【メイ】

Last-modified: 2019-09-15 (日) 08:40:28

DQ4 Edit

DQ4に登場するキャラクターの一人。
2章の【フレノール】でアリーナ姫一行が遭遇することになるニセ姫様。
偽ブライ偽クリフトを引き連れて旅をしている。
英語版での名前はNES版ではMay、DS版以降ではAnya。
 
本来は【パノン】と同じ旅芸人であり、姫様のフリをしていたらチヤホヤされてやめられなくなってしまった、とのこと。
フレノールでも本物の姫だと思い込んだ人々から大歓迎を受けるが、やっぱり本物の姫だと思い込んだ盗賊に誘拐されてしまう。
犯人側の要求の【おうごんのうでわ】をアリーナ姫一行が持ってきた事で彼女は解放され、その晩のうちに街の人々に自分達がニセモノであることを伝えて去っていった。
ほぼ初対面でアリーナが本物の姫だと見抜いている。
その際、助けてくれたお礼にくれるのが【とうぞくのかぎ】
こいつら本当に旅芸人なのだろうか?
 
ニセモノだけあってアリーナ程の美少女ではないらしく、その容姿はフレノールの【おばさん】曰く「大したことない」。
蓄えを差し出そうとした【老人】の申し出は断っているあたり、決して根が悪い人ではないようだ。
 
FC版【公式ガイドブック】では上巻にイラストが載っている。
そこそこの美少女だが本物のアリーナと違って目付きが鋭く、髪は金髪。
服装は本物とそっくりだが、ベルトのバックルに「M」の字が入っている。

PS版 Edit

第五章で移民として再登場する。パーティにアリーナが居ると出現することがある。
二章では救出された際に【踊り子】の姿になっていたが、五章では再び【姫】の姿で登場する。
フレノールでの一件の後お供の二人とはぐれてしまい、世界中を探し回ったものの見つからず、困り果てていた。
ただ、その間も相変わらず行く先々でアリーナ姫の名前は騙っていた様子。
やはり根は善人のようで、移民の町を教えなかった場合はアリーナに会えただけで元気が出たと言い、旅の無事を祈ってくれる。
 
移民の町でも相変わらず二人を探しており、いつまで経っても再会できない二人のことを心配している。
お供の【ワリフト】【プライ】を移民させた後は再会を喜び、「これもあなた達のおかげ」と感謝してくれる。
ちなみに彼女は、移民カテゴリー上はちゃんと「姫」扱いなので、【キングキャッスル】の作成にも一役買ってくれる。
というより、移民の「姫」は基本的にバッタもんばかりである。
まあ本物のお姫様がホイホイ移民するというのもそれはそれでどうかと思うが。

小説版・CDシアター版 Edit

小説版ではアリーナに助けられた際に「あなたが王子さまだったら」といい、去り際にアリーナの唇を奪っている
【久美沙織】らしい耽美な展開である。
小説版とCDシアター版では誘拐犯の名前が判明しており、小説版では【ミスター ハン】に誘拐される。
 
CDシアター版での声優は永島由子。
CDシアター版では【バコタ】に誘拐される。

DQ9 Edit

【エルシオン学院】でハンマーの扱いを教えている女教師。
クエスト【ハンマーチャンス!】【もどれブーメラン!】に登場するほか、
ハンマー秘伝書のクエスト【こうらを背負って】を依頼してくる。
次期学院長の座を狙っている野心家でもある。