Top > Krieg_装備・ビルド考察


Krieg_装備・ビルド考察

Last-modified: 2019-04-05 (金) 19:08:35

概要 Edit

Kriegの装備、スキルビルド等についてのまとめ。

武器 Edit

スキルとの兼ね合いで、エクスプローシブ武器は全体に相性が良い。また、エレメンタル付加率とダメージが高い武器であれば、何であれヘルボーンツリー(デリュージョンダメージ+エレメンタルエンパシー取得時)との相性が良いとは言える。

  • Rubi
    シールド消滅時間が長いKriegにとって回復が有り難いのはもちろん、エレメンタル関係の性能もそこそこ。
    エレメンタル攻撃を中心にするとSMGに頼りがちになるので、何かしらの属性をRubiに担当させると、弾薬消費を分散させられる。武器としてパワー不足を感じるなら、ダブルを狙う手もある。
  • Unkempt Harold
    誰が使っても強いが、Axtonと並んでエクスプローシブ強化のあるKriegには特に好相性。ただし近距離用。
    火力のみを狙う場合近距離用だが、遠方の敵にこれを数発撃ちすぐにRubi等のダメージをライフに還元する銃に持ち替えれば、かなりの回復効果が望める為Kriegにはとても相性が良い。
  • Slagga
    25%前後のスラグ付加率を持つ弾を3発同時に発射し、連射も効くサブマシンガン。スラグ化には最適な銃と言える。
    高いエレメンタル付加率はデリュージョンダメージによる着火率も高めるので、3周目では特に持っておきたい武器。
  • Hellfire
    炎上付加率と炎上ダメージに優れるサブマシンガン。ヘルボーンツリーとの相性はとても良好。生身の敵を燃やせば、エレメンタルエンパシーの回復量も非常に高くなる。スラグが入っていれば、UVHモードのUltimate Badass Psychoに殴られながら、敵が焼け死ぬのを見物できるほどの代物。
    このほか、手に入れやすくそれなりに強力なファイアーSMGとしてはGood Touchがある。
  • Florentine
    1本でスラグ+ショック攻撃ができるサブマシンガン。要DLC4。
    シールドを剥がしつつ弱体化もできて能力は申し分ないが、消費弾数が2であり、他のSMGを併用すると弾持ちに不安あり。
  • Logan's Gun
    炎上付加率と炎上ダメージに優れるピストル。これもヘルボーンツリーとの相性良好。着弾時に4回の爆発を起こすが、敵を貫通するため、最大火力を発揮するには敵の足元を撃って爆発を当てるような使い方をする必要がある。
    Hyperion製で撃ち始めの精度が低く、全体にクセの強い銃だが、スキル等で精度と発射速度を補えば使い勝手はかなり改善する。
  • Infection
    射撃自体のダメージは低いが、腐食付加率と腐食ダメージに優れるピストル。要DLC3。
    特に腐食ダメージは、継続ダメージとしても全武器中トップクラスの高さを誇り、装甲相手の切り札になる。
  • Seraphim
    炎上付加率の低さは惜しいが、射撃ダメージはピストルやSMGより高く、炎上ダメージもそこそこのアサルトライフル。要DLC1。
    DAHL製なので高精度のバーストで遠距離に対応しやすく、弾消費を分散させるにも手頃。自己着火は他の武器やレイビングレトリビューションで補いたい。
  • 近接装備
    バズアックスランペイジ中は銃剣アクセサリの近接+効果が乗らないため、ランペイジ中しか近接を使わないのであれば、特にRapierLawといった定番武器を用意する必要はない。通常時に近接をメインにして戦うこともあまりないだろう。
    また、通常時は近接+50%の銃剣付き武器で殴ると、Krieg独自の補正によって銃剣なしの場合よりダメージが低下するケースがあるため注意*1。ただし、Love Thumperを装備して常にロイドダメージが得られるような状態であれば、銃剣付きスラグ武器を持っておくのも悪くない。弱めの敵ならスラグ化してそのまま(ランペイジせずに)殴り倒すこともでき、装備スロットも圧迫しない。
    Maylayシールドはダメージの高いものが欲しいところ。スキルとの兼ね合いもあってLove Thumperが使いやすいが、Hide of Terramorphousも一撃の重さは魅力。ただしノヴァやスパイクも活かしたければ、シールドリチャージを阻害しないビルドを組む必要がある。

