MOD

Last-modified: 2020-09-09 (水) 18:55:02

2020/07/08時点の注意点

このゲームのModは過去バージョン(v1.5x)用のものと、現バージョン(v1.81)用のものとの二種類があります。

現バージョン用のMod

……MelonLoaderを使います。詳細は後述。
【注意】
v1.56用のModは利用できません。
新バージョン用に新しく作られたModだけが利用可能です。

旧バージョン用のMod

……ModLoaderを使います。詳細は後述。

【注意】
Ver1.5x用のModを使いたい場合には、ゲーム本体のバージョンをv1.56に戻してから設定する必要があります。
ゲームバージョンの戻し方の例( https://github.com/zeobviouslyfakeacc/ModLoaderInstaller/releases/tag/il2cpp-note )
ただし、旧バージョンv1.56と新バージョン(v1.6以降)ではユーザーファイルの仕様が異なるため、
両方のバージョンを並行してプレイすると別バージョンを起動する度に設定が失われ、
キーバインドや、チャレンジのバッジやバッジ実績(「高性能な身体」等)の進行状況が消えます。
次項を参考にして設定ファイル(user001とuser001.cfg)を両方のバージョンで起動する前、後に個別にバックアップしてください。
以後は起動する前に、使用するバージョンに応じた適切なファイルを戻しておくと良いでしょう。

注意事項

MODの使用によって、ゲームのセーブデータ、ユーザーデータなどに不具合が出ても自己責任でお願いします。
データのバックアップを取っておくことをおすすめします。

バックアップ方法(Windows10の場合)

バックアップ手順を表示する

  • まずはタイムカプセル使用前に、Steamクラウドの使用を中止しましょう。
    • SteamライブラリのThe Long Darkのプロパティで「アップデート」タブを開き、Steamクラウドによる情報共有を無効にしましょう。

バックアップ手順は以下の通り。

  1. C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Hinterland\TheLongDark を開きます。
    1. ユーザーデータのファイル(user001等)とセーブデータのファイル(sandbox1等)を他のフォルダにコピーしておきます。
  2. C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Hinterland\TheLongDarkNoSync を開きます。
    1. ユーザーデータのファイル(user001.cfg)を他のフォルダにコピーしておきます。
  3. 問題が発生したらコピーを戻します。

上で分からない初心者向け

  1. デスクトップのPCアイコン、またはスタートボタンからエクスプローラーを起動し、隠しフォルダと隠しファイルを表示する設定にしておきます(手順
    1. エクスプローラーから起動して「クイックアクセス」が表示されている場合は、左の一覧から「PC」を開いておきます。
  2. PCから(C:)ドライブを開き、その中の「ユーザー」を開き、
    さらに「(自分のユーザー名)」→「AppDate」→「Local」→「Hinterland」→「TheLongDark」と開きます。
  3. ユーザーデータのファイル(user001等)とセーブデータのファイル(sandbox1等)を探します。
    1. ユーザーデータのファイルには、複数のプレイのデータが入っています。(バッジのカウントや統計など)
      セーブデータのファイルには個々のセーブが入っています。
    2. セーブデータが複数ある時は、表示メニューから「詳細」表示にし、「並べ替え」から更新日時順に並べ、日付や時刻から目的のファイルを探します。
      (サバイバルならsandbox**、ストーリーならstory**、チャレンジならchallenge**、オートセーブならautosave**というファイル。**は番号部分)
  4. 目的のファイルを選択し、ホームメニューから「コピー」ボタンを押し、別のフォルダに行き(例えば戻るボタンでHinterlandフォルダに行くなど)、ホームメニューの「貼り付け」ボタンを押してコピーしておきます。
  5. 以上がTheLongDarkフォルダのバックアップです。さらに、同じようにしてTheLongDarkNoSyncフォルダの中身もバックアップしておきます。

==============================

MODのインストール手順(現バージョン用……v1.82対応)

注意!
※まず、Modの設定をする前に通常通りゲームを起動して、オプション→プライバシーの設定を出して
「エラーレポートの送信」「テレメトリーデータの送信」を両方ともオフにしてください。
mod-set-00.jpg
その設定が済んだらゲームを終了します。

次に、MelonLoaderでMODを使えるようにしてからModを手動でインストールします。
手順は以下の通り。
注意!MODのインストール・アンインストールなどの操作は、全てゲームを起動していない状態で行って下さい。

MelonLoaderの準備

MelonLoaderのダウンロード

ゲームでMODを使えるようにする為にはMelonLoaderが必須です。
下記のリンクからMelonLoader.Installer.exeをダウンロードします。
ダウンロード:https://github.com/HerpDerpinstine/MelonLoader/releases/latest/download/MelonLoader.Installer.exe
※ダウンロード時にブラウザやアンチウイルスソフト等から警告が出た場合は無視してダウンロードを続行してください。

MelonLoaderのインストール

  • 上記でダウンロードしたMelonLoader.Installer.exeを実行します。
    • ※実行時に、Windowsやアンチウイルスソフト等から警告が出た場合は無視して実行してください。
      ※下記はWindows SmartScreenによる保護の例。
      この場合は「詳細情報」をクリックすると表示される「実行」ボタンを押すこと。
      WSS.png
      「詳細情報」を選んでも実行ボタンが表示されない場合は→外部リンク
      ※下記のようなWindowsのユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」で許可をすること。
      UAC.png
  • 次のようなインストール画面が表示されます。
    MelonLoader.png
  • 「SELECT」ボタンをクリックし、ゲームのインストールフォルダを探します。
    • (例、C:\Program Files\Steam\SteamApps\common\TheLongDark)
  • その中のtld.exeを開きます。
  • インストール画面の「INSTALL」ボタンを押します。
  • 成功すると「installation successful!」というメッセージが表示され、「OK」ボタンを押すと終了します。
  • MelonLoaderのインストールが終わったら、一度ゲームを起動してみてください。
  • 初回は最初に次のようなウィンドウが表示されるのでしばらく待ちます。
    • MelonLoader2.png
    • ※このウィンドウは閉じないでください!
  • ゲームが起動してタイトル画面が表示されればMelonLoaderのインストールは成功です。
  • 次は、ゲームを終了させてからMODのインストールに進んでください。

MODの手動ダウンロード(現バージョン用)

  • MODを手動でダウンロードします、次の2つの方法があります。(どちらでも構いません)
    • (A)MODをまとめて紹介している有志のサイト「TLD Mod List」からダウンロードします。
    • (B)各作者がMODを配布している個別のページからダウンロードします。

