ハロウィンイベント

Last-modified: 2019-11-01 (金) 01:26:37

ハロウィンを最終日とした四日間限定で開催されるイベント。
ハロウィン仕様の特別な環境でサバイバルに挑む。

開催履歴:2016年2017年2018年2018年

2019年

公式サイト(英語):''4 DAYS OF NIGHT 2019"
開催期間:2019年10月28日午後3時~11月1日午後3時(日本時間)
※内容は去年と全く同じ(開発曰く、EP3の制作にかかりっきりで新しい物を作る余裕がなかったとのこと)
実績バッジは去年までの物とは別扱いなもよう(紫色)

2018年

公式サイト(英語):4 DAYS OF NIGHT 2018
開催期間:2018年10月28日午後3時~11月1日午後3時(日本時間)
概要(ゲーム内新着情報):

「4夜」再び!ハロウィンの期間中、The Long Darkをプレイして、カナダ北部の荒野を舞台に明けない夜を体験しましょう。今年は、このイベントでしかプレイできない特別なゲームモード、毎日変化するチャレンジ、複数の日を生き延びたプレイヤー限定の報酬が用意されています。

期間: Oct 27 (11 pm PDT) - Oct 31 (11 pm PDT)

遊び方: イベント期間中、「WINTERMUTE」「サバイバル」「チャレンジ」に加えて、「4夜」モードがゲームのメインメニューに表示されます。通常のゲームモードは一切変更されません。

報酬: 闇を制覇!イベントの数日間に渡り十分な時間を生き延びて、特別なゲーム内バッジを獲得しましょう。

デイリーチャレンジ:夜明けは訪れませんが、イベント中は毎日新しいチャレンジが登場します。沿岸のハイウェイからスタートして、普段は見ることのない長い夜を越すためのアイテムを探しながら、グレートベア内の厳選された地域を探索しましょう。

 

  • 前年までとの差
    • メインメニューにイベント期間限定の特別仕様モード「4 DAYS OF NIGHT」が追加される(アップデートして起動するだけでイベント参加可能に)。
    • セーブ枠を空ける必要あり。
    • 「Daily Challenges」の実装
      • 4日間毎日違う内容の試練が課される。
      • 毎日15時に内容が更新される。
      • それぞれの課題は24時間で終了(前の日のミッションは達成できない)。
      • 達成状況はジャーナルで確認できる。
    • 2種類の特別バッジの実装
      バッジ自体には何の効果もない。
      バッジを獲得するには、一つのセーブデータで条件を達成しなければならない。
      • 4夜・夕闇バッジ(TWILIGHT BADGE) : イベント中の任意の2日間で現実時間の2時間生存
      • 4夜・真夜中バッジ(MIDNIGHT BADGE) : イベント中の全ての4日間で現実時間の2時間生存
    • その他のゲーム内の仕様は、この1年分のアップデート(調理など)が適用された以外は2017年と概ね同じ。
       
  • Daily Challenges
  • 第1夜:静かなる闇(THE QUIET DARK)
    • ミッション
      「野生動物が姿を消しました。この時間を使い、長い夜を過ごすために必要な消耗品を見つけ出し、集めましょう。実際の時間で最低でも2時間生存して、4夜の報酬への進行度を進めましょう。」
    • 追加のイベント要素
      Candy Bars(高カロリーのチョコレートバー)、Jack'O'Lanterns(物資の貯蔵庫)
    • 備考
      沿岸のハイウェイの野ウサギの島の端(厭世家の農家の島側)からスタートして、広域に移動可能。
      ただし、荒れ果てた岬、シンリンオオカミの山、荒れ果てた湿原、謎の湖鉄道には入れない。
  • 第2夜:遠吠え(HOWL)

    グレートベア島にオオカミが戻ってきました。生き残るために、あなたの知恵と、ありとあらゆる手持ちの品を使ってください。カロリー豊富なキャンディーバーと一緒に、捕食者から逃れるための道具やアイテムが入った特別な物資の貯蔵庫を探しましょう。

