Top > 【くろカビこぞう】


【くろカビこぞう】

Last-modified: 2019-03-16 (土) 09:59:33

概要 Edit

【フォンデュ】の上位種のカビが生えたチーズのモンスター。色違いのボスに【フロスティ】がいる。
見た目的にブルーチーズがモデルになっていると思いきや、DQMJ3では【ゴルゴンゾーラ】が登場しているので、こちらは発酵ではなく腐敗してしまった方だろう。
通常ドロップは【緑のコケ】、レアドロップは【特どくけしそう】
 
戦闘では【魔力かくせい】【ドルモーア】【なめまわし】を使う。
ちなみにチーズを口から吐いてダメージと共に攻撃呪文耐性を下げる攻撃を行う希少なモンスターだったりする。しかし使用頻度は低くお目にかかるのは何気に大変だし、吐瀉物をかけられるのは精神的ダメージが大きいのであまり見たくはない。なおこの攻撃はキャンセル時は「呪文耐性ダウン攻撃」、ガイドブックでは「呪文耐性低下攻撃」と見た目のインパクトの割にはそのまんまな表記がされている。

怒り時は魔力かくせいとドルモーアしかしない関係でマホトーンを入れたりMPを0にしたりするとドルモーアを2回不発にした後は消費MP0である魔力かくせいが切れるまで棒立ちになってしまう。もっとも普通に倒した方が圧倒的に手っ取り早いので、この現象に実用的な要素は皆無ではあるが。

Ver.2.1 Edit

真の【ゼドラ洞】に生息。魔力かくせいからのドルモーアが強力だが、同じ場所に出現する【スライムエンペラー】が抜きん出て強力なため、こいつはそんなに注目されていない。インパクトをすべて奴に持っていかれてしまい、不憫である。
スライムエンペラーの湧き待ち時間にぺちぺち杖で叩かれてMP補給に使われることはあるようだ。

Ver.2.1.0f Edit

怒り時に魔力かくせい→【メラガイアー】【バギムーチョ】のローテーション行動をしていたが、不具合だったらしく修正された。
なお、この行動パターンは呪文のランクを一つ下げれば怒り時のモッツァレーラと同じである。この系統の行動パターンとしては既にデータ上で作成されていたのだろうか。

Ver.2.2 Edit

【王家の迷宮】でも出現。真のゼドラ洞はメインストーリーに絡んでいないため、こちらで初見になった人も多いかもしれない。

Ver.3.0 Edit

【スイのやしろ】に生息、ようやくメインストーリーに絡んだ。最大3体で出現するうえ、このダンジョン内ならば上位の強さを持つ。
でも普段水没している場所にいるってことはこいつ名前の通りカビてるんじゃ・・・。

モンスタータロット Edit

Aランクのタロット。デッキには5枚まで入れられる。
使うか、手札に引きなおした時に自分のMPを30回復。
 
タロットパックから出る確率がレアなタロットの一種(銀からは相対的に出やすくなる)。
このタロットとAランク以上のタロットとの合成で【モッツァレーラ】のタロットを入手出来る。
 
わたぼうのタロットの素材になるので、1枚はぜひとも押さえておきたいのだが、狙って手に入れるのはかなり困難。
「力のわたぼう」の採用率は非常に高いので、これを引けるか否かで占い師デビューの可否が決まると言っても過言ではない。