ダウンロードや使い方ついて

  • (A)「TLD Mod List」からのダウンロード方法
    • http://xpazeman.com/tld-mod-list/ にアクセスします
    • 使いたいModの名前の右側にあるダウンロードボタンをクリックします
      TLDModList01.png
    • ※危険ファイルに対する警告などが出た場合は無視してダウンロードを実行します。
      ※下はChromeの警告の例。
      Mod-download-save.png
      「保存」ボタンで続行する事。
  • (B)作者が配布しているページからのダウンロード方法
    • ほとんどの作者はModをGithubというサイトで配布しています。
    • このWikiやTLD Mod Listから、各ModのGithubのページに移動したら、ページの上の方に作者名とMod名が書かれたリンクがあります。
    • Mod名のリンクをクリックするとそのModの最初のページが表示され、Modの説明書が表示されます(READMEがあれば)のでよく読みましょう。
    • そこでページの右側にAbout、releasesなどが並んでいます。荷札アイコンの付いたreleasesを選ぶとダウンロードできるページへ行きます。
      Github01.png
    • ダウンロードするのは.dllか.zip、.json等です。ソースコード(Source code)は不要です。
      Github02.png
    • ※危険ファイルに対する警告などが出た場合は無視してダウンロードを実行します。
      ※下はChromeの警告の例。
      Mod-download-save.png
      「保存」ボタンで続行する事。

ダウンロードしたMODのインストール方法

  • ダウンロードしたModのファイル(通常はDLLファイル)は、ゲーム本体の入っているTheLongDarkフォルダの中に「mods」フォルダーを作って、そこに入れる必要があります。
    • ダウンロードしたのがZIPなら、中身をmodsに解凍します。ダウンロードしたのがZIPでなくDLLなら、そのままmodsに移動。
    • アンインストールしたい時はダウンロードしたファイルやフォルダを全てmodsフォルダから削除します。

MODの紹介(現バージョン)

各MODは、ゲーム本体のバージョンが上がると使えなくなったり、エラーや不具合が発生する事があるので注意する事。
MODのダウンロードページやModInstallerでの「Release Date」(リリース日)がゲーム本体のバージョンアップ日以降ならば多分安全だが、そうでない場合は判断が難しい。

参考として、MODを紹介・動作の確認をしているサイトTLD Mod List(http://xpazeman.com/tld-mod-list/)で緑色のラベルが付いているMODなら多分安全

以下に、いくつかのMODを抜粋して紹介します。ここに載ってないMODは上記サイトで確認して下さい。

ModSettings(他のModの使用に必要)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/ModSettings/releases
他のModがゲーム内のオプション画面で設定を表示できるようにする為のサポート的なModです。
このModはそれ自体では何もしませんが、このModが導入されていないと動作しないModがあるので最初に入れておいた方が無難です。

表示

AmbientLights (環境光の改善)

ベータ版開発中

DisableBreathEffect (白い息のエフェクトを削除)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/DisableBreathEffect
寒さによって画面に白い息のエフェクトが表示されるのを無効にして画面が見やすくする。
 

Disable-Camera-Sway(カメラの揺れを無効化)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/Disable-Camera-Sway
ゲーム中、視点を動かしていない時でも画面がわずかに揺れるのを無効にする。
 

Disable-Chromatic-Aberration (色収差を無効化)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/Disable-Chromatic-Aberration
ゲーム中の全ての表示品質設定で、色収差効果を無効化します。
(ダウンロードリンク先のスクリーンショットを参考にして下さい)
 

EnableStatusBarPercentages(ステータスをパーセント表記する)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/EnableStatusBarPercentages
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
ステータス画面で、寒さ・疲労・渇き・飢え・体調のゲージにパーセント表記を追加する。

システム

EnableFeatProgressInCustomMode 1.2 (カスタム難易度でもバッジを取得できる)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/EnableFeatProgressInCustomMode
カスタム難易度でもFeats(バッジ実績、「寒さとの融合」など)のカウントが進むようになる。
※チートのようにも思えるが、カスタム難易度はほとんどの場合は放浪者(Easy)よりも難しくなるので、カウントが無効になるのはほとんど意味がない。

Free-Look-In-Cars (車の中で後ろを振り返る)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/Free-Look-In-Cars
ゲーム標準では車内では振り返ることができないのを改善する。(ややチート?)

Indoor Campfires (室内でたき火ができる)

https://github.com/Xpazeman/tld-indoor-campfires
通常はたき火ができない室内でもたき火ができるようになる。

Ankle-Support (手袋と靴で捻挫を予防する)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/Ankle-Support
手袋と靴が、手首と足首の捻挫の確率を下げます。
捻挫確率がどれくらい変化するかは各衣類の防御性能(%)を元に計算されます。

  • 手首を捻挫する確率は、手袋の防御性能(%)を4倍した値だけ減ります。
  • 足首を捻挫する確率は、靴の防御性能(%)を2倍した値だけ減ります。

PlacingAnywhere (アイテム配置改善)

https://github.com/Xpazeman/tld-placing-anywhere

アイテムを配置するときに制限を解除し、オブジェクトを回転および配置するためのコントロールを追加する。
20190706025436_1s.jpgアイテムを壁に配置できる。

操作

  • ゲームv1.8以降では標準で、アイテムを配置するときにマウスホイールを使用してアイテムをY軸回転できます。(横回転)
  • オブジェクトを移動中に、左Altキーを押したままマウスを動かすと、X軸とZ軸でオブジェクトを回転できます。(縦回転)
  • オブジェクトを移動中に、地表や他のアイテムに埋まっている場合、Zキーを押したままにすると、カーソルの下にあるものに適合します。
  • ピリオドキーは、オブジェクトをY軸で45度回転させます。
  • コンマキーを使用すると、オブジェクトがX軸で45度回転します(たとえば、本を垂直に立てるのに便利です)。
     

Faster Searching(コンテナ探索時間の変更)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/FasterSearching
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。

  • EscメニューからMODを詳細設定できる。
    • 引き出しや死体のような、アイテムが入っている収納(コンテナ)を調べる時間を短縮する割合(0なら一瞬で完了、0.5なら通常の半分の時間、1なら通常の速度)
    • 空っぽのコンテナは即座に完了するかどうか(YES/NO)
       

HouseLights(室内電灯をスイッチでオンオフできる)

https://github.com/Xpazeman/tld-house-lights
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
壁のスイッチで明かりを点灯できる。
EscメニューからMODを詳細設定できる。

RemoveClutter(多くのオブジェクトを破壊可能にする)

https://github.com/Xpazeman/tld-remove-clutter
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
設定ファイルに従って、従来より多くの室内にあるオブジェクトを破壊可能にできる。(収納として動作する物体、ベッド、オーロラで点灯するパソコンを除く)
これにより、家の中の不用品を消す事ができる。
例えばタワー型パソコンなら弓のこを使って1時間かけて1つの金属くずにできる。(設定はカスタマイズ可能)

  • インストールは上記リンクからzipをダウンロードし、中身のフォルダとdllの両方をModsフォルダに解凍します。
  • Escメニューから、以下の設定が可能。
    ※設定は建物の出入りなどによってシーンがロードされるまでは有効にされない。
    • Tools Not Required:このModの対象オブジェクトは道具不要で破壊できる。ON/OFF
    • Fast Breakdown:このModの対象オブジェクトは全て1分で破壊できる。ON/OFF
    • No Objects Yield:Modでオブジェクトを破壊しても何も入手できない。(金属くずなど)ON/OFF
    • Show object names : OFFにすると破壊可能オブジェクトをマウスでポイントした時に「破壊」と表示され、ONにするとポイントしたオブジェクト名が表示されます。
  • 設定ファイルを直接編集すると、オブジェクトを破壊するのに必要なツールや所要時間を細かく設定可能(方法はModダウンロード先の説明書)

