Top > 【ちょうネクタイ】


【ちょうネクタイ】

Last-modified: 2018-10-26 (金) 18:46:16

概要 Edit

DQ6などに登場する装飾品。
ご存知男性が正装のときにつける蝶型のネクタイである。
DQ6のベストドレッサー、DQ7のかっこよさコンテストなどでは【きぬのタキシード】との組み合わせでかっこよさ+25の加点ボーナスがつく。
よく勘違いされるが【シルクハット】などは必要ない。
また、DQ6ではこれを装備していて、尚且つ他のコーディネートボーナスが付いてない場合のみかっこよさ+1の加点ボーナスが付く。

DQ6 Edit

【ロンガデセオ】で購入可能。
所詮蝶ネクタイなので守備力はわずか2。かっこよさは33。
装備出来ないのは【ミレーユ】【バーバラ】の女性陣と、装備グループEの仲間モンスター。
【ドランゴ】【キラーマシン2】が装備出来るという非常に不思議な装飾品。
 
実質コンテストのために存在しているようなものだが、セットボーナスを得られる【きぬのタキシード】はカジノで稼がなくては手に入らない割に他のセットのほうがトータルは高くなりやすく、単体の数字としても【デセオのパス】のほうが優れているため日の目はまず見ない。
精々【バットマジック】からのドロップが狙えた時に早期攻略の足しにするか、売却して路銀に替えるかである。
ただ、【アモス】は極端に装備可能な装飾品が少ないため防具目的としてこれを装備する選択肢もある。
 
なお、概要にもあるとおりベストドレッサーコンテストでは単体でもボーナス加点(+1)がつくアイテムではあるが、【ラルフ】はそのことに言及してくれない。
一方、これを装備して、他にコーディネートボーナスがない状態で負けると、タキシードとのコーディネートをおすすめされる。

DQ7 Edit

守備力は2のままだが、なんとかっこよさが15まで激減している。
【主人公】【ガボ】【メルビン】が装備可能。ガボが装備出来るのに、【キーファ】が装備出来ないとは。
【バロックタワー】の宝箱に入っている他、移民の町の【プレミアムバザー】で2400Gで購入可能。
とは言え、こんな時期に手に入れてもまず意味は無いので、買う人は皆無だろう。
また、移民の町Lv3でも入手可能(上述のキーファはこれで試すことができる)。ただ、これをキーファがいる時点で入手したということは、Lv2の鍵付きの宝箱に入っている【はやてのリング】【はでなふく】を取り逃すということなので、結果的には大損したことになる。

3DS版 Edit

プレミアムバザー廃止に伴い非売品に。
しかし、【じんめんひさご】が落とすことがあるので、一品物ではなくなっている。
また、【すれちがい石版】でリーダーのレベルが高いと、次から次へと手に入る。

DQ9 Edit

装備すると守備力が3上がる。今回は性別関係なく装備できる。
【船着き場】【グビアナ城】で1600Gで販売されているほか、
【デザートタンク】のレアドロップ、【ちょうのはね】×2+【よごれたほうたい】の錬金、
クエストNo.53【ようがんまじんの手形】2回目以降の報酬としても入手できる。
同じ守備力+3の【きんのブレスレット】がツォの浜で350Gで販売されているので、これを守備力上昇目的で買うプレイヤーは皆無だと思われる。
錬金で必要になったら買う程度だろう。
これを必要とするレシピは以下の3種。

DQ10 Edit

ヴェリナード城下町のアクセサリー屋で5000Gで販売されている。
装備するとおしゃれさが10(合成で最大25)上がるため、スーパースターなどでおしゃれさを上げたいプレイヤーに需要がある。

DQ11 Edit

全員が装備可能な首アクセ。

-+1+2+3
守備力2
魅力10152025

 
【グロッタの町】のカジノの景品で、コイン3000枚と交換できる。
 
DQ6の時の様に装飾品の選択肢がこれぐらいしかない、等という仲間キャラクターも存在せず、
魅力に依存するスキルを習得するマルティナやシルビアの選択肢としても、
こちらを入手する頃は守備力や魅力の上昇値だけ見ても上位互換の【ガーターベルト】【ハンサムスカーフ】といった装飾品を入手している時期。
それらを取り逃していたのでもなければアイテムコレクションのために1つカジノで入手しておけば充分だろう。