  • ミッション
    「オオカミがグレートベア島に戻ってきました。気をつけて!実際の時間で最低でも2時間生存して、4夜の報酬への進行度を進めましょう。」
  • 追加のイベント要素
    Wolf Packs(目が赤く光るオオカミの群れ)
    群狼というだけあって狼の数がハードモード並みかそれ以上に多い。群れで徘徊している事も多い為、危険度が非常に高い。
  • 備考
    第1夜のセーブデータで引き続きプレイすることができる。
    新規データで始めることも可能で、その場合は第1夜と同じ場所からスタート(環境は第2夜)。
  • 第3夜:緑の炎(A GREEN FIRE)

    オーロラが夜空一面を覆い、オオカミの群れを狂気にかきたてます。キャンディーバーやさまざまなサバイバル用品を探す際、特別強力な懐中電灯も一緒に探しましょう。オオカミから身を守るために役立ちます。

    激しいオーロラが出ている今、高出力懐中電灯の有無が、文字通り明暗を分けるかもしれません。

  • ミッション
    「夜空に輝くオーロラの下で、オオカミはさらに凶暴性を増します。用心してください!実際の時間で最低でも2時間生存して、4夜の報酬への進行度を進めましょう。」
  • 追加のイベント要素
    Aurora、Aurora Wolf、Flashlight
  • 備考
  • 第4夜:凍てつく抱擁(A COLD EMBRACE)

    オオカミやオーロラは消え去りましたが、猛吹雪が襲ってきました。この凍えるような寒さは、ただ屋内にいるだけでは凌ぐことはできません。キャンディーバーやパンプキンパイ、特別な物資の貯蔵庫を探す際も、あまり火の側を離れないようにしてください。さもないと…

    この夜を生き延びられるか?

  • ミッション
    「猛吹雪が発生しました。あまり火のそばから離れないでください。さもなくば…! 実際の時間で最低でも2時間生存して、4夜の報酬への進行度を進めましょう。」
  • 追加のイベント要素
    Blizzard、Fire、Pumpkin Pies
  • 備考
    新規ゲーム開始直後、晴れで風強め、気温-26℃、風速冷却-19℃。野ウサギの島の家屋内で気温-20℃(参考)。

2017年

  • 開催期間
    2017年10月28日午後3時~11月1日午後3時
  • 参加方法
    steamのライブラリから「The Long Dark」を右クリック、プロパティを開く。
    ベータタブから「プライベートベータをアンロックする・・・」のところに「FourDaysofNight」と入力する。
    すぐ上の参加希望のベータから「4don - Four Days of Night」を選ぶ。
  • 仕様
    • 一日中太陽が登らず昼間でも薄暗い。それに伴い気温が低く虫眼鏡が使用不可。時間の把握も難しい。いちおう読書やクラフトなどは可能な程度には明るい。(悪天候は除く)
      • 暗さのせいで見通しが悪く周囲の状況が把握しづらい。このため難易度が通常よりもかなり高くなっている。
    • 狼が特別仕様になっており、眼が赤く光る不気味な外見に。
      • 通常より広い範囲で反応し視線が通ってない場所だと音もなくそばに居たりする。群れで湧いてる事が多く狭い場所だと一度食いつかれると最悪四重奏まで覚悟しなければならない。
      • 移動速度、感知範囲、凶暴性、足音、湧き数などがいつもより凶悪になっているかも?
    • 暖炉、ストーブ、焚き火などの燃焼時間とランタン、たいまつ、フレア、マッチなどの光源の持続時間が通常の2倍に。小枝や薪などの燃焼時間も2倍になっている模様。
    • “キャンディボウル”が登場。チョコバーの乗った皿が、建物の入り口前などに落ちている場合がある。
      • 見た目は普通のスナックを盛ってあるただのボウルだが、緑色のチョコバーが特別仕様になっており、0.1kgで2500キロカロリーもある。
    • ジャック・オー・ランタンが登場。ボーナスアイテムが新たに配置され、その目印となっている。
      • 野外の特定のポイントにランダム?で配置される模様。見た目にもかなり目立つ。
      • いくつかの候補地の中からランダムで一箇所に配置される?また、エリアごとに配置されるアイテムが決まっている?(乾燥済みの毛皮、乾燥済みの若木、スキル本、矢、銃弾などを確認)
      • 近寄ると気休め程度に僅かながら温かい。
    • 暖かく、野生動物を近づけない戦略的なパンプキンパイ。
      • 建物内のストーブの上やテーブルの上にたまに置いてある。
      • 食べると2000キロカロリー+長時間の保温効果(6時間ほど)+狼とクマから攻撃されなくなる効果を付与。保温効果が切れると肉食動物避けの効果も消失する。
      • 見つかる前に効果が発動していればEasyのように狼や熊が逃げて行く、見つかった後だと威嚇してついてくるが襲っては来ない。トリガーは不明だが距離が開くと急に逃げる。
      • 地面に置いたりしても効果がない。
      • 品質が劣化しない。なぜか冷める事がないのでずっとホカホカのまま。
      • 信号拳銃などと違って追い払えるわけではないので追跡を振り切る事はできないが、近寄ってじっくり観察するなどといった通常では考えられない行動が可能。
    • 日付が進まないようで日記がずっと1日目のまま、「〇〇時間生存しました」のメッセージも出ない。ただし、スコアには生存日数が記録される。
    • キャビンフィーバーと寄生虫のリスクが発生しない。既に発生中のリスクも無条件で解除。

