【おなべのふた】

Last-modified: 2021-04-12 (月) 16:08:22

概要

その名の通り木製の鍋蓋。
それをそのまま盾として利用しているだけのブツであり、主に序盤で手に入る。初出はDQ5。
 
当然ながら盾として使うことなど考慮されていないので、基本的に守備力は盾としては最低クラス。
DQ9以外では、【しゅび力】は驚異の+2。
それまでドラクエシリーズ最弱だった【かわのたて】を退けて新たに最弱の盾となった。
リメイク版DQ3、DQ6、DQ7、DQ10では表記が「おなべのフタ」とカタカナ混じりになっている。
 
打撃攻撃のダメージは、守備力が2上がって平均ダメージが0.5減る仕様のため、最序盤なら一応の効果は期待できると言えなくも無い。とは言え効果は薄いので、わざわざ優先して買う必要はない。どこかで拾った時にとりあえず装備するくらいで十分だろう。
作品によっては鎧の方が守備力の上昇に対するコストパフォーマンスがよいことも多いため、そちらを揃える方を優先しよう。
もちろん、皮の盾や【うろこのたて】を装備できるなら、おなべのフタはスルーしてそちらを買うべき。
 
ネタアイテムとしか思えない一品だが、リメイク版DQ3の【武闘家】【魔法使い】、DQ6の【ミレーユ】【バーバラ】など、ストーリー中盤あたりまでこの盾で我慢しなければならないキャラクターも結構多い。
 
リメイク版DQ7で【超おなべのフタ】という強化版が登場した。

DQ3(リメイク版)

守備力2、買値50G。誰でも装備可能。
魔法使い、武闘家が装備できる数少ない盾の一つで、武闘家が装備できる盾はこれ以外には個数限定品の【ふうじんのたて】しかない。
【アリアハン】の道具屋で売られているほか、第2の【すごろく場】で何も無いマスを調べると低確率で拾える。
気休め程度の守備力ではあるが、【かわのぼうし】よりはコストパフォーマンスが良い。
魔法使い用の【たびびとのふく】は、【アリアハン王】に貰えるものか、【岬の洞窟】で拾えるものがあるので、これを買って守備力を補強するのも悪くはない。
武闘家には【けいこぎ】を買ってあげた後、資金に余裕ができたら購入を検討しよう。
 
【しんりゅう】【グランドラゴーン】の最短ターン撃破を目指して武闘家軍団を組む場合、風神の盾は個数限定なのでこちらにも出番は来る…と言いたいところだが、クリア後の敵相手には焼け石に水にもならない。
鍋蓋らしく炎ブレス耐性でもあれば風神の盾より役立ったろうが、あいにく耐性も特殊効果も何も無い。
ダンジョン探索時ならばこれを持つよりも、空いた道具枠に【せかいじゅのは】【いのちのいし】【まんげつそう】や(魔法を覚えているなら)【いのりのゆびわ】等適当な消耗品でも持っておいた方が恐らくマシだろう。
 
…が、作中最強のボスらであるゾーマ、しんりゅう、グランドラゴーンはいずれもほぼゴリ押し一辺倒の戦法かつ状態異常耐性は完璧であり、せかいじゅのはといのりのゆびわ以外の消耗品は持たせていても結局何の役にも立たない。
装飾品や【けんじゃのいし】【けんじゃのつえ】)を持たせることまで考慮に入れても、せかいじゅのはを持ち物枠からあふれるほど大量に入手するのは現実的でなく、すごろく場が無くへんげのつえを保持できない(=【エルフの隠れ里】の店が利用できない)ガラケー版以降では、いのりのゆびわを集めるのも難しい。
かくしてふうじんのたてからあぶれた武闘家達は、消去法的に持たされた鍋蓋片手に強大な魔王やドラゴンとの戦いに挑むのであった。
 
それにしても、手が塞がると戦えないはずの武闘家がこれを装備するのは不自然であり、これを装備して戦う姿は滑稽なような。
もしかしたら盾で殴っている(いわゆるシールドバッシュ)のかも知れない。

DQ5

初登場作品。【アルカパ】(時期共通)で40Gで販売。
また、【ミニデーモン】が稀に落とす。いたずら好きという設定なので、民家から盗み出したものなのかもしれない。
 
幼年期【ビアンカ】の初期装備になっており、そもそもは彼女の他の初期装備である【くだものナイフ】【ておりのケープ】と共に、「家にあったもので武装してきたよ」感を出すためのアイテムである。
また青年期後半でパーティに加えることができるようになる【サンチョ】の初期装備でもある。
が、彼はそれに加え【おおかなづち】【ステテコパンツ】【シルクハット】と、気がふれたとしか表現のしようのない装備をしている。
仮にもグランバニア国王陛下の側近としてこれはどうなのだろうか。
 
