制定

Last-modified: 2020-12-14 (月) 12:24:55
制定
seitei.pngseitei p.png

カード考察

  • 保留されたカードのコストを下げるパワー。減少量は保留1ターンにつき1コスト。コスト減少は戦闘が終わるまで持続する。
  • 護身刻一刻といった高コストの保留付きカード、スタンスチェンジに合わせて使いたいスマイトなどとは自然に噛み合う。
  • 捨て札から任意のカードを回収して保留できる瞑想があると、スタンス変更カードを0コスト化し、占術やドローソースでデッキの早回しをして使い倒すといった動きも考えられる。
    • 0コストの内なる平穏かんしゃくを用意できれば、強力な切り札になる。
    • アップグレードすると天賦が付与され、出遅れは防止できる。瞑想とのコンボを狙うのであればUGしておきたい。

更新履歴

コメント

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • 戦いの賛歌と両方UGした時は1ターン目の手札が実質3枚になるから事故が多発してすぐ死んだ。戦いの賛歌があるときはこっちはugしなくても良いかも。後から使ってもスマイトは1ターンで全部0コストになるし。 -- 2020-12-14 (月) 12:24:55
  • 複数枚使うとちゃんと枚数分コスト低下するのな。まあ需要ないだろうけど。 -- 2020-09-16 (水) 00:46:50
    • 二枚使うと護身と崇拝が1ターンで0コストになるから全く使えないってほどじゃないかな。刻一刻は元の性能がアレだけど、1ターンで1コスト20ダメージになるなら実用範囲にはなりそう -- 2020-09-16 (水) 02:07:33
  • 高アセだと保留できるターンが少ないから意外と強くないけど、それでもスタンス切り替えと合わせて保留は2台コンボだと思う -- 2020-08-14 (金) 02:37:49
  • 瞑想、護身、スマイト以外にも、崇拝を0コスでぶん回すムーブもオススメ。 瞑想絡みのスタンス変更でエナジー稼いでドロー、憤怒か神聖でぶっぱなし。 序盤に取れたら、保留カードに寄せに行くくらい好き。 (戦闘開始時の立ち上がりが課題 -- 2020-06-16 (火) 01:55:20
  • あんまり評価良くなさそうだけど瞑想とのコンボは屈指の強さだと思う。コンボ自体の強さというより、アンコモンの瞑想が単品でもピックできる性能のおかげで揃えやすいのがデカい -- 2020-06-14 (日) 21:23:00
    • 瞑想はアンコモンとはいえ各種ターン強制終了カードと競合するからなあ。俺は瞑想が好きだけど -- 2020-06-14 (日) 22:56:21
      • ターン終了効果があるのって撃ち得&廃棄の飛び越えと、終結だけだよな? 終結イマイチ強く感じないし、ターン終了効果で困ったのって混沌ポーションから捲れた時くらいだな -- 2020-06-16 (火) 13:44:57
  • 護身あってこそだし護身は制定があってこそでしょう -- 2020-04-22 (水) 23:29:24
  • 瞑想とのコンボは脳汁出るけど正直いまいちだと思うわ。ウォッチャーがそもそも他のキャラよりエナジー余裕出やすいからあんまり0コスト量産してもコスト余るだけなことが結構ある。それで俺つえーできる状況ならそもそもこのカードなくても勝てるっていう。高コストカードのコスト減らすのが高アセでもこのカードが役立つ場面だと思う。 -- 2020-04-22 (水) 20:30:04
  • 高アセになるほどもどかしくなる一枚 -- 2020-03-10 (火) 03:01:01
  • ディフェクトの均衡には有効みたいだな。まあかなりのレアケースだろうけど。 -- 2020-01-27 (月) 18:52:30
  • あなたって本当に裁定の -- 2020-01-19 (日) 23:52:32
    • ブラー掛かってきたな・・・ -- 2020-08-14 (金) 08:57:30
  • これと戦いの賛歌が相性いいな。掌握した現実があれば尚良し -- 2020-01-18 (土) 09:03:41
  • これルーニックピラミッドと相性良かったりしないかな? -- 2020-01-17 (金) 06:12:04
    • ピラミッドは「ターン終了時にカードを捨てなくなる」効果であって保留では無いので、残念ながら制定の効果は効かない -- 2020-01-17 (金) 16:12:52

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照