Top > Valentine


Valentine

Last-modified: 2017-06-08 (木) 16:37:18

GB-Valentine.png

Tire 4 イギリス 軽戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP310
車体装甲厚(mm)60/60/60
最高速度(km/h)24
重量/最大積載量(t)16.26/16,5
実用出力重量比(hp/t)8.32
本体価格(シルバー)120,000

パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
Archer
(19,340/395,000)
Bishop
(19,600/405,000)
Valentine
(3,500/120,000)
Valentine Mk VI
(4,080/38,700)
Valentine Mk VIII
(6,800/53,200)
Valentine Mk XI
(7,200/65,200)
Valentine Mk XI*
(6,900/55,200)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
ValentineAEC A189QF 2-pdr Mk. XValentine Mk. IValentine Mk. I310WS No. 11
135AP
APCR
HE
78
121
23
50
50
60
6030
3G
15
28.57
1.70
0.36
4065/60/6544330350
Valentine Mk VIAEC A190QF 6-pdr Mk. IIIValentine Mk. VIValentine Mk. XI340WS No. 9
131AP
APCR
HE
105
170
30
75
75
100
4445
6G
32
13.33
2.30
0.43
4265/60/6540340375
Valentine Mk VIIIGMC 6004 6-71SQF 6-pdr Gun Mk. VValentine Mk. VIValentine Mk. XI340WS No. 19 Mk. I
138AP
APCR
HE
110
180
30
75
75
100
4445
6G
32
13.33
2.50
0.41
4265/60/6540340400
Valentine Mk XI*GMC 6004 6-71AQF 6-pdr Gun Mk. VValentine Mk. VIValentine Mk. XI340WS No. 19 Mk. II
165AP
APCR
HE
110
180
30
75
75
100
4445
6G
32
13.33
2.50
0.41
4265/60/6540340450
Valentine Mk XIGMC 6004 6-71A75 mm Gun Mk. VValentine Mk. VIValentine Mk. XI340WS No. 19 Mk. II
165AP
APCR
HE
91
144
38
110
110
175
4456
7G
56
9.09
2.50
0.41
4265/60/6540340450

解説 Edit

  • 概要
    Tier4イギリス軽戦車
    軽戦車とは思えない重装甲が特徴的。
    車輌性質は同じ歩兵戦車であるMatildaに近いが、火力では貫通力や精度で劣り、装甲もやや薄い。
    搭載できる砲は全てChurchill Iと互換性があるためこちらで先に開発するのを推奨する。
     
  • 火力
    • QF 2-pdr Mk. X
      初期砲。
      DPMこそ優秀で格下を圧倒できるが、流石にTier4では少し力不足を感じることも多くなる。
    • QF 6-pdr Mk. III
      中間砲。
      同格MTGrantの最終砲でTier4帯では破格の貫通力を持つAPCRが使える。
      ただしあちらと違って全周旋回砲塔に搭載している代償か、DPMが非常に低い。
    • QF 6-pdr Gun Mk. V
      中間砲及び最終砲候補。
      Mk. IIIから貫通力と精度が向上した代わりに照準速度が低下した。
    • 75 mm Gun Mk. V
      最終砲。
      APの貫通力は91mmと少し落ちるが、単発ダメージが高いのがマチルダとの大きな差であり、ダメージ交換に持ち込めば優位に立つ事が出来るだろう。
      APCRの貫通力も144mmとマチルダのQF 2-pdr Mk. X-Bとほぼ同等で格上にも十分通用する。
       
  • 装甲
    全周60mmの厚みを持ち、軽戦車どころかちょっとした重戦車並。
    同格重戦車のD.W.2より頑丈である。
    車高も低く、被弾しにくいのは大きな利点。
    角度をつければ砲弾を弾きながら戦うことも可能だが、HPは軽戦車の枠内なので注意。
     
  • 機動性
    旋回速度は高めだが、最高速度は低く軽戦車のカテゴリー内では鈍足。
    自走砲の攻撃も満足に避けれないので注意しよう。
     

史実 Edit

1938年、風雲急を告げるヨーロッパ情勢に対し、歩兵戦車Mk.IIマチルダの後継をイギリス軍はヴィッカース・アームストロング社に要求します。
これに応えたのが、前年に完成した巡航戦車Mk.II(A10)を拡大流用する歩兵戦車として急ピッチで設計に着手したもので、1939年2月12日に陸軍省に提出されますが、不採用になってしまいます。 
バレンタインの名称は、諸説がありますがバレンタインデーに起因するのは、このことがきっかけとなっています。

7月になり、元設計どおりの生産が認可され、歩兵戦車Mk.IIIバレンタインとして正式化されます。
要求が歩兵戦車なので、装甲厚は65mmとされましたが、A10の車体を流用することから大幅な重量増加が出来ず、必然的に小型化をせざるを得なかったために、これが後々バレンタインの寿命を短くする原因となったのでした。