HungerRevamped(飢えのシステムを変更)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/HungerRevamped
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
空腹カロリーと保存カロリー(体脂肪)を分離することにより、飢餓システムを改善します。
Modなしの通常プレイの場合、「侵入者」難易度であっても日中はほぼ空腹で過ごしておいて寝る前に600カロリーだけ食べて寝れば体調を回復できる……というシステムのせいで飢えのパラメーターがほぼ無意味なものになっているのが、このMODによってより難易度が向上します。
その他、保存カロリー(体脂肪)が多ければ長時間の旅行に際して大量の食料品を持ち歩かなくて良いなどのメリットもあります。
また、体脂肪の量によって体感温度に+2℃~-3℃の増減があります。
※詳しい説明書も上記リンク先にあります。
 

ShorterReadingIntervals(読書の調整)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/ShorterReadingIntervals
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
通常は1時間単位でしか読書できず、途中で中断した場合は進捗が保存されないが、それを改善するMOD。
より短い時間単位で読書可能にし、中断した場合も引き続きカウントされるようにできる。
EscメニューからMODを詳細設定できる。
 

Weight Tweaks(アイテムの重量と運搬能力を変更)

https://github.com/Xpazeman/tld-weight-tweaks
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
EscメニューからMODを詳細設定できる。

  • Mod設定メニューからアクセスできる機能
    • 最大所持重量を無限にする機能のオン/オフ
    • 最大所持重量を追加、最大120 Kgまで
    • アイテムタイプの重量を調整する
       

InterloperRegionSelection(侵入者で開始地域を選択可能にする)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/InterloperRegionSelection
侵入者は通常では開始地域がランダムなのを、選択可能にする。
選択できるのは通常時にランダムで選ばれる可能性がある地域だけなので、謎の湖から開始するなどはできない。
 

RelentlessNight(徐々に高難易度になっていくモード)

https://github.com/Burakalite/RelentlessNight

  • Relentless NightはThe Long DarkのゲームプレイMODで、地球の自転が遅くなっていく新しいサンドボックスシナリオを導入しています。
    ゆっくりと、しかし確実に、時間の経過とともに昼と夜が長くなり、気温や天候パターン、野生動物の個体数などが変化し続ける世界になっています。
  • 世界が遅くなるにつれて、それぞれの長い暗闇がカナダ北部にさらに寒い気温をもたらし、
    その結果、大気中の温度分布がより強い風や吹雪に道を与え始め、適応した野生動物さえも寒い夜の悪化の条件に屈するようにゆっくりと消え始めています。
  • プレイヤーは何が起こっているかを認識し、長く暖かい日中を利用して、次のさらに長く寒い夜間に備えなければなりません。
    このすべては最終的にあなたの準備がどれくらい生き残るかを決定する最終的な挑戦につながります。
  • 惑星はついには太陽と自転と公転が同期するほど減速して、生存者は新たな「地球の夜側」で永久的な暗闇と益々悪化する極寒の状態に置かれます。
     

アイテム

GearDecayModifier(アイテムの劣化を調整する)

https://github.com/Xpazeman/tld-gear-decay-modifier
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
時間の経過とともに劣化するアイテム(食品、衣料品など)や、使用するごとに劣化するアイテム(道具など)の劣化度を調整する。
Escキーのオプションから詳細設定可能。
食料品では、調理済み/未調理の肉や、開封済み/未開封の包装食品の劣化率を調整できる。

また、プレイヤーが発見する前のアイテムの劣化率も設定可能。
(長期間生存してから初めてコンテナを開けたら発見した食品や衣料品が腐っていた……等を予防できる)
これは他の設定と階層化されるので、例えば食品の劣化率を0.5にして発見前の劣化率を0.5にすると、未発見の食品の劣化率は0.5*0.5=0.25になる。

DurableMaintainance(道具の劣化を調整する)

https://github.com/OceanManFR/DurableMaintainance
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
1回の使用ごとに劣化する砥石や銃のクリーニングキットの劣化度を、1%~10%に設定できるようになる。(標準は5%)

RememberBreakDownItem(オブジェクトの破壊に使うアイテムを記憶)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/RememberBreakDownItem
オブジェクトを破壊するために最後に使用したツールを記憶します。
したがって、同じタイプのオブジェクト(カーテン、枝、木箱など)を破壊する場合、毎回ナイフから素手に切り替える必要はありません。
破壊ツール選択パネルでは、AキーとDキーを使用してツールを切り替え、スペースキーでアイテムの分解を開始することもできます。

KeroseneLampTweaks(風防付きランプを改善)

https://github.com/Xpazeman/tld-kerosene-lamp-tweaks
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
手持ち時/設置時それぞれの燃料消費率を標準に比べて0~200%まで変更できる。
明かりの届く範囲や色、ランプの音も調整可能。
EscメニューからMODを詳細設定できる。

その他

FoxCompanion (キツネをペットにする)

https://github.com/DigitalzombieTLD/FoxCompanion
※このModを使用するには、別途 ModSettings.dll が必要です。
自分についてくる白いキツネを飼うことができます。待機させたり、対象を追跡させる事もできます。
このキツネは死ぬことはありません。

※現在正式版ではないのでうまく動作しない事もあります。

参考動画

使い方

  • キツネはゲーム開始後、または新しいシーンに移行した3秒後に自動的にスポーンします(たとえば、屋内/屋外に入る)。
  • オプション(コントロールなど)は、メインメニュー->オプション-> ModSettings-> Fox設定の下にあるModSettingsメニューでカスタマイズできます。
    • MODのキー割り当てがゲームの他のキーと重複していないか注意
  • キーボードの「Teleport」キーを押してフォックスを直接あなたの近くにテレポートさせます。キツネが動けなくなったり、行方不明になった場合に便利です。
  • キーボードの「Follow Player / Stop (Toggle)」キーを押して、プレイヤーに付いてくるかどうかを切り替えます
  • 「Follow Target / Goto Target」キーを押して、ターゲットを追跡/攻撃するように命令します。キーを押し続けるとカーソルが表示され、離すとキツネに命令します。
    ※ウサギを攻撃させる命令は、地域によって正常に働かない場合があります。

Developer-Console(開発者用コンソール)

https://github.com/FINDarkside/TLD-Developer-Console
開発者用のコンソールを表示させる。
コマンドの使用方法を間違ってゲームが異常な状態になっても自己責任で納得できる人だけ利用して下さい。

  • F1キーでコンソールウィンドウを開きます。
  • helpと入力してEnterキーを押すと使用できるコマンドを一覧できます。
  • Tabキーでコマンドや一部の引数をオートコンプリートします。

