Top > 【装備グループ】


【装備グループ】

Last-modified: 2019-02-18 (月) 02:34:57

概要 Edit

装備可能な武器防具が同一な【仲間モンスター】同士を同一グループとしてまとめたもの。
この用語は本編中には登場しないが、DQ5の【公式ガイドブック】等で使用されている。
DQ6では公式にはこの呼称はないが、SFC版では6グループ、DS版では3グループにまとめられている。
なお、DQ6の装備グループの順番はSFC版DQ6公式ガイドブック下巻における仲間モンスターの掲載順に並べた。
 
身体の形状や種族ごとにまとまっている場合が多いが、DQ5のPグループのようにそれらの共通点が無い例外もいる。

DQ5 Edit

 :PS2版以降
 :DS版以降

グループ名属するモンスター特徴
Aベビーパンサー
キラーパンサー
獣型モンスターが属する。
は一切装備できず、【武器】も爪・牙系のみと見た目通り【防具】は全体的に軽装。
ただし、4足歩行なのになぜか【メタルキングよろい】を装備できたりする。
プリズニャン
Bスライム
ホイミスライム
べホマスライム
はぐれメタル
キングスライム
スライムベホマズン
スライムナイトを除く【スライム系】が属する。
牙系、ブーメラン系武器の他、各種メタルキング武具も装備可能。
軟体のためか人型をしていないモンスターの中では装備できるものが多い。
【メタルキングのけん】を入手しないと中盤の長期間にわたって新しい武器が手に入らないのが欠点。
リメイク版では唯一【オラクルやののれん】を装備できるため、中盤戦では一歩抜けた頑丈さを発揮する。
メタルスライム
しびれくらげ
Cブラウニー
エリミネーター
オークキング
ギガンテス
「固い、強い、おそい!」というキャッチフレーズが似合う重戦士型。
武器は斧やハンマーがメイン。
序盤はどういうわけか同時期の剣よりも【攻撃力】が低い武器ばかりだが、中盤以降は強力な武器が手に入る。
終盤は【まじんのかなづち】【メタル狩り】【はかいのてっきゅう】で雑魚散らしに活躍する。
プチファイター
コロファイター
アークデーモン
Dドラゴンキッズ1種のみのグループ。
武器は主に爪・牙系で、防具は盾が装備できずその他も終盤に通用しないものばかり。
早熟タイプで終盤にはまず出さないため十分ではあるが。
Eスライムナイト
ソルジャーブル
アンクルホーン
正統派剣士タイプ。
全グループ中最も装備可能武器防具が多く、序盤から終盤まで、常にそのとき最高クラスの武具が装備できる。
【ふぶきのつるぎ】【ドラゴンキラー】といった特効武器の他最強の集団攻撃武器【はかいのてっきゅう】も装備可能。
また、防具も全グループ中で唯一【しんぴのよろい】が装備できるなど攻守ともに優れる。
さまようよろい
ブリザードマン
プチヒーロー
コロヒーロー
Fドラゴンマッド
グレイトドラゴン
成竜タイプ。
同じドラゴンのグループDに似て盾が装備できず、その他の装備品も少ない。
【こおりのやいば】が装備できるので攻撃面は問題ないが、防御面は素の【守備力】【耐性】に頼ることになる。
最強防具が僅差でグループDに負けてるのはナイショ。
プオーン
Gまほうつかい
ネーレウス
魔法使いタイプ。
杖やローブといった、いかにもな物を装備可能。
鞭系も装備できるので、【力】の数値が高いのなら【グリンガムのムチ】での直接攻撃役もできなくはない。
リメイク版では何故かエンプーサ(魔法を使えない)もココ。
エンプーサ
ゴースト
プチプリースト
プチマージ
コロプリースト
コロマージ
Hドラキー
ばくだんベビー
ダンスニードル
丸っこい身体に手足が生えた形状のモンスターたち。
青年時代前半に活躍する仲間が多いグループ。
序盤こそ装備可能な武具が多いが、中盤を過ぎると一気に装備が乏しくなる。
対単体最強が【あくまのツメ】、対複数が【ほのおのブーメラン】といった具合に中途半端な印象。
おばけキノコ
おおねずみ
Iおどるほうせき
メガザルロック
スライム系とばくだんいわを除く球体に近い姿をしたモンスターが属するグループ。
装備可能武器防具が全部で7つ(リメイクではさらに減少して6つ)と全グループ中最少で、盾も装備不可。
使える武器はほぼ牙系だけなのに、その中で肝心の【オリハルコンのキバ】を装備できない点も不遇。
エビルアップル
サターンヘルム
ガップリン
Jパペットマン
ゴーレム
手足のある非生物が属するグループ。
グループEなどに近いがふぶきのつるぎが装備できず、代わりに【じごくのサーベル】【まじんのよろい】といった若干禍々しい雰囲気の武具を装備可能。
ドロヌーバ
おばけキャンドル
Kクックルー
キメラ
ホークブリザード
主に鳥型のモンスターが属する。
盾は装備できず、武器は杖やブーメラン、鎧はローブが主と若干癖がある。
ミステリドールは何故かこのグループ。
ミステリドール
Lイエティ
ビックアイ
ミニデーモン
アームライオン
破壊の鉄球と【みなごろしのけん】を除くグループ・全体攻撃武器がすべて装備可能な範囲攻撃特化型。
序盤~中盤の雑魚戦で活躍する。
鎧はローブ系が主だが、盾と兜はそこそこ重装備が可能。
終盤は攻撃力不足に陥りがち。
ほのおのせんし
エビルマスター
Mメッサーラ
シュプリンガー
ライオネック
悪魔タイプのモンスターが主に属する。
防具は優秀だが終盤の武器が若干見劣りする。
【デーモンスピア】【即死】効果か特技に頼ることになるだろう。
ホークマン
Nキラーマシン
ヘルバトラー
Eより若干装備品が少なくなった剣士タイプ。
強力な武具はだいたいこちらでも使えるが、破壊の鉄球が装備できないのは若干の不満点か。
また何故か序盤に入手する武具のほとんどが装備不可であるなど、意外に装備の選り好みが見られる。(どれも加入が終盤になるので問題はないが。)
ザイル
プチターク
Oケンタラウス1種のみのグループ。
タイプEやNに近いが、メタルキングの武器防具は装備不可能。
代わりに仲間モンスターで唯一【ゆうわくのけん】が装備可能。
Pくさったしたい
ばくだんいわ
外見に共通性のない謎のグループ。
D・F・Iよりはましだが装備品が少ないうえ、仲間になった時点で有効なのが揃えられない。
武器は【ルラフェン】まで、鎧に至っては【チゾット】までまともなものが手に入らない。
何故か耐性持ちの防具がことごとく装備不可なのも謎。

