Top > T-29


T-29

Last-modified: 2018-11-17 (土) 04:48:14

R143_T_29.png

Tier 3 ソ連 中戦車(プレミアム) Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体装甲厚(mm)30/20/20
最高速度(km/h)44.6
マッチング範囲(戦闘Tier)3~5
本体価格(ゴールド)950
シルバーボーナス(%)30
経験値ボーナス(%)60
搭乗員経験値ボーナス(%)無し

パッケージ Edit

T-29
950G

詳細 Edit

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比旋回速度視認範囲
T-29M-17FO76 mm L-10AT-29T-2925071-TK-3
5004620/20/20300
17.5434300
 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
76 mm L-10AAP
?
HE
?
?G
?
66
75
38
110
110
164
11.541,2692.300.5567+25
-5

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説 Edit

  • 火力
    • 76 mm L-10A
      T-29の史実砲。
      T-46やT-28の持つ76 mm L-10とほぼ同性能であり、Tier3で76mmという大口径砲はかなりの高火力を発揮する。榴弾の火力が高く、格下や駆逐戦車ならば1発で葬ることも可能。
      精度は劣悪だが、榴弾砲ではなく一応弾速がまともな通常砲扱い*1であり、AP弾でも同格までなら通用する貫通力を持っている。
      APと課金弾のHEATは貫通力の差が9mmしかなく、傾斜装甲には標準化の計算上、APの方が貫通可能な角度が広く、HEATは空間装甲に弱いことも考慮するとあまりHEAT弾は必要ないと言える。APとHEだけで満遍なく詰めてしまってもいいだろう。
      貫通を望める敵や角度によって随時弾種を切り替えよう。
      ただし、同様の砲を持つ同格のT-46に比べると照準時間や精度に優れる分DPMが下げられており、火力に任せた強引な立ち回りはしにくくなっている。
      俯角も-5°と取りにくいため、地形の凹凸にも注意を払う必要がある。
       
  • 装甲
    正面でも殆どが20mm、一部の厚いところで30mmであり防御面は当てにならない。また、T-28同様車体がやや大柄で被弾しやすい。
    本車同士で相対した場合はHE弾を使って貫通を狙えるため、覚えておいて損はない。
     
  • 機動性
    クリスティーサスペンションのおかげか、軽戦車には及ばないものの中戦車としては良好な機動性を持っている。
    エンジン出力はT-28の最終エンジンと同じ馬力だが、小型化したにも関わらず、何故か10トン以上重量が増加している*2ため、あちら程軽快には動けない。
     
  • 総論
    中戦車として十分な機動性と強力な76mm砲を搭載していることにより、全員配布の戦車としては中々尖った強みを持った車両と言える。
    ただし装甲は元のT-28同様に頼れるものではなく、遠距離から一方的に…とはならない。
    やはりこの劣悪な精度では近距離まで近づかないとまともに当たらないので、出来る限り被弾を回避しつつ、高単発を活かした一撃離脱の戦術を駆使していきたい。
     

史実 Edit

本車は、統合国家政治局の経済部内の戦車局によって 1934 年に開発された。T-28の後継として設計され、 N. V. チートス技師の監督の下、1935年にレニングラードの試験的キーロフ工場 (第185工場) において動作する試作車輌が製造された。装輪・装軌両用方式の本車は、1936年2月に採用され、レニングラード・キーロフ工場において生産が開始されたものの、製造の複雑さおよび車体の信頼不足に伴い生産は中止され、ごく少数の車輌が完成したに留まった。

 

コメント Edit

コメントはありません。 T-29/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 と言っても550m/s程度でゲーム的にはかなり遅いが。ちなみに榴弾砲の76 mm KT-28やドイツの7,5 cm Kw.K. 37 L/24は380m/sぐらい
*2 厳密に言うと、ゲーム内のT-28の重量が史実よりも約10トン前後軽くなっているのが原因