コマンドについて

-閉じる
コマンドの一覧
コマンドの構文(カッコは要りません)…… コマンド名((スペース)引数((スペースまたはカンマ)引数2))(Enterで実行)

▽コマンドのサンプル


  • set_weather weatherName
  • ex. set_weather clear
    • weatherName
      • clear
      • clear_aurora
      • dense_fog
      • light_fog
      • light_snow
      • heavy_snow
      • blizzard
      • partly_cloudy
      • cloudy

  • lock_weather weatherName

  • lock_weather_instant weatherName

  • set_wind windName, windDir
  • ex.1. set_wind windy s
  • ex.2. set_wind windy,s
    • windName
      • calm
      • slightly_windy
      • windy
      • very_windy
    • windDir
      • n
      • s
      • w
      • e
      • nw
      • ne
      • sw
      • se

アイテム名の一覧

==============================

MODのインストール手順(旧バージョン用……v1.56対応)

v1.56用の解説を表示する

※この手順より先に、ゲームバージョンをタイムカプセルでv1.56にして起動確認をしておいて下さい!

まずModLoaderInstallerでMODを使えるようにして、ModInstallerで各種のMODを自動インストールする(または手動でインストールする)。
手順は以下の通り。
注意!MODのインストール・アンインストールなどの操作は、全てゲームを起動していない状態で行って下さい。

ModLoaderInstaller

ダウンロード:https://github.com/zeobviouslyfakeacc/ModLoaderInstaller/releases/
確認バージョン:1.5.1、対応ゲームバージョンv1.56
ゲームでMODを使えるように変更する為のパッチ、MODローダーをインストールする。
これを使う事で、ゲームに何種類ものMODを読み込めるようになる。これが無いとMODが動作できない、基本ソフト。
簡単に標準状態に戻すこともできるので安心。

  1. 上記リンクから最新バージョンをダウンロードします。(Windows 64bitならModLoaderInstaller-Windows-x64.zip)
  2. ダウンロードしたZIPを解凍。
  3. 解凍されたModLoaderInstallerの中のModLoaderInstaller.exeを実行。
  4. 「TLD Mod Loader Installer」ウィンドウが出てきたら、「Path to 'tld.exe'」欄の「Select」ボタンを押して、ゲームフォルダ内のtld.exeを「開く」。
    (例: C:\steam\steamapps\common\TheLongDark\tld.exe)
  5. 「File Status」欄の状態が「Valid, unpatched」なら未パッチの状態。「Valid, outdated」ならパッチ済の状態(MOD使用可能)。
  6. 未パッチの状態なら「Patch」ボタンでパッチ済みにできる。パッチ済みの状態なら「Unpatch」ボタンで未パッチ状態(ゲーム標準の状態)に戻せる。
  7. ボタンを押した後、左下のステータスに「Done!」と表示されれば成功。

ModInstaller

ダウンロード:https://github.com/WulfMarius/Mod-Installer/releases/
確認バージョン:0.7.3、対応ゲームバージョン(v1.56で動作確認)
多数のMODを簡単にダウンロード、インストール/アンインストールしたり管理したりできる。
MODを手動で探してインストールするような面倒を解消する為のソフト。

  • 手順
  1. 上記リンクから最新バージョンをダウンロードします。(mod-installer-0.7.3.jar)
  2. ダウンロードした.jarファイルをゲーム本体(tld.exe)の入っているフォルダに移動します。
    (例: \steam\steamapps\common\TheLongDark)
  3. ダウンロードした.jarファイルをダブルクリックして実行します。
    1. Javaの実行の為にはJRE(Javaのランタイム)が必要になります。インストールしていない人は事前に[リンク]から自分の環境に合ったJREをインストールして下さい。
      OSがWindows 64bit版なら、Download MSI(インストーラー版)をダウンロードして実行します。
  4. JREがインストールされていれば「TLD Mod-installer」のウィンドウが表示されます。
  5. 「Refresh Sources」ボタンを押して、Modの一覧表を更新します。

各MODのインストール手順

  1. Modの一覧表から1つのModを選びクリックして、右下の「Install」ボタンを押すとダウンロードとインストールが自動で実行される。
    インストール済みの場合は「Uninstall」ボタンが表示されてアンインストールできる。
    1. Modを選択すると画面右側に機能の概要が表示されるが、そこに「Requires」という欄がある場合は、選んだModを使うために必須となる「前提Mod」名が表示されていて、それも同時に自動的にインストールされる。
    2. 「Required By」という欄がある場合は、選んだMod自身の種類が前提Modであり、その欄に表示されているModに必須とされているという事。
      前提Modが他のModに必要とされている間はアンインストールする事ができないようにロックされる。(鍵のアイコンが表示される)

よく使われる前提MOD

他のModが動作する為に前提として必要になる、ベースとなるMod。
単体では意味がないが、よく他のModに必要とされるのでModInstallerによって自動的に一緒にインストールされる事がある。
下記に個別のリンクも載せているが、ModInstaller(TLD Mod-installer)からインストールするのが簡単。

ModInstallerを使わず手動インストールするには?また、Modの説明書はどこにある?

MODを手動でインストールする場合は各MODを配布しているページからダウンロードします。
ゲーム本体の入っているTheLongDarkフォルダの中に「mods」フォルダーを作って、そこに入れる必要があります。
ダウンロードしたのがZIPなら、中身をmodsに解凍します。ダウンロードしたのがZIPでないなら、そのままmodsに移動。
アンインストールしたい時はダウンロードしたファイルやフォルダを全てmodsフォルダから削除します。

  • ダウンロードや使い方ついて
    • ModはGithubというサイトで配布されています。
    • ModInstallerやMod紹介ページから、各ModのGithubのページに移動したら、ページの上の方に作者名とMod名が書かれたリンクがあります。
    • Mod名のリンクをクリックするとそのModの最初のページが表示され、Modの説明書が表示されます(READMEがあれば)のでよく読みましょう。
    • そこでページの右側にAbout、releasesなどが並んでいます。荷札アイコンの付いたreleasesを選ぶとダウンロードできるページへ行きます。
    • ダウンロードするのは.dllか.zip、.json等です。ソースコード(Source code)は不要です。

MODの紹介(旧バージョン)

各MODは、ゲーム本体のバージョンが上がると使えなくなったり、エラーや不具合が発生する事があるので注意する事。
MODのダウンロードページやModInstallerでの「Release Date」(リリース日)がゲーム本体のバージョンアップ日以降ならば多分安全だが、そうでない場合は判断が難しい。

参考として、MODを紹介・動作の確認をしているサイトを紹介する。

以下に、いくつかのMODを抜粋して紹介します。ここに載ってないMODは上記サイトで確認して下さい。

表示

AmbientLights (環境光の改善)

https://github.com/Xpazeman/tld-ambient-lights
前提MOD:ModSettings
昼間でも暗くて見づらい屋内を、もっと明るくする為の環境光修正MOD。EscメニューのMODメニューから微調整可能。プリセットも有。