2016年

  • 開催期間
    2016年10月29日午前2時~11月2日午前2時

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑↑↑ハイウェイ・クマの小川キャンプ場でライフル発見(初日)、レイク・破壊された展望台で信号拳銃発見(2日目) -- 2019-10-29 (火) 20:03:37
  • バレーの釣り小屋近くで発見(懐中電灯&鹿革ズボン) -- 2019-10-29 (火) 23:52:48
  • ハイウェイの静かな空き?(slient cleaning)でライフルの立て掛けてあるジャック・オー・ランタン発見 -- 2019-10-30 (水) 00:56:23
  • バレー・電波塔のロープ岩付近、バレー・狼山ロープ付近の川沿い洞窟付近 で発見 -- 2019-10-30 (水) 11:35:32
  • 嗚呼、3日目で死んじゃった。もうバッジは貰えないのかな… -- 2019-10-30 (水) 17:15:20
    • PCの時間をごにょごにょしてみたら? -- 2019-10-30 (水) 21:15:41
  • リボルバーの弾ばかり拾うけど、肝心の本体が見つからない…… -- 2019-10-30 (水) 17:29:46
    • その後バレーのスキーターズ・リッジ、シグナルヒル、哀愁のある池の三箇所廻るもヘラジカの鞄がダブってリボルバー無し。バレーにはポップしないのか? -- 2019-10-30 (水) 21:21:01
  • ハイウェイ:小川キャンプ場、中央ウサギ小屋 謎湖:湖の西、湖を見渡す展望台 ミルトン:オルカガス前伐採場、墜落地点 バレー:哀愁のある池、モリーの農場西部、サスカッチの洞窟 ランタン計9ヶ所 こんだけ廻ってもリボルバーなし泣きそう -- 2019-10-31 (木) 02:33:59
  • ほぼストーリーモードしかしないから、ハイウェイから鉱山抜けてプレザントバレーに着いた時、若干ネタバレ感があったなー -- 2019-10-31 (木) 08:49:14
  • 今年の地形アップデートに去年のイベントスクリプトがそのまま適用されてるから、リボルバー弾薬は生成されてもランタンにリボルバーは添えられてないって事か -- 2019-10-31 (木) 09:11:53
  • 結局初日にコーヒー6缶とキャンディーバー4本、あとは炭鉱で石炭20個くらい拾ったら後はずっとガレージに籠りっぱなしだった。みんなよく遠征できるね・・・ -- 2019-11-01 (金) 01:25:55
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White