他には【フローラ】【ヘンリー】【女の子】【装備グループ】が、B、H、Pの仲間モンスターが装備可能。
オラクルベリーのモンスター爺さんの家の壺にも1個入っているので、青年期前半で加入したてのヘンリーや【スライム】あたりのとりあえずの装備にする人も多いだろう(この時期にはもう気休めにもならないが)。
一応、スライム系にとっては、【ポートセルミ】【マジックシールド】を買うまではこれが最強の盾であるが、上述のように、装備してもダメージはほぼ変わらないのでわざわざ買うような代物ではない。

リメイク版

サンタローズの実家の台所でも1つ手に入れることができる。
とりあえずの装備にしようとしても、主人公は装備できないため、売っぱらって資金源にしろということだろうか。サンチョの私物のような気もするが。
ちなみにまな板が無くなったときは必死に探すサンチョだが、お鍋の蓋が無くなったことに関しては特に興味を示さない。
主人公が持ち出す様子をそばで見ていたのかもしれない。

DQ6

【シエーナ】【マルシェ】)のバザーで売っている「最後の1個だから特別に100G」の商品の正体がコレ。
明らかに皮の盾よりも高いボッタクリ商品であり、序盤の貴重なカネをこれに費やしてしまった多くのプレイヤーにリセットボタンを押させた。
ちなみに他の店にはどこにも売っていないが、売却すると30G(リメイク版では20G)になるので本来の適正価格は40G。やはりボッタクリである。
 
…のだが、実は入手手段がここで買うか現実の【ライフコッド】で拾うか【エビラ】が落とすかしかない上に、ここを逃すと【バーバラ】【まほうのたて】【ミレーユ】【シルバートレイ】の入手まで装備できる盾がない。
具体的に言えば前者は【アークボルト】、後者は【ベストドレッサーコンテスト】出場あるいは【さいごのかぎ】入手(どちらも【あわあわ船】が必要)と、他のメンバーはおろか歴代DQ全体においても、盾が装備できるのはだいぶ遅い時期になる。
 
つまりぜひともここで買っておきたいアイテム…かと言えばそうでもない。
繰り返すようだが強化値がたったの2ポイントなのだ。
そもそもミレーユ加入時点で、打撃攻撃のダメージが1ポイント減ったところで…という具合である。
正直こんなもんを装備して所持品を1つ埋めるくらいなら薬草でも持ってたほうがなんぼかマシである。
アイテムコンプリートなどの目的で、どうしても買いたいという場合でもすぐ買うのではなく、資金に余裕が出てからで良い。
このバザーは【カガミのカギ】入手までは続いている。まぁそこから買いに戻るのは結構遠いが。
例え買い忘れても、エビラから盗めば良い。
 
どちらかと言うと、(主に初見プレイで)直前にセーブしてない状態でうっかり買ってしまい、売却しても70G丸損だから悔しくて袋にしまっておいて、装備できるミレーユが加入することでホッとする……そんなポジション。
 
ちなみにかっこよさは驚異の-20。
【ステテコパンツ】と一緒に装備すると「相性最悪セット」としてかっこよさボーナスが30つく。
が、ステテコパンツと併せてかっこよさが120下がっているので、ボーナス込みでもかっこよさ-90という驚異のかっこ悪さを発揮する。
 
因みに、他には【主人公】【ハッサン】【チャモロ】装備グループA・B・Dのモンスターが装備可能。

DQ7

【フィッシュベル】【グランエスタード】城で40Gで売っている。
また、【あくまのつぼ】が稀に落とし、【聖風の谷】でも拾える。
あくまのつぼが落とすのは、カモフラージュのための蓋なのだろうが、それでは「壷の蓋」ではないか。
かっこよさ-20を維持。ステテコパンツとの無意味なボーナスも健在である。
 
【主人公】【マリベル】【ガボ】【メルビン】が装備可能。
過去【オルフィー】【キトンシールド】が買えるようになるまではマリベルの唯一の盾だが、やはり必要性があるかというと疑問。
DQ7は敵から得られる報酬が少なく、金欠になりやすいので、買うにしてもよく考えよう。

リメイク版

【超おなべのフタ】という強化版が登場。
元はおなべのフタの癖に、耐性を持っているという謎仕様。

DQ8

【船着き場】で40Gで販売している他、【トラペッタ】【定期船】で拾える。
【ヤンガス】【ゼシカ】が装備可能。
敵では【メタッピー】(1/32)が通常枠、【ひとくいばこ】(1/16)がレア枠で落とす。
特に後者は【船】入手後に【地図にない島】【はぐれメタル】狩りを敢行していると結構な数が貯まる。
 
最初の町でタダで拾えるので、ヤンガスが装備することになる。
説明通り「ないよりはマシ」程度のモノだが、それでもやっぱり「ないよりはマシ」なので、序盤の撃たれ弱さを気休めでもカバーするために利用させてもらおう。タダだし。
定期船で拾えるものは用がない。
ゼシカは初期装備に盾がないが、さっさとうろこの盾を装備すればよろしい。
 