窓のある屋内のデフォルトのライティングを変更して、昼間は光源がなくてもいいように明るくし、外で起こっていること(時刻、天気、太陽の位置)をより室内の明るさに反映することを目的としています。
単に環境光の修正であり、「実際の」ライトではないため、夜間に作業を行うには標準のゲームと同じように光源(火やオーロラ電灯)が必要です。

(詳細)

  • 主な特徴
    • 照明の強度(光の明るさ)、範囲(光の到達範囲)、色は、外で何が起こっているかに応じて変化します。
    • 快晴か薄曇りの天気は暖色になります。霧の多い天気は緑がかっており、ブリザードはより濃い青で、どんよりした天気はより灰色がかっています。
    • デフォルトでほとんどのインテリアを明るくします。
    • ゲームの途中でもデフォルトの強度と範囲を変更するModオプション。
    • 夜をベースゲームと同じくらい暗くするか、MODのデフォルトよりも明るくするオプション。
    • 窓の向き。たとえば、夜明けの天気が良い場合、場所の東側は西側よりも明るく、暖色になります。
    • ウィンドウパネル、アンビエントライト、フィルライト、ライトシャフトは、アンビエントライトマネージャーによって制御されるため、シーン内のすべての光源は、天候と太陽の位置の影響を受けます。
    • 実験的機能:窓のライトに影を落とします。それはまだ基本的なものであり、ゲームのパフォーマンスが向上する可能性がありますが、970 gtxでは、すべてが最大になり、トグルがオンになった状態で約60 FPSになります。
    • ライトシャフトは、外の環境をよりよく反映するために、常に輝くのではなく、快晴と薄曇りを除いて、すべての天候タイプでフェードアウトします。
    • すべてが機能しているかどうかを確認し、照明設定を変更するプロセスを簡単にするためのオプションのデバッグキー(デフォルトでは無効)。
  • 既知の問題点
    • 洞窟などの自然な屋内はまだマッピングされていません。
    • ライトシャフトの調整は、すべての屋内で機能するわけではありません。
    • 一部の屋内は、通常のデフォルトの環境光よりも明るい場合があります。
    • 夜間の明るさを上げた夜への移行は、瞬時であり段階的ではありません。

HouseLights(室内電灯をスイッチでオンオフできる)

https://github.com/Xpazeman/tld-house-lights
前提MOD:ModSettings
壁のスイッチで明かりを点灯できる。
EscメニューからMODを詳細設定できる。

Better-Night-Sky (夜空の改善)

https://github.com/WulfMarius/Better-Night-Sky
夜間のデフォルトの星と月を、より鮮明で詳細で自然な表現に置き換えます。

DisableBreathEffect (息のエフェクトを無効化)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/DisableBreathEffect
寒さによって画面に白い息のエフェクトが表示されるのを無効にして画面が見やすくする。

Disable-Camera-Sway (カメラの揺れを無効化)

https://github.com/WulfMarius/Disable-Camera-Sway
ゲーム中、視点を動かしていない時でも画面がわずかに揺れるエフェクトを無効にする。

システム

Developer-Console(コンソール)

https://github.com/FINDarkside/TLD-Developer-Console
コンソールを表示させる。コマンド入力でゲーム内の数値や状態などを操作可能。
コンソールチートも存在しており、「無敵化」「野生動物から攻撃されない」「noclipモード」「ランプの燃料無限化」等のチートが使用できる。
ほか、天候や風の変更、野生動物をスポーンさせるなどのコマンドも使用可能。
詳細はゲーム内のhelpで表示されるコマンドリストを参照。

  • F1キーでコンソールを開きます。
  • helpと入力してコマンドをリストします。
  • Tabキーでオートコンプリートします。

コマンド

コマンド(スペース)引数(スペースまたはカンマ)引数2


  • set_weather weatherName
  • ex. set_weather clear
    • weatherName
      • clear
      • clear_aurora
      • dense_fog
      • light_fog
      • light_snow
      • heavy_snow
      • blizzard
      • partly_cloudy
      • cloudy

  • lock_weather weatherName

  • lock_weather_instant weatherName

  • set_wind windName, windDir
  • ex.1. set_wind windy s
  • ex.2. set_wind windy,s
    • windName
      • calm
      • slightly_windy
      • windy
      • very_windy
    • windDir
      • n
      • s
      • w
      • e
      • nw
      • ne
      • sw
      • se

Better-Placing (アイテム配置改善)

https://github.com/WulfMarius/Better-Placing
右クリックでアイテムを置く時の柔軟性が向上。イスなどの特定の種類の家具を移動することもできる。
アイテム同士を積み重ねる時にも役立つ。

  • マウスホイールでアイテムを回転させます。(押しShift続けると、きめの細かい回転制御ができます。)
  • Rを押して、下のアイテムと回転を一致させます。
  • Pを長押しして、アイテムを下のアイテムの中央に配置します。
  • Lを押し続けると、最後の有効な場所にアイテムが配置されます。

PlacingAnywhere (アイテム配置改善)

https://github.com/Xpazeman/tld-placing-anywhere

アイテムを配置するときに制限を解除し、オブジェクトを回転および配置するためのコントロールを追加する。
Better PLacingと互換性がありますが、スタンドアロンとしても機能します。
20190706025436_1s.jpgアイテムを壁に配置できる。

操作

  • アイテムを配置するときにマウスホイールを使用すると、オブジェクトをY軸で回転できます。(横回転)
  • 左Altキーを押したままマウスを動かすと、X軸とZ軸でオブジェクトを回転できます。(縦回転)
  • オブジェクトが表面より沈んでいる場合、Zキーを押したままにすると、カーソルの下にあるものに適合します。
  • ピリオドキーは、オブジェクトをY軸で45度回転させます。
  • コンマキーを使用すると、オブジェクトがX軸で45度回転します(たとえば、本を垂直に立てるのに便利です)。

既知の問題点

  • このmodをインストールすると、下のオブジェクトと回転を一致させるBetter Placingの機能(Rキー)が無効になります。Zキーを押していない場合、位置を一致させる(Pキー)が機能します。

Disable-Cabin-Fever(キャビンフィーバー無効化)

https://github.com/WulfMarius/Disable-Cabin-Fever
閉所性発熱(キャビンフィーバー)が発生しないようになる。
インストールすれば既存のセーブデータでプレイする場合にも適用される。

EnableFeatProgressInCustomMode(カスタム難易度でもバッジを取得可能)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/EnableFeatProgressInCustomMode
カスタム難易度でもFeats(バッジ実績、「寒さとの融合」など)のカウントが進むようになる。
※チートのようにも思えるが、カスタム難易度はほとんどの場合は放浪者(Easy)よりも難しくなるので、カウントが無効になるのはほとんど意味がない。

EnableStatusBarPercentages(ステータスをパーセント表記する)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/EnableStatusBarPercentages
ステータス画面で、寒さ・疲労・渇き・飢え・体調のゲージにパーセント表記を追加する。

