LHMTV

Last-modified: 2020-08-09 (日) 08:39:59

GB102_LHMTV.png
英国式AMX 13といった外観が特徴的。
その見た目のとおり、揺動式砲塔である。

 

Tier 8 イギリス 軽戦車

公式紹介ページ

スペック

車体装甲厚(mm)30/20/15本体価格(シルバー)2,520,000
最高速度(km/h)前進63マッチング範囲(戦闘Tier)8~10
後退23派生元車輌Setter
隠蔽率静止時0.34
移動時0.34

パッケージ

GSOR
E:164,900
S:3,500,000
LHMTV
E:95,600
S:2,520,000
LHMTV MK II
E:32,200
S:?
LHMTV MK III
E:70,400
S:?

E:必要経験値
S:購入シルバー

詳細

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比地形抵抗旋回速度視認範囲
LHMTVJaguar J.6075mm HV L40LHMTV Mk.ILHMTV Mk.I1,000C.13/B.47
13540 / [35.56]50/20/15600
31.400.8/0.9/1.640370
LHMTV MK IIRolls Royse FB6075mm HV L40LHMTV Mk.IILHMTV Mk.I1,000WS No. 22L
15042 / [38.61]50/20/15700
32.990.7/0.8/1.442370
LHMTV MK IIIRolls Royse FB6085mm HV L40LHMTV Mk.IILHMTV Mk.II1,050WS No. 22L
15042 / [36.56]60/25/20700
31.240.7/0.8/1.442380

※車体旋回速度の実質値は通常地形、操縦手熟練度100%で計算。スキル及び超信地旋回の可否は考慮していません。

 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
75mm HV L40AP
APCR
HE
165
8G
215
180
220
75
135
135
175
10.341,3962.300.38
?
?
50+15
-10
0.38
?
?
85mm HV L40AP
APCR
HE
560
11G
320
226
258
42
230
230
280
6.001,3802.200.37
?
?
35+15
-10

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説

  • 概要
    PS4版では2020年8月に追加されたTier8イギリス軽戦車
    1960年代中期、GSR 3301と同時期に設計された試作空挺戦車である。
    LHMTV*1とは「軽量高機動戦術車輌」の意。
     
  • 火力
    相変わらずDPMは低く、通常砲としてはダントツで同格最下位。
    俯角は-10°と良好。しかし、後部砲塔であるため斜面でのハルダウン時も車体を晒しがちなので注意。
    仰角は正面向きであれば+15°取れるが、後方を向くと+4.4°の仰角制限が掛かってしまう。
    • 75 mm HV L40
      Setterから引き継ぐ初期砲。貫通力は他国LTと比べて悪い値ではなく、総弾数やDPMもやや改善されるが、単発火力はそのままであり力不足を感じることが多くなる。
       
    • 85 mm HV L40
      最終砲。実際の口径はCenturion Iなどが装備する20ポンド砲と同じ83.4mmである。
      貫通力はCenturion Iの最終砲と同値であり、同格重戦車と比べても全く遜色ないほどに高い。また、弾速もCenturion I最終砲と同じとなっている。
      精度は比較的良いものの、拡散を含めた照準性能はイマイチであるため走り撃ちの適性は低い。
      なお、榴弾の貫通力は口径相応に低下しており、総弾数に余裕もないため搭載するとしても1~2発だろう。
       
  • 装甲
    改良砲塔正面は60mm、車体正面は30mm+傾斜と気休め程度の装甲厚があるが、基本的には抜かれる。
    車体重量がわずか4.8トンと豆戦車並みの値*2となっているため、敵からの体当たりには厳重に警戒しなければならない。
     
  • 機動性
    同格軽戦車の中では最高速度が遅めであり、旋回性も砲塔・車体ともに悪い。
    とはいえ出力重量比は他国LTと肩を並べており、偵察に必要な足は備えていると言える。
    軽量であることから、木などの障害物に当たると減速しやすい点には注意。特に、動き出しの時点でぶつかると碌に加速できなくなる。
    また、車高が低いためか水辺でもかなり速度が落ちやすいので、障害物回避を含め走行ルートの選定はしっかり行おう。
    なお、横転のしやすさは前身同様なので引き続き気を付けたい。
     
  • その他
    小柄な見た目どおり隠蔽性は優秀。視認範囲は並であるものの、茂みを活用しやすいので置き偵察に向いている。
     
  • 総論
    CrusaderSetter苦行性能の劣る車輌が続いていたが、ここに来て偵察車輌としてある程度まとまった性能を持てるようになった。
    小柄な車体とそれなりの機動性を確保しており、偵察は他国LTに引けを取らず行えるはずだ。
    また、Tier8軽戦車として破格の貫通力を持っており、重装甲相手でも正面から貫通させることが可能な点は、他国LTにない強みだろう。
    ただし、やはり極端に低いDPMと薄い装甲から単独での戦闘能力は低い。味方と協調し、軽戦車の基本を忘れず立ち回っていきたい。

史実

車輌の空輸が容易な、最軽量の軽戦車計画です。この戦車は 3 年間開発され、試作車輌 1 両が製造されました。

 

コメント

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 車体が軽すぎて障害物壊しながらの移動がとても苦手。開幕の移動や逃げるときの移動でもたつくことがある -- 2020-06-15 (月) 00:38:02
  • 同Tireでもフランスに次ぐ打たれ弱さなので進行及び逃走ルートの選定は慎重に -- 2020-06-27 (土) 08:58:51
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 Lightweight High Mobility Tactical Vehicle:ライトウェイト・ハイモビリティ・タクティカルビークル
*2 Tier3以降ではRenault UE 57に次いで二番目に軽い