【攻撃呪文強化】

Last-modified: 2018-09-30 (日) 11:38:44

状態変化の一種。
60秒間攻撃呪文の威力と【マホトラ】のMP吸収量が増えた状態。アイコンはかしの杖のようなものに水色の数字がついたものとなっている。
1段階で50%、2段階で100%アップする。
 
発生させる方法は【魔力かくせい】【しんぴのさとり】、及び一部装備品のセット効果で発生するのみとなっていたが、Ver.2.0辺りからプレイヤー側以外の技として【まりょくのうた】【魔法の角笛】【グルメイジ】等、発生させる方法が増えてきた。
【魔力かくせい】による効果は一気に2段階上昇するため、実質しばらくの間呪文ダメージが2倍になる特技として魔法使いに幅広く愛用されている。
 
その一方で敵に使われた場合はかなり危険な状態となる。
行動パターンの都合上、ほとんどの場合攻撃呪文連打になる事が少ない(それどころか場合によっては呪文を全然使わない事も)あるものの、
威力が2倍になったドルマドンなど、一度使われるだけで致命傷を避けられないものとなって性能になってしまうケースもまた多い。
魔力かくせいを使うのが得意なモンスターには零の洗礼やマホカンタなどで対策をしっかりとっておきたいところである。
 
ちなみに、【遊び人】の特技【あそぶ】で「さとりの境地に達した!」際に攻撃回復両魔力が上がる効果がかかるが、呪文を行使できない遊び人には全く意味のない効果である。
 
敵側の使用者のブラックリストを掲載しておくので、これらの敵と対峙する時は対策をしっかり練っておきたいところ。
【魔力かくせい】項も参照されたい。
 

使用者技名対象上昇
段階
備考
【とろろ将軍】まりょくのうた味方1人2転生モンスター。
こいつが使う影響かVer.2.10fからしばらくは
転生元であるはずのこんぶ大将も同じ行動をとることもあった。
【ムッチーノ】魔法の角笛自身以外の味方1人2主に【魔人エンラージャ】に使用。
おうえんと併用してのマヒャデドスに注意
賢者(コロシアム)しんぴのさとり自身1威力2倍にするためには2回使う必要があるため
それだけでも準備に時間がかかる。
とはいえしっかりと準備をしてから放つドルモーアや
イオグランデは普通に痛いので油断大敵。
コロシアム以外でも魅了等の流れ弾として食らう事も。

関連項目 Edit

【攻撃呪文弱体化】