Free-Look-In-Cars(車内で後ろを振り返る)

https://github.com/WulfMarius/Free-Look-In-Cars
ゲーム標準では車内では振り返ることができないのを改善する。

Home-Improvement(家をきれいに改善、たき火跡の消去)

https://github.com/WulfMarius/Home-Improvement
前提MOD:AssetLoader、ModComponent
修理と清掃を行って家を改善します。

  • 食器棚や引き出しの扉を修理して、通常通り収納可能にする。
  • 紙くずのほとんどを消す。
  • 屋外・屋内の死体を片付ける事ができる。(「配置」アクション時)
  • いつまでもマップに残り続けるたき火跡を消去できる。(木炭を回収する時)

注意 アイテムの増殖、消滅の可能性あり。コメント欄参照。

RemoveClutter(多くのオブジェクトを破壊可能にする)

https://github.com/Xpazeman/tld-remove-clutter
前提MOD:ModComponent、ModSettings
設定ファイルに従って、従来より多くのオブジェクトを破壊可能にできる。(コンテナ、ベッド、オーロラで点灯するパソコンを除く)
これにより、家の中の不用品を消す事もできる。
例えばタワー型パソコンなら弓のこを使って1時間かけて1つの金属くずにできる。(設定はカスタマイズ可能
ただし、床の紙くずのように選択できないオブジェクトもある。その為、このMOD単体でも動作するが、Home-Improvementと互換性があり、併用を推奨されている。

  • Escメニューから、以下の設定が可能。
    設定は建物の出入りなどによってシーンがロードされるまでは有効にされない。
    • Tools Not Required:このModの対象オブジェクトは道具不要で破壊できる。ON/OFF
    • Fast Breakdown:このModの対象オブジェクトは全て1分で破壊できる。ON/OFF
    • No Objects Yield:Modでオブジェクトを破壊しても何も入手できない。(金属くずなど)ON/OFF

HungerRevamped(飢えのシステムを変更)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/HungerRevamped
空腹カロリーと保存カロリー(体脂肪)を分離することにより、飢餓システムを改善します。
通常は「侵入者」難易度であってもほぼ空腹で過ごしておいて寝る前に600カロリーだけ食べて寝れば体調を回復できるというシステムなので、飢えのパラメーターがほぼ無意味なものになっているのが、このMODによってより難易度が向上します。

Lonely-Orca(岬にシャチを追加)

https://github.com/WulfMarius/Lonely-Orca
荒れ果てた岬の海にシャチが泳ぐようになる。
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=cW7O7TqkN2g

Mouse Mod(マウスの動きを調整)

https://github.com/MikeyPdog/TLD-MouseMod/

  • マウスの加速をオン/オフ
  • マウスのアクセラレーションのしきい値を変更
  • マウスのスムージングをオン/オフ
    設定を変更するには、modsフォルダーにコピーしたMouseMod.txtの値を調整します。

Preselect-Struggle-Weapon(オオカミとの格闘に使う武器を事前に選択)

https://github.com/WulfMarius/Preselect-Struggle-Weapon
あらかじめアイテム欄で武器を選択し、武器として指定しておく(「ラジアルに追加」と同じように)
格闘になったら事前に指定された武器が自動で使われる。
事前の指定が無ければ通常の格闘と同じように武器選択肢が表示される。

RememberBreakDownItem(オブジェクトの破壊に使うアイテムを記憶)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/RememberBreakDownItem
オブジェクトを破壊するために最後に使用したツールを記憶します。
したがって、同じタイプのオブジェクト(カーテン、枝、木箱など)を破壊する場合、毎回ナイフから素手に切り替える必要はありません。

ShorterReadingIntervals(読書の調整)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/ShorterReadingIntervals
前提MOD:ModSettings
通常は1時間単位でしか読書できず、途中で中断した場合は進捗が保存されないが、それを改善するMOD。
より短い時間単位で読書可能にし、中断した場合も引き続きカウントされるようにできる。
EscメニューからMODを詳細設定できる。

Show-Map-Location(マップに現在位置を表示)

https://github.com/WulfMarius/Show-Map-Location

Sort-Fire-Starters(着火スターターの並び順を変更)

https://github.com/WulfMarius/Sort-Fire-Starters
火を起こす時のスターターの並び順を変更する。
元の並べ替え順序は厳密に名前によるもので、使用できないアイテムを使用可能なアイテムの前に置くことがあります(例:日光がないのに「マッチ」の前に「虫眼鏡」が並ぶなど)
このMODでは、最初に燃えているアイテム(たいまつ、フレア)、次に「通常の」スターター(マッチ、ファイヤースチール)、次に日光が必要なアイテム(虫眼鏡)を配置します。
各カテゴリは、点火確率(確率の高い順)、次に名前でソートされます。

WildlifeBegone(動物の減少)

https://github.com/zeobviouslyfakeacc/WildlifeBegone
野生動物が大幅に減少し、そのスポーン間隔も大幅に伸びる。

MapMakerTools(マップ作者用MOD)

https://github.com/WulfMarius/Map-Maker-Tools
DeveloperConsoleにコマンドを追加する。
非常に高いLODバイアスとベースマップ距離および最小のピクセルエラーを強制することにより最も正確な地形レンダリングを生成する、など。

アイテム

Wooden statuettes(彫刻クラフト)

https://github.com/nbakulev/Woodenstatuettes
前提MOD:ModComponent
クマやシカなど、小さな木彫りの像を5種類クラフトできるようになる。
役には立たないが、拠点の飾りとして。

Better-Stacking (スタック改善)

https://github.com/WulfMarius/Better-Stacking
どのアイテムがスタックされるようになるかを変更して、アイテム欄が使いやすく、見やすくなる。
例えばマッチはバージョンアップに伴い品質が劣化しなくなったのに、今でも入手時に品質がバラバラなのでインベントリがマッチで溢れてしまうのを防げる。
また、フレアなどの品質が一致していてもスタックされないようなアイテムもスタックされるようになる。

  • 品質が一致する時にスタックされるアイテムの種類が増える。(フレアやナイフなど)
  • 品質が一致せずともスタックされるアイテムもある。(マッチなど)

注意:このMODによってスタックされたアイテムが残っている状態でこのMODをアンインストールすると、ゲームのロード後にスタックサイズが1にリセットされてアイテムが失われます
これは、インベントリ内のすべてのアイテムとすべてのコンテナ(食器棚、トランクなど)に適用されます。
床にアイテムをドロップするなどして、このMODによってスタックされたアイテムが無いようにしてからアンインストールして下さい。

Binoculars (双眼鏡)

https://github.com/WulfMarius/Binoculars
前提MOD:AssetLoader、ModComponent
推奨MOD:DeveloperConsole
ゲームアイテムに双眼鏡を追加する。
金庫で発見可能になるが、出現率は低い。狩猟小屋では必ず出現。沿岸のハイウェイ、シンリンオオカミの山、プレザント・バレーでは出現確率が高い。
サンドボックスで既に金庫を全て探索済みの場合は入手不可能だが、別途コンソールMOD DeveloperConsoleをインストールして入手する事ができる。(add binoculars)