グレネードMOD Edit

ブラッドバス5振りでエクスプローシブ武器を使うなら、グレネード切れに悩むことは少ない。グレネードでキルを取ってもグレネードが出やすくなるので、以下にこだわらず好みのものを投げまくるのも一興。

  • メテオシャワーBonus Package
    分裂数が多く、さらに2回分裂するMIRVグレネード。総ダメージと爆破範囲に優れ、キル率が高い。そのためブラッドバス発動率と、単体でのグレネード回収率にも優れる。
    メテオシャワーの方が分裂数が多く、Selaph Dealerの販売品なので吟味しやすい。ただし要DLC2。
    近めで使うと自分を爆殺する危険も高いことに注意。
  • Storm FrontQuasar
    どちらもショック属性で影響範囲が広く、ヘルボーンツリーの本命である高威力のファイアー、コロッシブ攻撃を仕掛けるのに邪魔なシールドを剥がしてくれる。
    さらにQuasarなら、ブラッディエクスプロージョンを取得しておくことで、引き寄せた敵を連鎖爆発で消し飛ばせるオマケ付き。
  • Fastball
    超小規模爆発を起こす、高威力グレネード。アップデートで威力が割り増しされており
    瞬間火力が非常に高い。
    しっかりスラグ化させれば、三週目の敵はBadassでもない限りは、ほぼ一撃で肉片と化す
    ブラッディ エクスプロージョンと組み合わせれば、その欠点である範囲の狭さが解消され
    高い瞬間火力で周囲を木っ端微塵に出来る。
    火属性以外のFastballが手に入ればKriegが苦手な装甲系も
    容易く爆殺出来るようになり、安定感も伸びるためオススメ。

シールド Edit

Maylayシールドについては「武器」の「近接装備」参照。

  • Flame of the Firehawk
    シールド消滅時間の長いKriegには打って付け。ヘルボーンツリーとも好相性。生物相手なら歩いているだけで敵が焼き上がり、Rubiを持っていればまず死なない。
    あまりにもノヴァが持続するので目に悪いのと、シールドの性能さえ良ければ立ち回りも何もなくなるのが欠点。
    なお、火炎無効が付いていると自己着火しなくなることに注意。
  • The Rough Rider
    容量0だがライフと防御力増強があり、頼もしい。フィード ミートなど相性がよいスキルが揃っている。
    ちなみにナム ナーブ+5、テイスト オブ ブラッド+10、リリース ザ ビーストと組み合わせれば、ダメージを93.3%カットすることができる。*2
  • The Bee
    Kriegの個性を殺しがちになるが、使うことはできる。使えれば楽になる局面もあるのは確か。ヘルボーンツリーを伸ばしている場合は、無属性武器と組み合わせるなど、攻撃で自己着火しない工夫をする必要がある。
    もし普段使いにしたければ、フィードミートとエンブレイスペインは取得しない方が無難。

クラスMod Edit

  • Sickle
    近接重視なら妥当なところ。最高級品を吟味するのなら、サイレンスザボイス強化のない青レアで、エンプティレイジ+6/フューエルブラッド+5の品あたりがいいかも知れない。
  • Crunch
    エクスプローシブ強化は、撃ってよし、(グレを)投げてよしの選択。どうせならストリップザフレッシュ強化が高いものが欲しいところ。
  • ToastTorch
    自己着火率を安定させたいときに。Toastはステータス強化で、Torchはスキル強化で高められる。スキル強化の内容によるが、攻撃面ではToastの方に分があるか。
  • Legendary Psycho
    劇的な強化はないが、全体的な底上げにはなるので、手に入ればメインModにしてもいい。
    Torchも同じだが、バーンベイビー!/フューエルファイヤー双方にブーストが付くときは、片方に5振りではなく、双方に分けて振った方が着火率は高くなる。
    また、マニアツリーを伸ばさない場合でも、フィードミートに1振りしておけばかなりのライフ強化になる。