1940年5月、試作車がテストを受け、2名用砲塔は不評だったものの、機構的信頼性は高く、小改良の後に量産が開始され、同年末には部隊配備が始まりました。
翌41年には北アフリカ戦線で使用され始め、歩兵支援大隊の戦車部隊として編成され、秋には、クルセーダーの生産の遅れから機甲旅団機甲連隊にも配属されるようになりました。
北アフリカ戦の転機となる、エル・アラメイン戦から1943年のチュニジア戦終了までは主力の戦車として活躍しました。

この間に、2ポンド砲のままでは対独戦車戦には火力不足と露呈したため、何度か改修が繰り返されました。 
まず、Mk.IIIでは不評だった2名用砲塔を3名に、2ポンド砲はそのままでしたが新砲塔になりました、Mk.VIIIで念願の6ポンド砲に換えられますが、今度は砲が大型化したために砲塔には2名しか搭乗出来なくなってしまいます。
さらに、1943年から生産に入ったMk.Xでは75mm砲に換装されますが、その頃になると新型戦車やアメリカから貸与される戦車の補充が着実に行われ、第一線での活躍の場がなくなり、訓練用や回収用ベースにされることになりました。
それでも、イギリス本国だけで6,855両も生産され、総生産台数8,275両のうち2,400両ほどがソ連へレンドリースとして送られました。

後に、バレンタインが生産終了となった為に、イギリスが後継のクロムウェル巡航戦車の提供を申し出たところ、ソ連側がバレンタインが好評なのでいらないと、これを断ったため、イギリスではもう前線で使われていないバレンタインが、ソ連に供給するためだけに細々と作られていました。

イギリス戦車には、Aナンバーといわれる固体識別番号が振られていますが、バレンタインはヴィッカース社が陸軍省が正式に交付する前に、独自に私案として作られたために付けられなかったという、第二次大戦期の英国戦車では稀有な例と言えます。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • どうしようもないクソ車両。使いみちがわからん。他人のエサにしかならん。 -- 2019-01-27 (日) 16:44:11
  • 真実のゴミ。フリー経験値やゴールドを使わせるための嫌がらせ。 -- 2019-02-03 (日) 18:55:19
  • 途中で送信してしまった。HPがカスなので結局硬くもない。火力ゴミ。足の遅さ、登坂能力ともにカス。隠蔽はLTなみにあるが足の遅さが絶望的なので、偵察ポイントへの移動も苦痛。ノロノロ移動してるうちに見つかることも多い。 -- 2019-02-03 (日) 19:01:15
    • 同格と真正面から殴り合いさせてくれるのならまあまだなんとかなるけど、たいていは味方に食い散らかされるか自分がたどり着いても負け確になってるかで活躍することもできない。 -- 2019-02-03 (日) 23:09:23
    • ほとんどの軽、中戦車にNDKされる。 -- 2019-02-05 (火) 00:04:51
    • 産廃だなぁ。これ開発しないと次の駆逐作れないから泣く泣く...アヒル気分で参戦。早く売りたい -- 2019-04-14 (日) 03:01:31
    • 一応Valentineの(ゲーム内での)名誉のために言っておくと、主砲だけは巡航戦車ルートのクルセイダーと重戦車のチャーチル1と互換性があるから経験値の節約にはなる。だがそれだけしかないのもまた悲しいことだな…。アーチャーとビショップ両方開発するとなると他国だけどもしかしたら95式よりきつい車両かもしれん…。 -- 2019-04-15 (月) 21:51:58
      • アヒルの前で同じこと言えるんか?旋回と貫通があるから幾分マシだろ -- 2019-04-19 (金) 15:29:56
      • おそらく上の人たちが言いたいのはアヒルよりも必要経験値が多いことが言いたいんだと思う。仮にアーチャーとビショップ両方作るとなれば(モジュール代抜きで)38940いる。対してアヒルことAMX 40は(モジュール代抜きで)14900。実に2.6倍近く差がついてる。先の方はアヒルもヴァレンタインも癖が強いけど強車両ばっかりだから、おそらくそこに文句を垂れているんではないかな?俺は知らんけど。でもまぁこの車両(これのみならず苦行戦車全般)に文句を垂れてるようでは強戦車には乗れないから苦行だと思うけど頑張ってくれ。長文失礼。 -- 2019-04-26 (金) 22:38:14
  • ティア6戦場で1163ダメでM取れないってこいつなんなの -- 2019-08-24 (土) 10:51:42
  • すべての砲がチャーチル1と互換アリって書いてあるけど、チャーチル7持ってるのに普通に最終パケ(75㎜砲)に4000経験値取られて草も生えない -- 2019-10-17 (木) 00:31:54
    • 改良砲塔や改良履帯も開発しなきゃいけないからね・・・新規に開発するときは砲が揃ってても完全に0で済むケースはほぼないよ -- 2019-10-17 (木) 01:22:30
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White