Clothing-Pack(衣料品アイテムの追加)

https://github.com/WulfMarius/Clothing-Pack
前提MOD:AssetLoader、ModComponent
推奨MOD:DeveloperConsole
衣料品を3つ追加する(工事用ヘルメット、スキーゴーグル、スキーマスク)
新しい衣料品は様々なルートテーブルに追加されているので、コンテナ(タンスや引き出しなど)で発見可能。
サンドボックスで既にコンテナを全て探索済みの場合は入手不可能だが、別途コンソールMOD DeveloperConsoleをインストールして直接入手する事ができる。add [clothing item name]

Food-Pack(食料品アイテムの追加)

https://github.com/WulfMarius/Food-Pack
前提MOD:AssetLoader、ModComponent
推奨MOD:DeveloperConsole
新しい食品や飲料品はコンテナ(食器棚や冷蔵庫など)で発見可能。
また、様々な場所に追加で配置されている。固定スポーン&ランダムスポーン。
コンソールMOD DeveloperConsoleを使えばアイテムを直接入手できる。

Durable-Whetstone(砥石の耐久性向上)

https://github.com/WulfMarius/Durable-Whetstone
砥石が長持ちするようになる。1回の使用で品質-1%。

GearDecayModifier(アイテムの劣化を調整する)

https://github.com/Xpazeman/tld-gear-decay-modifier
時間の経過とともに劣化するアイテム(食品、衣料品など)や、使用するごとに劣化するアイテム(道具など)の劣化度を調整する。
Escキーのオプションから詳細設定可能。
食料品では、調理済み/未調理の肉や、開封済み/未開封の包装食品の劣化率を調整できる。

また、プレイヤーが発見する前のアイテムの劣化率も設定可能。
(長期間生存してから初めてコンテナを開けたら発見した食品や衣料品が腐っていた……等を予防できる)
これは他の設定と階層化されるので、例えば食品の劣化率を0.5にして発見前の劣化率を0.5にすると、未発見の食品の劣化率は0.5*0.5=0.25になる。

KeroseneLampTweaks(風防付きランプを改善)

https://github.com/Xpazeman/tld-kerosene-lamp-tweaks
前提MOD:ModSettings
手持ち時/設置時それぞれの燃料消費率を0~200%まで変更できる。
明かりの範囲や色も調整可能。
EscメニューからMODを詳細設定できる。

Instrument-Pack(演奏可能なギターとハーモニカ)

前提MOD:ModComponent、ModSettings、NAudio-Unity
アイテムとして演奏可能なギターとハーモニカを追加します。
ゲーム中で発見して入手するか、コンソールMODのコマンドで即座に入手します(add guitarとadd harmonica)。
演奏にはスキルレベルがあり、低スキルのうちは演奏に失敗したりします。スキルは演奏により上昇します。
Modには音楽ファイルが含まれていますが、mp3ファイルを追加することにより独自の音楽を再生できます。(フォルダはTheLongDark/mods/Instrument-Pack-Songs)
このMODの詳細な説明はダウンロード先のGithubのWikiにあります。
注意:リボルバーアップデート前のMODのせいか、日記のスキル画面の一覧でリボルバースキルが2行に増殖し、その下のギターとハーモニカの演奏スキルの行が画面からはみ出すバグがあります。
実害は無いかもしれませんが、このMOD導入後・解除後にリボルバースキルが正常に働く保証はありません。

Mikes Mini Mods(ミニMod集)by MikeyPdog

https://github.com/MikeyPdog/TLD-Minimods/
上記URLで複数のMODが配布されていて、個別にインストール可能。
前提MODが必要になる場合もあるので、インストーラーから導入するか、手動インストールするなら個別に注意する事。

ConsumeTorchOnFirestart(たいまつの変更)

たいまつでたき火を起こす時に、通常は火起こし後でもたいまつは燃え続けている所を、
このMODによって火起こし後には使用したたいまつが消滅するようになる。
たいまつの消費量が増えて難易度が向上する。

Tinder Matters(火口の変更)

火口の種類によって点火確率が異なるようになる。
また、点火スキルLv3以降で火口無しの場合は、点火確率が低くなる。

  • 火口による点火確率の補正
    • ガマの穂: -5%
    • 火口の束 : -3%
    • シラカバの樹皮: 0%
    • 札束 : +2%
    • 新聞用紙: +2%
    • 紙の束: +2%
    • 新聞紙のロール: +5%
    • 火口なし(Lv3以降): -7%

Faster Searching(コンテナ探索時間の変更)

食器棚のようなコンテナを素早く調査できる。通常の長押し2秒→0.6秒。
空っぽのコンテナは即座に完了する。(棚が空っぽだと気づくのに2秒もかかるのはおかしいとの事)

  • 注意:現在(2019年5月29日)、空っぽでないコンテナも即座に調査される。
  • 注意:ストーリーモードのEP1やEP2の隠し貯蔵庫を発見するサイドクエストで、開封フラグが立ちません。
    対策としては、貯蔵庫を連打するか、一度開封した貯蔵庫を再度開封してインベントリ画面になったら、Escキーでプレイに戻った時にすぐ貯蔵庫を再クリックします。
    もしくは、MODを一旦外して貯蔵庫を再度開封します。

Archery Target Practice(弓矢の練習)

プレザント・バレーの農家にある的を射って弓矢(アーチェリー)スキルを上げられるようになる。
※スキルレベル1~2の時だけ。

TheLongDark Game Tweaks(ゲームを調整するMod集)by AlexTheRegent

https://github.com/AlexTheRegent/tld-GameTweaks
上記URLで複数のMODが配布されていて、個別にインストール可能。
前提MODが必要になる場合もあるので、インストーラーから導入するか、手動インストールするなら個別に注意する事。

DetectionRange(動物の探知範囲変更)

各動物の探知距離を変更する。
EscメニューからMODを詳細設定できる。

SkipIntroRedux(ゲームのイントロをスキップ)

ゲームのイントロと免責事項の画面をスキップする。
SkipIntroRedux.xmlでmodを構成できます。

FasterActionRedux(全てのアクションをより速くほぼ瞬時に行う)

※現実での時間が短縮されるだけで、ゲーム内で経過する時間が変わる訳ではありません。

注意!長時間の睡眠時など、実際の時間経過が変わるかもしれません。(明け方に10時間眠っても起きたらまだ昼前など)

注意!通常は非常に長い時間のかかるアクション(クマから全ての肉を取るなど)を選ぶと、一瞬で死亡する場合があるのに注意して下さい!
例えば上記のクマの場合、通常は途中でEscキーでキャンセルする事ができます。
このため、通常はクマ肉の剥ぎ取り中に吹雪になって焚火も消え体温が急激に下がった時などにキャンセルできますが、
このMODを有効にしている場合は即座に全時間が経過していて冷え切って死んでしまいます。

MapTweaks(マッピングの調整)

