Top > T-34-1


T-34-1

Last-modified: 2018-09-13 (木) 15:55:00

Ch_t34_1.png

Tier VII 中国 中戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP960
車体装甲厚(mm)60/45/40
最高速度(km/h)50
重量/最大積載量(t)29.46/32.0
本体価格(シルバー)1,400,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
T-34-2
(105,000/2,480,000)
T-34-1
(49,000/1,400,000)
T-34-1 85JT
(17,100/110,000)
T-34-1 model 2
(41,200/162,600)
T-34-1 model 2 100JT
(52,600/169,600)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
T-34-1Type 102S85 mm S-53T-34-1T-34-1960600
480--
--
--
--
--
--
--
--
--
50--
--G
--
12.0
--
--
4090/75/5246360
T-34-1 85JTType 102S185 mm 56-85JTT-34-1T-34-1
500--
--
--
128
172
43
160
160
280
--
--G
--
12
2.90
0.38
4090/75/5246360
T-34-1 model 212150L85 mm 56-85JTT-34-1 model 2T-34-1 model 2
520--
--
--
128
172
43
160
160
280
--
--G
--
13,33
2.29
0.38
42170/10/6044370
T-34-1 model 2 100JT12150L100 mm 44-100JTT-34-1 model 2T-34-1 model 2
520AP
APCR
HE
175
235
50
250
250
330
--
--G
--
6.45
2.90
0.42
42170/120/6044370

解説 Edit

  • 概要
    Tier7中国中戦車
    強力な砲、優秀な砲塔、屈指の隠蔽率による偵察能力が持ち味。
  • 火力
    問題は中tier以降ほぼ全ての中国車両に付きまとう、俯角の小ささである。
    たった5度という数字は前述の照準時間の長さや照準拡散の大きさとあいまって、
    中国戦車が「扱いづらい」「玄人向け」として敬遠される大きな要因の一つとなっている。
    • 85mm砲
      初期砲を含む2種類。
      与ダメはそこそこだが、やはり貫通は不足気味。
      Tier相当の戦力となるには、多大な弾薬費が必要。
    • 100mm砲
      開発までの必要経験値は多いものの、AP175mm・APCR235mmの貫通力と、平均250ダメージの火力を併せ持ち、これがあってこその本車と言える。
      その代償として連射速度は最速8秒弱まで落ち込み、照準拡散も大きく、照準時間も2.9秒と長くなっている。
      なお、最終砲は同格のIS-2の初期砲でもあるので、先に前身でIS-2の開発を済ませればより乗り出しは楽である。
 
  • 防御
    やむを得ずそうなった場合には相手に密着し、砲塔正面を撃たせれば弾く可能性が増す。
    一応砲塔上部のキューポラは弱点ではあるが、小刻みに動き続ければそう撃ち抜かれるものではない。
     
    本来は不利な地形では戦わないのが一番であり、
    「ここはマズイ」と感じたらサッサと陣地転換。重要なのは判断の柔軟性とスピードである。
  • 隠蔽
    ここまで主に「100mm砲の火力と砲塔の堅さをどう活かすか」を書いたが、
    もう一つの大きな武器がトップクラスの隠蔽率の高さ。
    本車の隠蔽率は全MT中Obj416に次ぐ第2位で、マリノフカ・コマリン・プロホロフカの並木道やマジカル=フォレスト等、視界と隠蔽率が大きなカギを握る局面では特に輝くだろう。
     
    格上戦場では視界取りに専念するのも選択肢の一つ。
    幸い、出だしはややもっさりするが、中戦車として充分にスピーディーな長距離移動が可能である。
     
    マップに依存するものの、開幕ダッシュで良い場所に置き偵に入れれば、
    自身のHPの数倍ものアシストダメージを稼ぎ出すことも可能であり、格上戦場でも有効なカードを持つ。
  • 総論
    主砲の特性からクセが強く、本車がプレーヤーに要求する力量は高いが、プレーヤーを鍛える車両であるとも言えるだろう。
    本項をご覧の諸兄には、持てる知識と技術を総動員して使いこなして欲しい。

史実 Edit

1954年、中国政府はT-34-85の中国での製造を検討。その際、中国の技術者が提案した代替案がT-34-1である。
T-34-85をベースとしつつ、トランスミッションとサスペンションを改良し、総重量の軽減と車高の低下を実現するものであった。
1954年には砲塔や主砲を変えた複数の設計が行われたが、プロトタイプ制作には至らなかった。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • ちょっと、いやかなり主砲の精度が悪い。拡散も収束もほんとひどい。 -- 2016-09-11 (日) 22:23:16
  • だったら!駆逐戦車の後ろに回りこんで、近接で戦えばいいだろ! -- 2016-12-27 (火) 01:55:55
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White