ステータス

Last-modified: 2020-09-05 (土) 00:05:12

基本ステータスについて

  • プレイヤーのステータスには
    • 体調(コンディション)、寒さ(冷え)、疲労、渇き、飢え(カロリー)、スタミナの6種類存在する
  • スタミナ以外のステータスは、特殊な場合を除いて、1秒や2秒ではさほど大きくは減少しない
    • このため、落ち着いた戦略的な行動選択がステータス管理には重要になってくる
    • ただし、クラフトや休憩中などの早送り中は、ステータスも時間経過に応じて増減する
      よって、早送り前にはステータスを確認しておく必要がある
      • 特に睡眠時は、起床するまで中断できないため注意を要する
  • サバイバルモードの難易度設定で「サバイバーのモノローグ」がONになっている場合、ステータスの悪化や減少に応じて台詞を呟くようになる。
    全難易度デフォルトでONになっている。
     
     

体調(コンディション)

Icon_Condition.jpg

  • パーセンテージで示され、0%になると死亡、ゲームオーバーとなる
  • 継続的に減少するのは以下のいずれかの場合
    • 寒さ(冷え)、疲労、渇き、飢え(カロリー)の各ゲージのいずれかがゼロになっている
    • 一部の病気・怪我になっている(病気・怪我を参照)
  • 一度に減少するのは以下の場合
    • 落下・捻挫する
    • 焚き火に接触する
    • 肉食動物に襲われる
  • 回復するのは以下のいずれかの場合
    • 4種のゲージがすべてゼロではなく、かつ一部の病気になっていない(難易度Hardで1日に25%回復)
      (睡眠で回復量が増加)
    • 緊急用刺激剤を使用する(15%)
       
       

寒さ(冷え)

Icon_Warmth.jpg
暖かい>肌寒い>寒い>感覚がない>凍え

  • 体感温度が0℃を下回ると、温度に応じた速さで減少する
  • ゲージがゼロになると、即時、低体温症のリスクが発生するほか、体調の減少がはじまる
    • 基本の4つのゲージのうち、体調の減少速度がもっとも速い
    • その為、寒さゲージの管理、ひいては体感温度の管理の優先度は高い
  • 体感温度が0℃以上になるか、温めた飲料・缶詰を摂取するとゲージが回復する

体感温度

  • 下記の式により決定される
    • (外気温)+{(風の影響)-(服の防風ボーナス)}+(服の温度ボーナス)+(寝袋・ベッドの温度ボーナス)+(暖かい飲料のボーナス)
      • {(風の影響)-(服の防風ボーナス)}の項が0℃を超えることはない
      • 服のボーナスは着用しているものの合計
      • 詳細は衣類を参照のこと
      • 寝袋およびベッドについては、就寝中あるいは休憩時のみ加算される
         
         

疲労

Icon_Fatigue.jpg
元気>息切れ>疲労>疲れ果てた>疲れ切る

  • 睡眠時以外は常に減少する
    • 減少速度は行動に応じて変わる
  • 疲労のステータスが減ると、0になる前からデメリットが発生する
    • 疲労が50%を切った状態から、徐々に所持重量の上限が下がっていく*1
    • この上限低下はダッシュの可否には影響しない
    • 狩猟用ライフルやサバイバルボウを持つ手がぶれ、命中率も下がる
    • ロープの登攀速度が遅くなる
  • ゲージがゼロになると、非常に緩やかに体調が減少していく
    • また、ロープの登攀が困難になる(登攀速度が著しく低下、転落の可能性が著しく高まる)
  • 睡眠をとることで大幅に回復する
    • コーヒー(冷温問わず)を飲むことで回復する
    • また、ゴー!エナジードリンクや緊急用刺激剤を使用することでも一時的に回復する
  • 一定以上(9割5分程度以上)ゲージがある場合には寝ることができない
     
     

渇き

Icon_Thirst.jpg
喉が渇いていない>口渇>のどが渇いた>喉が渇ききった>脱水症

  • 睡眠時を含め、常に減少する
    • 減少速度は行動に応じて変わる
    • また、一部の食料を摂ることでも大きく減少する
  • ゲージがゼロになると、体調が減少していく
    • 減少速度は、寒さのそれよりは緩やかではあるが、疲労や飢えと比べると速い
  • 水などの飲料を飲むことで回復する
     
     

飢え

Icon_Hunger.jpg
満腹>やや空腹>空腹>かなり空腹>餓え

  • 睡眠時を含め、常に減少する
  • 食事をすることで、カロリーに応じて回復する
    • 減少速度は行動に応じて変わる
  • ゲージがゼロになると、体調が減少していく
    • 減少速度はもっとも緩やかであるため、就寝前のみ食事をするプレイスタイルも成立する
    • ただし、長時間(丸二日くらい)飢えゲージがゼロの状態が続くと、疲労ゲージの上限値が減少する
      UI_Long-Hunger.jpg
      • 飢餓二日目くらいから円グラフの上端から右回りに赤いバーが増えていく。最終的にゲージの半分までが赤くなる。
      • 疲労ゲージが赤くなっている部分は睡眠しても回復できない。
      • 飲食によって飢えゲージがゼロでなくなれば、睡眠することで疲労ゲージの赤い部分を回復する事ができる。
        ただし、睡眠中にカロリーがゼロになるとそれ以降の分は疲労の赤部分が回復しないので十分にカロリーを取ってから睡眠する事。
 
 

スタミナ

UI_Stamina.jpg

  • 使用する際のみ通常画面右下に白く表示されるゲージ。
    • ただし、前方入力をせずダッシュボタンを押すだけなら、使用せずに確認が可能
  • ダッシュまたはロープ登攀時(昇り降り、掴まり中)に使用される
    • ゲージがある間はダッシュできるが、なくなるとできなくなる
    • ゲージがなくなるとロープ登攀速度が著しく遅くなる
    • ただし、疲労ゲージがゼロになっているとスタミナの有無にかかわらずダッシュできない
      • 一応登攀は可能だが、転落の危険があるため非推奨
  • 使用していない間は常に回復する
    • 方向キーかダッシュボタンのいずれかを離しておく必要がある
  • 衣服の動きにくさのステータスによって上限値が減少する(詳細は衣類を参照のこと)
  • 緊急用刺激剤を使用すると、一時的に減少しなくなる

詳しくは→さらなるヒント

重さ

UI_Weight_Good.jpg UI_Weight_BAD.jpg

  • アイテム欄で確認可能。通常30kgまでの荷物ならば問題なく持ち運び出来るが、それを超えると重量によってさまざまなペナルティが発生する。
    • だんだんと移動速度が低下し、疲労も蓄積しやすくなる。
      さらに40kgを超えると走ることができなくなり…
      そして60kg以上で完全に動けなくなる。
  • ちなみに「持ってその場に立っているだけ」なら100kgでも200kgでも持つことは可能。
  • 72時間以上飢えていない場合は「十分な栄養補給」の効果が発生し、所持重量に+5kgのボーナスが与えられる。

詳しくは→さらなるヒント

 
 

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ダッシュゲージは地図を書くと全回復します。早く目的地に行きたい時は、ダッシュ、地図を繰り返します。すごい疲れてしまいますが。 -- 2019-12-25 (水) 09:25:57
    • 地図書くのに10分かかるから、ゲーム内時間では早く着けないのでは? -- 2019-12-25 (水) 11:37:35
    • プレイ時間の短縮という話なら、RTAの必須技術として暇つぶし→即キャンセルというのがある -- 2019-12-25 (水) 12:51:47
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 20%で上限-10.0kg、0%で-15.0kgまで低下