黒獅子

Last-modified: 2021-12-08 (水) 16:10:09

3ターン目味方フェイズ時点で気力110以上になると
どこからかともなくやってくる飛影と合体するという
ちょっと変わった能力(原作再現)を持つ機体。

 

パイロット

  • ジョウ=マヤ
    SP:ド根性, 1, 熱血, 7, 集中, 14, 気合, 31, 覚醒, 36, 魂, 42

アップグレード

黒獅子

飛影

合体技

  • 忍者殺法
    黒獅子
    獣魔黒獅子
    飛影
    &鳳雷鷹
    空魔鳳雷鷹
    &爆竜
    海魔爆竜

※スパロボと違い、全員がどの形態でも使用可能。なお、ジョウが飛影に搭乗している、もしくは誰かが合体形態時のどちらかの条件を満たした場合、威力UP

運用

3ターン目味方フェイズ開始までに気力を110まで溜めてから本領発揮という変わった機体。
黒獅子形態ではSサイズの高運動性型の回避主体の機体。
しかし、パイロット側がひらめきを持っていないのに加えて、機体の耐久力はかなり低く
パイロット側の不屈が発動すらせずに一撃で撃破されることも多い。
火力はそこそこあるので最初は他の誰かで削った相手の止めをさして気力を溜めるようにしておきたい。
パイロットの性格が超強気ということもあり割とあっさり気力110までは溜めることができる。
気力が110以上で3ターン目になると例のBGMを響かせながら飛影が登場、獣魔黒獅子に変化する。
弱点だった耐久力はかなり改善される上に火力も上昇する。

 

武装面では黒獅子形態では燃費のいいビームカタナ、合体してからは一刀両断がメインの武装となる。
合体後は強力な突進が追加されるので火力と消費で使い分けておきたい。
回避主体の為反撃戦法をとることが多いが、射程の長いビーム砲は撃ちすぎると
ENはあっさり切れてしまうので使用には注意が必要。

 

アップグレードでは飛影に乗り換えることになる。
分身の追加にパイロットの能力に応じて機体に補正がかかるなど、
全体的に能力が上がるのも嬉しいが、3ターン目までに気力を溜めなくてもよくなる事が大きい。
少なくとも制限の多い黒獅子は使いにくいのでささっと乗り換えてしまう。
水中適応は上がるが、遠距離武器の地形適応があまりよろしくないので爆竜ほど頼りにはしないように。

 

なおアップグレード後でも換装で黒獅子へ戻すことが可能。
一見意味がないと思うかもしれないが、実はジョウが飛影に乗っている間は
彼を出撃させていなくても鳳雷鷹と爆竜が飛影と合体できなくなってしまう。
もし他の二体を単独で使いたいのならば黒獅子に戻しておこう。

 

リアル系は対ボス能力が低い事が多いが、本機は必殺武器が射程1で他スーパー系の必殺技を阻害しやすい事、また確定回避系SPを所持していない事からそのリアル系の機体の中でも輪をかけて苦手な方になる。

パーツ

シャッフルの紋章など気力補正アイテムをつけて、合体しやすいようにしておきたい。
残った一つに関しては耐久力を上げるよりは運動性を上げたほうがベター。

備考

なし。