レリック Edit

  • Ancientsの血バイタリティ
    ライフ強化にピストル弾/SMG弾所持数増加が付くような品なら、どんなスタイルでも無難か。
    シールド消滅時間が長いので、ストックパイル効果のないバイタリティだけでも安心感はある。ライフ強化はリリースザビーストの活用にも重要。
  • Ancientsの皮レジスタンス
    最高級品では4種類の耐性アップが付き、モノによってはライフ強化より耐久力を高めてくれることもある。ただしパラメータ数が多いため、良品はそうそう手に入らない。
    プレイヤーキャラが生身+シールドであることを考慮すると、ファイアー、ショック、エクスプローシブ、無属性強化が付く紫レアのレジスタンス、またはそれ相当のAncientsの血が理想的か。Ancientsの血ではシールド強化も付くが、まともなシールドを使いづらいKriegにはあまり恩恵がない。
  • Ancientsの骨エレメンタル(ファイアー強化orエクスプローシブ強化)
    エクスプローシブ強化はブラッド+マニアツリーならオールラウンドに便利。ただしAncientsの骨にはエクスプローシブ強化は存在しない。
    ファイアー強化は敵は選ぶが、ヘルボーンツリー重視なら底上げにいい。
  • アリージェンス(Maliwan強化)
    エレメンタル性能で武器を選ぶとMaliwanが多くなりがちなので、装備構成によってはこれも魅力的。
  • Selaphのチカラストレングス
    近接の底上げに。オーバーライドクールダウン短縮は対象スキルが微妙なのでストレングスで構わないが、SelaphのチカラはDLC2のSelaph Dealerの販売品なので吟味しやすい。

スキルビルド例(Lv61) Edit

Lv1から育てる際は、効果が得られなくてもデメリットのないブラッドラストツリーか、リチャージディレイを延長するスキルを避けてマニアツリーを伸ばすのが無難。リリースザビーストを取得できるレベルになれば、フィードミート等を取得してもフォローは利きやすくなる。
ヘルボーンツリーは、半端に伸ばすとイバラの道になる。フレームフレアに5振りでき、かつ性能のいいエレメンタル武器とライフ回復手段が用意できるまでは手を出さないほうが無難。

  • 突撃型
    エクスプローシブ銃をメインに近距離で戦い、ライフを削られたらリリースザビーストで切り返すビルド。ブラッドバスの効果でグレネードも遠慮なく使えるので、好みのものを用意しておくといい。
    回復が変身と変身中のキル頼みになるので、殴り倒せそうもない敵が出た場合に備えて、中距離以遠から狙える武器も用意しておくとベター。
    こちらが接近すると射撃系の敵は散りがちになるため、ブラッディエクスプロージョンは向かうエリアの敵傾向も考えて取得するといい。視界が悪化するデメリットもある。
    ちなみにマニア+ヘルボーンでも決して悪くはない。エクスプローシブ武器を敵の弱点に合わせたエレメンタル武器に替えて戦うことになる。ランペイジの返り血とレイビングレトリビューションの爆炎によるグチャグチャの視界は一見の価値あり。欠点は、エレメンタル武器が充実していると攻撃も回復もそれで事足りてしまい、近接の出番がなくなりがちなこと。
  • 射撃戦型
    射撃武器を使い分け、DoTダメージやエレメンタルエンパシーの回復も活用しながら、あまり突っ込まずに戦うビルド。バズアックスランペイジは基本的に使わない。
    ファイアー耐性の高い敵が多い場所では最大火力を発揮しづらいが、敵の弱点属性を突きつつ自己着火を狙い、あとは回復サポート用にRubiでも持っておけば、たいていの場所で戦える。
    例外的にDLC4エリアでは生身表示のArcher系やSquire系、Skeleton系もファイアー耐性を持ち、さらにSkeleton系にはスラグ化不可かつ複数の耐性持ちもいるので、ヘルボーンに振るかは一考。
    フィードミートの3ポイントは好みで。ファイヤーフィーンドやナーバスブラッドに振って、リロードを強化してもいい。





*1 「ロイドダメージボーナス適用時」か「自分のLvが44より低い時」は+50%銃剣のほうが強くなる
*2 テイスト オブ ブラッド+11は数値上のもので存在しない模様