KV-4 Kreslavskiy

Last-modified: 2020-11-16 (月) 22:27:44

Tier 8 ソ連 重戦車(プレミアム)

公式紹介ページ:KV-4 Kresl.

スペック

車体装甲厚(mm)180/125/90本体価格(ゴールド)11,800
最高速度(km/h)前進30マッチング範囲(戦闘Tier)8~10
後退16シルバーボーナス(%)50
隠蔽率静止時0.04経験値ボーナス(%)10
移動時0.02搭乗員経験値ボーナス(%)無し

パッケージ

KV-4 Kresl.
11,800G

詳細

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比地形抵抗旋回速度視認範囲
KV-4 Kresl.M-40107 mm ZiS-24KV-4 by KreslavskiyKV-4 by Kreslavskiy1,50010RK
1,20020180/160/100440
12.961.4/1.5/2.824360
 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
107 mm ZiS-24AP
APCR
HE
1,010
10G
650
227
289
62
320
320
420
5.311,6992.900.38
2.39
1.37
103+15
-7

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説

  • 概要
    Tier8ソ連プレミアム重戦車
    特殊塗装版であるVerzila KV-4 Kが先行して実装されている。
    M.クレスラフスキー技師が提案したKV-4の設計案である。
     
  • 火力
    砲塔に二つの砲が2つ取り付けられているが、向かって左側にある45mm砲は使用できず、当たり判定もない。
    • 107 mm ZiS-24
      KV-4の最終砲と同じ砲だが、照準拡散は若干抑えられている。
      金弾の貫通力が289mmあり、同格重戦車の中ではLöweT-34に次いで高く、格上にも正面からダメージを与えやすい。
      ただし、KV-4と比べて発射速度で劣っており、DPMは低い。
      俯角は全周で-7°取ることができ、KV-4よりも-1°優れている。
    • 体当たり
      92トンの車重に1200馬力の大出力エンジン、厚い装甲を併せ持っており、重量差の大きい相手なら体当たりも有効。
      ただし、周りの重量も増大しているため注意。
      間違ってもドイツ・日本の超重戦車群に体当たりを挑んではならない。
       
  • 装甲
    KV-4と装甲配置は異なるが、全体的に満遍なく厚めの装甲が確保されている。
    KV-4に比べて車体装甲で劣る一方、砲塔はこちらが勝っている。
    また特大内貼り装甲が装備可能。
    車体が大きく自走砲に狙われやすい上に、日本重戦車やT-49など大口径HEを撃ってくる相手もそこそこいるため、装備するのもよいだろう。
    • 車体
      多くの車輌は正面上部が硬く、下部が薄い傾向にあるが、本車は逆となっている。
      正面の丸みを帯びた車体下部は180mmあり、角度を付ければ同格の通常弾ならある程度は防いでくれる。
       
      覗視孔や機銃がある2段目が一番の弱点で、傾斜を加味しても160mm程度しかなく、同格の戦車砲でも容易に貫通可能。
      ちなみに覗視孔と機銃口は周囲と同様140mm判定で極端な弱点ではない。
       
      側面は125mm+履帯20mmでかなり分厚い。
      更に砲塔が後ろ寄りにあり、豚飯との相性はかなり良い。
      特に主砲が左寄りになっているため、車体左側面を出すようにして豚飯をすると実効400mm以上にもなりTier10車輌でも貫通は難しくなる。

      画像:車体左側面を出した豚飯時の大まかな実効装甲厚

      KV-4_K_Armor.png
      車体モデル:WOT Inspectorより

    • 砲塔
      砲塔正面のほぼ全域を覆っている防盾は230mmあり、同格のAP弾ではやや貫通が難しい。
      ただし大部分が裏の本装甲と被っておらず、砲身付近は防盾分の230mmのみであるため、同格以上の金弾や格上の通常弾には比較的簡単に抜かれやすい。
      防盾脇は180mmと比較的薄めだが範囲は狭く、狙って当てる事は難しい。
      KV-4に比べるとよそ見がやりやすい形状なのは利点と言える。
      側面はKV-4と同じく160mm。
      円錐台形のキューポラは160mmの傾斜装甲となっており、実効装甲厚は200mm程度。
    • 天板
      カタログ数値に表れない長所として、天板の厚さがある。車体、砲塔ともに50mmあり、同格重戦車の中ではO-Hoに次いで厚い。
       