※DS、スマホ版のみ。PS2版はなぜか【ピピン】と同じタイプ。
 

DQ6 Edit

 :SFC版のみ
 :DS版以降

グループ名属するモンスター特徴
Aルーキースライムナイトを除くスライム系が属する。爪・牙・ブーメラン系武器の他、各種メタルキング武具や【山彦の帽子】も装備可能。終盤は胴部防具に恵まれない。リメイク版はドランゴとピエールを除いたモンスター全員がココ
スライムホイミスライムキングスライムはぐれメタル
ホイミンぶちすけキングスベホマンマリリンはぐりん
Bファーラットキメイラばくだんいわ手足での攻撃がかなり苦手(または無理)なタイプ。基本的に爪・牙・ハンマー・ブーメラン系武器しか装備できず、上位武具にはほとんど縁がない。全体的に丸っこい体つきをしているおかげで、スライム族用防具で手軽に守備力を強化できるのが救い
Cリップススライムナイトキラーマシン2剣士タイプ。一見バラバラな連中だが、よく見ると「二本の足で歩いていない」という共通点がある。Bグループと正反対で剣を中心とした多くの上位武具を装備可能
ピエール
Dどろにんぎょうスーパーテンツクくさったしたい亜人タイプ。本作で最も多くの武具を装備できるタイプ。本作最強武器のグリンガムのムチまで装備可能。女性型モンスターがいるわけでもないのに何故か【あみタイツ】を装備できてしまう。
Eウインドマージダークホーンランプのまおう魔術師タイプ。装備品にはクセがあり、中盤は武器にかなり悩まされる。山彦の帽子を装備可能なのが強み。軽装備が中心のはずなのに唐突に【ギガントアーマー】が着られたりするなど武具の選定基準が謎
Fドランゴ重戦士タイプ。こちらも外海に出られるようになるまではロクな武器が無いが、それ以降は普通に強力な武具が店売りしている。戦士タイプ故の脳筋なのか、それとも図体がデカい奴が多いせいか、意外にも盾の扱いがやや苦手
レッサーデーモンボストロール