2つの機能があります。オプションで調整可能。両方ともデフォルトではOFFになっています。

  • 地図にマッピングされる範囲の変更
    • オプションでON/OFF、範囲(1~10000m。デフォルト150。)を変更可能。
  • 木炭が不要な自動マッピング機能。
    • オプションでON/OFF、自動マッピングの間隔(1~300分)を変更可能。

注意:自動マッピング機能について問題があります。OFFを推奨。
ゲームはマッピングしたすべての位置のリストを保存して、そしてレベルを読み込むたびに(エリア移動するなどして地形を読み込む度に)マップテクスチャを再作成します。
MODを長期間インストールしている場合、(マッピングした位置の数が膨大になり)保存ファイルが大きくなり、シーンの移行を行うたびにゲームの速度が低下します。

StruggleTweaks(格闘の調整)

オオカミとの格闘後にオオカミが即死する確率や出血時間の変更ができます。
また、マウスを保護する為にボタンクリック時の威力を変更できます。

TimeAccelerator(処理の加速)

ゲーム内の全ての処理を速くします。早く移動する為など。
ショートカットキー(変更可能)を押している間に処理が加速する。
加速の設定は1~10倍まで可能だが、実際の速度はCPU等のPCスペックにより上限があると思われる。

TimeAccelerator.xmlでmodを構成できます。
(ModSettingsがあればメニューから設定可能)

TweakRabbits(ウサギ狩りの調整)

ウサギに小石をぶつけた時の気絶時間を変更したり、即死させたりできます。
TweakRabbits.xmlでmodを構成できます。

WeaponCrosshair(武器のクロスヘアを表示)

石、弓、ライフルでズームするときに十字線を表示します。
WeaponCrosshair.xmlでmodを構成できます。

==============================

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 色々どころか全て使えなくなりましたね。v1.60以降は今までと違うバックエンドを使うようになったとのことで、MODローダーを作るのが非常に難しくなったようです。MODを使うにはv1.56からアップデートしないか、もしくはv1.56を再インストールするしか無いと書いてあります。 -- 2019-10-23 (水) 14:43:03
  • 1.56Verの再インストールをしたいのですがSTEAMで古いバージョンのダウンロードって可能なのですか? -- 2019-10-23 (水) 14:52:42
    • ModLoaderInstallerのリンク先のModding for 1.60 (Crossroads Elegy)のところにやり方が書いてあります -- 2019-10-23 (水) 14:55:18
      • ありがとうございます。早速やってみてコンソール上でエラーは出ないのですがダウンロードが中々始まりません。もうしばらく待ってみようと思います -- 2019-10-23 (水) 15:05:45
    • このサイトにも手順が載ってるので参考にしてみてはいかがでしょうか→ http://k0ta0uchi.hatenablog.com/entry/2017/03/24/190531 -- 2019-10-24 (木) 17:38:53
  • 1.56Verの再インストールをしたいのですがSTEAMで古いバージョンのダウンロードって可能なのですか? -- 2019-10-23 (水) 14:52:42
  • 最新版でMOD使えないならTOPに明記しといてほしかった… -- 2019-10-27 (日) 13:30:16
  • 公式でMODサポートしないのかスレッド調べてみたら、Hinterland公式でMODのサポート準備ができたら実装する予定と言ってますね。いつになるかはわかりませんがそのうちSteamワークショップでMOD追加ができるようになるのだろうか -- 2019-11-12 (火) 12:46:20
    • 編集用掲示板にリンク張ってあるやつでしょ?全然期待できないと思う、少なくともEP5配信終わってから、おそらく永遠に搭載されない。「MODは俺たちの用意ができたら俺たち自身で用意する」って、いつもみたいな煽り口調だったし。 -- 2019-11-12 (火) 19:04:28
  • 1.56Verの再インストール応答しません -- 2019-12-28 (土) 09:58:36
    • すいません、動きました -- 2019-12-28 (土) 10:18:50
  • RemoveClutterが最新のバージョンで対応してるみたいだけど使えない…? -- 2020-07-10 (金) 08:57:37
    • ModSettings入れて、使い方の説明書読んだ? -- 2020-07-10 (金) 10:44:50
      • Modsettings入れてるし説明も読んだけど理解(翻訳)できてないだけなのかな ゲームのModsttingsにRemoveClutterの項目はあるんだけど何も破壊できない -- 2020-07-10 (金) 17:38:21
      • インストールしてみたけど使えたよ。まず、インストール時にModsフォルダ内にダウンロードしたZipの中身を、remove-clutterフォルダとdllファイルを両方入れたか -- 2020-07-10 (金) 17:55:00
      • 次に、Modを入れて起動した後、破壊できないっていうのはどのレベルでの話なのか?Modに「破壊可能」として認識されているものしか分解できないけど。 -- 2020-07-10 (金) 17:57:17
      • たとえば「イス」などは通常ゲームでも破壊できるのでModは関わらない。通常は破壊できない「カレンダー」や「Rug(床マット)」や「植木鉢」などがModが有効なら分解コマンドが出るはず。 -- 2020-07-10 (金) 18:03:23
      • あとModSettingsでModのオプション(はい、いいえ)を切り替えたら、次のシーンロードの時に適用されるらしいので、一度外に出て家に入り直さないといけない。 -- 2020-07-10 (金) 18:19:23
    • ゲームのオプションのModsttingsにRemoveClutterの項目があって何も破壊できないなら、設定ファイルが入っているフォルダ(remove-clutterフォルダ)を入れてないんじゃない? -- 2020-07-10 (金) 18:13:17
    • 色々な助言ありがとうございます。無事解決しました Modsに入れるフォルダを間違えていたという単純なミスです すみません -- 2020-07-10 (金) 19:17:13
  • キツネにウサギを狩らせようと思ったけど追いかけるばかりで獲ってくれない等、まだ正式バージョンじゃないからバグもある。 -- 2020-07-30 (木) 17:42:27
    • ウサギ狩りは動画で紹介してるのはまだ開発段階のもので、実装してリリースするのは週末予定らしいです。 -- 2020-08-01 (土) 17:39:39
  • ポリゴンなのが残念 -- 2020-07-30 (木) 19:39:57
    • キツネの話?まあモデルが確定したらちゃんとしたテクスチャーが付くんだろうね -- 2020-07-30 (木) 20:10:02
  • 最新版のmod少ないなぁ。一からmod作ろうって人もほとんどいなくなったのか、残念だ。 -- 2020-08-30 (日) 02:48:32
    • moderにとっての仕様が変わったのか作品の旬が終わったのか…前のバージョンのほうが充実してるのがなんとも -- 2020-08-30 (日) 11:20:03
      • 両方あり得る話だな。既存のmodが一切使えなくなったんだからmodの開発環境も相当変わっただろうし、最近のアプデでは狼とのバトル物になって人も結構離れたっぽいし。 -- 2020-08-31 (月) 01:38:59
      • MelonLoaderになった時点で単純な仕様変更だと思うんですがそれは -- 2020-08-31 (月) 22:21:41
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White