすいついでに原作再現で戦場に突如現れたランスロットにボコボコにされるルルーシュの姿が見ようと思えば見れる。