錬金ではこれと【まじゅうの皮】で皮の盾が作れる。
ただし、レシピ埋め以外には完全に不要な錬金である。

3DS版

装備可能者に【ゲルダ】【モリー】が加わっている。
……が、加入時点ではもうおなべのふたは必要ないだろう。

DQ9

長らく守備力2を守り続けていたが、部位の細分化に伴う防具の守備力低下の波に乗りなんと守備力1になってしまった。
 
【ウォルロ村】で売っているが、従来作と異なり盾装備可能な職業ならどの盾も装備できるので買う必要は皆無。
盾ガード率も設定されておらず、完全に「とりあえずあるだけ」の空気である。

DQ10

盾としては登場していないが、2015年のバレンタインイベントで【マイユ】が「女らしさをみがくために料理教室の道場やぶりまでしたが、いまだにおなべのフタはついつい装備したくなる」という発言をしていた。

DQ11

【主人公(DQ11)】【セーニャ】【シルビア】【グレイグ】が装備可能な盾。
うち直しに必要な宝珠は1個。

-+1+2+3
守備力2345
盾ガード率5%

おそらく、シリーズ初の大役を与えられている。
PS4版等では【神の岩】の石碑の裏(最初の【スライム】戦後に入手可能)、3DS版等では神の岩内部を少々進んだ先にある。
どちらも冒険開始直後に手に入るが、この時に主人公が所持している武器は【イシのつるぎ】【イシの大剣】
大多数のプレイヤーは攻撃力の高いイシの大剣を装備すると思われるが、ここでおなべのふたを装備するとイシの大剣の装備が外れてしまう。すなわちDQ10未プレイのプレイヤーの多くはこの盾の存在をもって「盾を装備できない両手用武器」があることを知ることになるのだ。
 
肝心の性能はというと、守備力は2だが、今回は盾ガード率5%が設定されているためちゃんとダメージ軽減に貢献する。
特に序盤だと敵の行動パターンのほとんどが盾ガード可能な攻撃であり、そのうえ【デルカダール城下町】への道中は主人公1人、それ以外も【NPC】込みで戦闘員が2人しかいないぶん攻撃が集中するため、これによる盾ガードが発揮される機会が結構多い。
ボスの【スモーク】などは回避率が高く呪文で攻撃した方がいいので、両手剣を外してこちらを取るのも手。
また片手剣勇者の場合だとデルカダールに行けば皮の盾が売っているが、今作の皮の盾はおなべのふたと比べると肝心のガード率はそのままで守備力が2高いだけなので、わざわざ買い替えずこれを使い続けたほうがお得。
そのため本格的に【ふしぎな鍛冶】が可能になり、【うろこの盾】が作れるまでの繋ぎを十分に果たしてくれる。
そういう意味では、システム面のみならず性能面でも歴代で最も活躍した鍋蓋とも言えるだろう。
 
ちなみにデルカダール地方のキャンプにて旅の商人が1個40Gで販売しているが、複数入手可能な全装備を+0~3までコンプするような廃人コレクター以外には見向きもされないだろう。

DQMB2

カードスキャン時、盾を装備せずに青ボタンを押すとレンタルできる。
物理と特技を約10%の確率でガードできる。
 
序盤は特技をガードできる盾が無く、デスピサロ等のボスが特技を多様するため、レンタル装備でありながらそれなりに利用価値があった。
後に特技を高確率でガードできる【聖女のたて】や物理と特技を高確率でガードできる【勇者のたて】が登場したことで、優先して利用する理由がなくなりレンタル装備としてのポジションに落ち着いた。

DQH2

オープニングの片方の主人公との模擬戦で【テレシア】がこれと【ひのきのぼう】をセットで使用。
ゲーム本編で使うには【ちいさなメダル】2枚と交換する必要がある。
特殊効果は何もない、武器の見ため替えに使えるだけのネタ装備である。

DQB2

「なべのフタ」名義で登場。
レベル9になるとレシピをひらめくことが出来る最初の盾。守備力は5。
なんと【モンゾーラ島】でのレベルキャップ到達寸前であり、島でのストーリーもすでに後半という、非常に遅いタイミングでの登場となる。
というかモンゾーラでは防具全般が入手可能になるのが非常に遅く、中盤は被ダメージの多さに悩まされる。回転斬りの習得レベルと入れ替えてもよさそうなものだが…
 
見た目を気にしなければ、この盾に加えて【カメのこうら】の装備がモンゾーラ島での最強の防具の組み合わせとなる。
どこぞの召使いを彷彿とさせるダサさであり、主人公としてそれはどうなのかと言いたくなる。
【ドレッサー】で誤魔化すか、【そざい島】で皮装備のレシピを得て早々に交換したいところである。
 
【かんごく島】にはこれが入っている宝箱がある。
装備がすべて奪われた状態なので、守備力5の差であっても非常に大きい。
ここで入手できる装備では一番見つけやすいので、これとボロの服だけで副獄長らと殴り合っていたプレイヤーも多いだろう。