Top > T-28E with F-30


T-28E with F-30

Last-modified: 2018-07-25 (水) 19:58:08

IMG_7360.png

Tier 4 ソビエト連邦 中戦車(課金戦車) Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP380
車体装甲厚(mm)50/40/50
最高速度(km/h)35
重量/最大積載量(t)33/34.8
実用出力重量比(hp/t)15.20
本体価格(ゴールド)1,440

パッケージ Edit

T-28E F-30
(1,440G)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
Honor T-28E with F30M-17L 1,445 r/min85 mm F-30T-28E with F-30T-28E with F-3038071-TK-3
500AP
APCR
HE
120
161
43
160
160
280
100109
7G
98
9.84
3.20
0.43
3650/40/4040350300

解説 Edit

  • 概要
    Tier4ソ連プレミアム中戦車
    マッチング優遇は無し。
    T-28中戦車 1939年型をベースに主砲を85mm砲に換装した試作車輌である。
    本車の他に特殊迷彩仕様の「Honor T-28E」が実装されている。
 
  • 火力
    • 85 mn F-30
      なんと格上HTであるKV-1の最終砲候補を搭載しており、同格の中でも優れた火力を持っている。
      また、総弾数が100発と異常に多いのも特徴である。
      HEの貫通力は43mmと、このTierなら貫通しうる相手がそこそこ居るため、多目に積んでも問題なく、更に活躍の幅が広がるかもしれない。
      特にTier3の耐久値であれば貫通させれば一撃のキルも期待できるため、20発程積んでおくと良いだろう。
      課金弾の貫通力は161mmとT-28に比べて低いが、O-I以外の相手なら弱点を狙えば、正面からでもほぼ貫通できる。
      しかし照準時間と精度はかなり悪く、素早い相手には照準を絞りきる前に逃げられてしまうことも多い。
      俯角も5度と、T-28から1度減っており高い車高も相まって稜線射撃は苦手。
      装填時間も最速で5秒強と遅めであり、相手に押し込まれると一気に削られるので距離感が難しい。
      貫通力とダメージは優秀だが、安定して撃てる条件を整えるためには繊細な取り回しを要求される。
       
  • 装甲
    T-28と比較すると、全面に20~30mmの装甲板が貼られ、耐久値が30増えた事もあり、若干の安定感が出ている。
    格下LTの機関銃にスパスパ抜かれることはなくなり、75mm級のHEにも貫通されにくくなった。
    しかし増厚されたとはいえ、依然として十榴のHEが貫通し一撃で爆散してしまう危険性は残っている。
    元々装甲を当てにする戦車ではないので弾いたらラッキー程度に考えておこう。
    ちなみに、砲塔の追加装甲が段差になっていて空間装甲っぽく見えるが唯の一枚板である。
    副砲塔はT-28と見た目は同じだがこちらも強化されており弱点ではない。
    また車体側面にある雑具箱のような部分に車体判定があり、ここも側面は強化されているが正面は20mmのままで、昼飯や豚飯時にそっくり見えてしまう欠点がある。
    とりあえずこの戦車で豚飯している人が居たら、副砲塔の横から覗く雑具箱を撃とう。
     
  • 機動性
    元がT-28なので足回りは決して悪くないが、出力重量比、加速、旋回速度共に、MTとしては平凡になってしまった。
    加速はそこそこなのだが、平地では30キロ程度しか出ないため長距離移動は苦手である。
     
  • その他
    視認範囲は350mと、T-28の改良砲塔よりなぜか10m長くなっている。
    隠蔽性はT-28譲りで、同格内では下から数えた方が早い悪さである。
    無線はT-28の初期無線であり、通信範囲が300mとかなり短めで大きな弱点となっている。
    味方の無線機性能次第では、他ルートの戦線や偵察車両の通信が届かなくなる事があるので注意しよう。
    自分の通信範囲の狭さを計算に入れて戦う事を意識し、出来れば車輌ごとの通信範囲をある程度覚えておきたい。
     
  • 総論
    T-28同様に、車体の巨大さと隠蔽率の悪さが際立っている中戦車である。
    大口径砲搭載に能力を全振りした様な性能で、その火力は格上とも張り合える優れものだが、照準時間・精度・俯角などに問題を抱えているため、お世辞にも扱いやすいとは言い難い。
    装填の長さから敵に押し込まれたり、柔らかな巨体故に十榴持ちや自走砲に狙われたり、バランスに優れるMTと対峙した場合は、他の戦車より苦戦を余儀なくされるだろう。
    中途半端な装甲強化による重量増加もあり、元車輌にあった機動力が削がれているためT-28とはまるで違う立回りが要求される。
    大味そうな外観とは裏腹に、かなり繊細な扱いが求められる上級者向きの車輌である。

Honor T-28E with F30 Edit

R118_T28_F30_Hero.png
公式紹介ページ

  • 解説
    イベントで配られた特殊塗装版。
    塗装は迷彩を兼ねており、新たに迷彩を施す事は出来ない。
    不定期だがショップでも販売される事がある。
 

史実 Edit

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 視界はかなりの物(T-34と同等)だが、無線範囲が300mて・・・視認範囲が無線範囲よりも長いのも本車の特徴だな -- 2017-06-20 (火) 21:02:56
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White