Top > 青魔法・敵の技 > 【はりせんぼん】


青魔法・敵の技/【はりせんぼん】

Last-modified: 2019-02-11 (月) 20:13:28

単体に1000ポイントの固定ダメージを与える。
青魔法として使えたり使えなかったり。


相手や自分の能力に依存せず固定1000ダメージという特徴があるため、敵のHP調整に使える。
例えばHP5000の敵であれば「針千本×4→敵にポーション→針千本」とすることで、
HPを50まで確実に削ることができる。
グラビデなどに耐性があるボスキャラなどでも有効なのがメリット。
縛りプレイをするなら知っておいても良い。


当然だが元々のHPが1000以下の敵に使えば確殺。逆に数万など膨大なHPを誇る敵には焼け石に水である。
敵の体力そのものが使い勝手に影響するある意味珍しい技。


針1本あたりのダメージが1と逆算できるため、1ダメージは針が刺さる程度のダメージとこの技から推測できる。
もちろん針の太さ・長さや当たり所などにも依るだろうから断言はできないが……。

  • 1ダメージ固定の攻撃を無数に与えるという攻撃はD&Dにも存在する。クリーピング・ドゥームという白魔法で、無数の小さな虫を呼び出して敵を襲わせる。その虫は防御力や回避率を無視して1ダメージを与えるが、ダメージを与えた虫はミツバチのように死ぬため、呼び出した数=ダメージとなる。(呼び出す数はかなりの数だが、はりせんぼんのように固定ではない。)

関連項目:特技/【針千本】






FF5 Edit

効果は単体に1000の固定ダメージを与える青魔法
最速でラーニング可能な時期は第1世界のロンカ遺跡
ラミアを操りこちらに使わせるとラーニングできる。
消費MPは25と高めだが、この時点で確定1000ダメージは結構凄いので、ラーニングしておくと良い。
ギルガメッシュ二回目ぐらいまでは使える。
それ以降でも、他に強い技や魔法をセットする余裕がなかった場合のダメージソースとして活躍できる。
第三世界では流石に厳しいが。

  • 後半使うにはMP効率が悪いのも痛い。黒のガ系魔法と消費が同じで1000固定ダメではやっぱり微妙。
  • 第三世界では流石に厳しいが
    確かに「第3世界全体という枠組み」では厳しいが、序盤でのアントリオン相手には効果覿面。
    怪音波の連発で弱体化させられ続ける中で安定したダメージソースとなるこれはうってつけ。
  • 攻略情報を知らないプレイヤーにとってはメリュジーヌ相手に役立ったなんてこともあるだろう。
  • 逃走禁止プレイ中に第二世界クーザー城のシールドドラゴンとエンカウント。
    事前にあやつるをセットするの忘れててリセット確定かと思ったが、この技の存在を思い出してなんとか退けた事があったな。

FF6 Edit

ストラゴスの「おぼえたわざ(青魔法)」の1つ。
効果は前作5と変わらず、単体に1000の固定ダメージを与える。
魔大陸コジャが使用。どこから針を出すのか解らないがラーニングしておこう。
ネラパ戦でストラゴスがいるならこれで攻撃しよう。
それ以降は強力な物理系攻撃や魔法が使えるのでお払い箱になる。

  • 単体にたった1000ダメージで消費MP50はちょっと割りに合わない…。
    • 一応、消費MPに関してはスリースターズで解決できるが…それでもなぁ…。
      • アスピルがあれば、少なくともアクセサリ枠や消費MP量の心配をせず使う事は可能。
  • ドリル装備で進めていると厄介な技。
  • サボテンダー相手に使うのも一興。ってか、この技と言ったらサボテンダーと思うのは自分だけか。
    • そのサボテンダーが使用してくる場合は字幕がちょっと面白い。
      「何かを束ねている」とわざわざ表示してくれる。
      ただ、同じように字幕で「仕事量を10倍にした!」と出たときは
      針千本を10連発してくるので非常に危険。
      これが後の「針万本」になったのだろうか。
      • むしろ束ねないで発射して来る他の敵は、いったいどうやってこの技を使っているのか?

あばれる」では、コジャ、フェイズ、サボテンダーで使用可能。

FF6(GBA版以降) Edit

追加モンスター勢ではギルガメッシュジャボテンダースケッチ使用時含む)が使用する。
特にジャボテンダーのは頻繁に2・4連射する勢いの激しさに加えて、オマケにFAの10連射は凄まじいの一言。

FF9 Edit

クイナの「青魔法」の1つ。消費MPは8。
外側の大陸忘れ去られた大陸に出現するサボテンダーたべると覚えられる。
外側の大陸に初めて訪れた時に習得出来れば、しばらくはジタンと並ぶパーティの主戦力となるだろう。
たべるために敵のHPを調整するのにも使える。


コストが低く、入手時期も早い。おそらくシリーズ中で最も優遇されてると思う。

  • そうか?この時点でクイナは武器攻撃で1000前後を与えられるようになっているし(カエル取りで銀のフォーク取得で。もちろんムラはあるが)、直後に戦列を離脱するのでやはり微妙だと思う。
    • 初見プレイだとクイナは扱いづらいため、安定した攻撃力はなかなか魅力的。
      実際の使い勝手はともかくとして、習得時の印象が残りやすい魔法だと思う。
  • 枯れた森では属性強化したレベル4ホーリーの方が使いやすい。
    再加入後は敵のHPが高く、上位性能のデッドペッパーが使えるため影が薄くなる。

ダンタリアン戦で使用できればもっと評価されていたはず。

FF10-2 Edit

魔銃士で使用可能な「魔銃弾」の1つ。消費MPは24。
敵単体・または味方単体に1000の固定ダメージを与える。
言わずとも分かるだろうが、サボテンダーからラーニングできる。
10-2ではこれの使用はもはや趣味の領域。習得も趣味の領域。


入手時期があまりに遅すぎる……

  • 「えっ、このゲームにもはりせんぼんあったんだ」と思わせるぐらい修得時期遅い。
    ^せめて「はりまんぼん」にしてほしかった…

FF11 Edit

サボテンダー族からラーニング可能な青魔道士青魔法。魔法系青魔法に分類される。
自身を中心とした範囲内の敵全てに、合計で1000ダメージを与える。
ただし、敵の耐性やダメージカット、レジスト等の影響を受けてしまうため、
きっちり1000ダメージを与えることはまれ。
消費MPも高く、使えない青魔法となってしまった。


詳細はこちら→針千本

FF14 Edit

青魔法。サボテンダー系からラーニングできる。表記は「針千本」
自分中心円範囲に針千本を飛ばして物理ダメージを与える。固定ダメージ1000。
ただし、あたる敵の数によって威力は分割される。
見るだけでいいので低レベルでもラーニングでき、レベル30以下の敵なら一撃で倒せる。

  • この為、低レベルで覚えられると、レベル30くらいまでは、あっという間に上げられたりする。
  • 詠唱が6秒あるので、スティッキータン(引き寄せ&スタン4秒)→どんぐり爆弾(対象を中心に範囲攻撃&睡眠30秒)を組み合わせることで安全に狩れる。
  • Lv50に到達するまではほとんどの場合これが単体最高火力となるので、パワーレベリングを使わない場合レベリングの主力技となる。

FFEX Edit

青魔法の1つ。