Top > VK 20.01 (D)


VK 20.01 (D)

Last-modified: 2018-08-07 (火) 02:59:55

VK2001D.png

Tier 4 ドイツ 中戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP310
車体装甲厚(mm)50/40/30
最高速度(km/h)50
重量/最大積載量(t)21.85/22.5
本体価格(シルバー)157,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

Pz. III/IV
(13,480/315,000)
VK 20.01 D
(4,570/157,000)
Z.W. 40
(3,330/26,570)
V.K. 20.01 (IIIN)
(4,475/37,550)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
VK 20.01 (D)Maybach HL 1165 cm KwK 38 L/42VK 20.01 (III)VK 20.01 (D)310310
300AP
APCR
HE
60
96
25
70
70
90
10030
5G
18
24
2.29
0.47
3830/30/3044330
Z.W. 402×Maybach HL 66 P5 cm KwK 39 L/60VK 20.01 (D)VK 20.01 (D)310415
380AP
APCR
HE
67
130
25
70
70
90
9030
5G
18
24
2.29
0.40
4230/30/3044330
V.K. 20.01 (IIIN)DaimLer-Benz MB 8097.5 cm KwK 37 L/24VK 20.01 (D)Pz.Kpfw. III Ausf. M350710
400AP
HEAT
HE
43
87
38
110
110
175
5030
5G
38
13.95
2.29
0.55
4257/30/3044330

解説 Edit

  • 概要
    Tier4ドイツ中戦車
    WolfPackで追加された。
     
    III号戦車IV号戦車の後継車両を目指してダイムラー・ベンツ社が設計開発した試作車両。
    「T-34ショック」以前の新型戦車計画を反映してか、Pz.Kpfw. III Ausf. Jとほぼ同じ外見をしており、ゲーム内の性能もまた非常に似通ったものとなっている。中戦車ツリーの同Tierという事からも、何かと比較対象にされる不憫な車両。
     
  • 火力
    • 5cm KwK 39 L/60
      APでは同格の貫通がやっとという所。APCRは倍近い貫通130mmだが、弾薬費が高い。
  • 7.5cm KwK 37 L/24
    榴弾砲なので、HEでの運用がメインになる。
    砲精度が劣悪で榴弾砲独特の弾道のため移動目標に当てるのはやや難しく、5cm砲と比べて連射も効かない。
    しかしT-28T67のような強力だが装甲の薄い敵、軽戦車や自走砲に対しては十分ダメージソースとなるだろう。
     
  • 装甲
    車体は全周に渡りバランス良く配され、主砲防盾も形状の改良により防御力が高まっている。
    • 車体
      同格以上には容易く貫通されるレベル。攻撃時など身を晒す時は昼飯の角度を取ったり、障害物を利用するなどして少しでも貫通の可能性を減らそう。
    • 砲塔
      改良砲塔正面は大型の防盾+正面装甲で80mm相当と比較的固く、格下相手であればハルダウンがそれなりに有効。
       
  • 機動力
    Pz.Kpfw. III Ausf. Jと比較して一番気になってしまう。高速軽戦車に追いつける直線速度を発揮できるあちらに対し、こちらはエンジン出力が不足気味で、最高速度はせいぜい40km/h強しか出ない。前車が軽戦車な事もあって余計にギャップを感じるかもしれない。拡張パーツの追加グローサーも搭載出来ないので、機動力は平均的な中戦車止まりである。
     
  • 総論
    本車は走攻守のどの面でも尖った性能がなく、軽戦車とは違う形で慎重さと大胆さが求められる戦車になっている。
 

史実 Edit

1938年、第二次世界大戦開戦前に既にIII号戦車及びIV号戦車の統一が予定されていた。
1939年、クルップ社にIV号戦車に変わる20t級戦車の開発が命ぜられ、開発コードVK 20.01 (V) (後にVK 20.01 (BW)に名称変更)の開発が始まるが、1940年に開発は中止となった。
この時にMAN社はVK 20.02(M)と24t級のVK 24.01(M)をダイムラー・ベンツ社はVK 20.01(D)の試作車両の開発を始めたが、1941年6月22日に開始されたバルバロッサ作戦で赤軍の装備していたKV-1,T-34の前に既存車両は役に立たず、兵士の練度だけでの勝利を余儀なくされた。
この経緯からT-34への対抗として後のPanther開発へと繋がる事になり、本車両であるダイムラー・ベンツ社のVK 20.01(D)は30t級戦車として開発コードVK 30.01 (D)へと設計変更を行う事となる。

コメント Edit

コメントはありません。 VK 20.01 (D)/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White