    • 耐久力
      HPは1,500とTier8重戦車としては低い部類であり、耐久の優れたKV-4KV-5との相違点である。
      前述のDPMの低さと相まって、ダメージレースには弱い。
       
  • 機動性
    100t近い超重戦車としては比較的良好な機動力をもっている。
    KV-4と比較すると、出力重量比は車重が軽くなっている分上がっている。
    地形抵抗がやや悪化しているが、戦友、オフロード走行、クラッチの名手といったスキルで履帯性能を上げれば、出力重量比の恩恵を受けやすくなる。
    また、旋回速度もあちらよりも少し優れている。
    ちなみに、後退速度が16km/hと重戦車としては速め。
     
  • 偵察性能
    視界は360mとKV-4よりも10m優れているが狭いことに変わりなく、基本的に孤立=撃破と考えておこう。
    無線範囲も440mしかなく、Tier8車輌としてはかなり短い。
    幸い、遠距離狙撃や先行偵察をする車輌ではないため深刻な問題にはならないが、マップの逆側の状況が分かりにくくなるかもしれない。
     
  • 総論
    全体的に厚いの装甲と高い貫通力を誇る金弾を持ち、重戦車としての性能は悪くない。
    また、特大内貼り装甲を装備できるため榴弾に対する耐性も高めで、盾として前線を支えるのに適している。
    DPM、視界、隠蔽率は劣悪で他の重戦車以上に孤立すると弱い。味方と共同して戦いたい。
     

Verzila KV-4 K

R128_KV4_Kreslavskiy_Hero.png

スペック

公式紹介ページ:Verzila

 
車体装甲厚(mm)180/125/90本体価格(ゴールド)14,370
最高速度(km/h)前進30マッチング範囲(戦闘Tier)8~10
後退16シルバーボーナス(%)50
隠蔽率静止時0.06経験値ボーナス(%)10
移動時0.04搭乗員経験値ボーナス(%)無し

パッケージ

Verzila
14,370G

詳細

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比地形抵抗旋回速度視認範囲
VerzilaM-40107 mm ZiS-24KV-4 by KreslavskiyKV-4 by Kreslavskiy1,50010RK
1,20020180/160/100440
12.961.4/1.5/2.824360

解説

KV-4 Kresl.の特殊塗装版。
塗装は迷彩扱いで隠蔽率が上昇している。

 

Verzilaとはロシア語で大男を意味する言葉で、キリル文字に直すとВерзилаとなる。

史実

M.I. クレスラフスキーによる計画案です。二次大戦の開戦に伴い、試作車輌の製造には至らず、設計案のみが残されています。

 

ちなみに、本車の他にもKV-4には様々な設計案があったようで、中には砲塔が平行四辺形という奇特な形をしたものもありました。
http://ftr.wot-news.com/2013/09/26/kv-4-design-proposals/

コメント

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 車体中央のエンジンモジュールがデカイのと。側面が無印に比べてやや薄いので、豚飯の際には注意するべきか。 -- 2018-04-06 (金) 09:59:59
  • 景品で貰ったが、あんま見かけないんで 売ったが良いかな? -- 2020-11-14 (土) 16:35:38
    • 使ってみれば結構強いし、売っぱらうのは勿体ない。 -- 2020-11-16 (月) 17:14:13
      • 了解 左豚狙撃で使ってみる -- 2020-11-16 (月) 22:27:44
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White