【トマホーガー】

Last-modified: 2020-10-29 (木) 21:57:58

概要

DQ10初出の、【バトルレックス】系統のモンスター。
黒とオレンジの体色で、【テラノライナー】と似たような配色であるが、耳元や腕の付け根、羽に黒い斑点がついている。

DQ10

偽りのグランゼドーラ外伝クエストのボス。【はやぶさ斬り】【まじん斬り】【れんごく火炎】を使う手強い相手。
詳しくはこちらを参照。

DQMJ3

ドラゴン系のSランク。ライドタイプは陸上。
【バトルレックス】【アックスドラゴン】の上位種で【ドラゴンデストロイ】の下位種。
非常に高いHPと攻撃力を併せ持ち、素早さもそこそこというアタッカー。
【アックスドラゴン】【大地の竜バウギア】の特殊配合で作成可能。
 
特性は【メガボディ】【ロケットスタート】(固定)、【ときどきテンション】【AI2回行動】【れんぞく×2】(+25)、【魔神攻撃】(+50)、【いきなりバイキルト】(+100)。
 
スキルは【バトルレックス(スキル)】

DQMJ3P

追加シナリオを進めると【まおうのつかい】【セルゲイナス】【ボーンフィッシュ】と共に【ブレイクワールド】の各地に召喚される。
【静寂の草原】の大喰らいの要塞の屋上と【凍骨の氷原】のポーラパーク東口付近の高台には【ギガボディ】の個体が出現する。
スカウトできれば戦力や配合素材として役立つが彼らにはもうひとつ重要な使い道がある。
彼らは発生場所がエリアごとに決まっており倒されてもすぐに補給されてくるため発生場所付近に陣取ってギガボディ、【超ギガボディ】のモンスターにライドしてAボタンを連打していれば勝手にレベルアップしていくのである。
【メタル狩り】すら真っ青になる効率のよさなのでギガ、超ギガモンスター育成の際は是非利用させてもらおう。
流石に光あふれる地の効率には劣るが、ディスクを起動させに行かずともルーラで行ける場所であっという間にレベル50程度にはできるので、繋ぎの配合用のためにやるなら十分役に立つ。
レベルが90以上あり、【しっぷうづき】【れんごく火炎】を使う上に会心が出やすい補正が付いているので雑魚敵ながらにそれなりに強くはあるが、元々の経験値がはぐれメタルらと比べても遜色ない高さなので、合体特性の経験値アップ極大や元気のペンダントを組み合わせればメガボディ以下のモンスターの稼ぎにも活用はできるだろう。
ロケットスタートを超生配合で他のモンスターに移植する際にも役立つ。