Top > キャラクター > 【ツキノワ】


キャラクター/【ツキノワ】

Last-modified: 2018-04-25 (水) 01:03:26

名の由来・月の輪は、「満月」のこと。フル・ムーン。


FF4TA Edit

概要 Edit

FF4 THE AFTER 月の帰還に登場する忍者の子供。
エッジの配下である4忍者のうちの1人、風のツキノワ(他のメンバーは炎のゲッコウ、雷のザンゲツ、水のイザヨイ)。
年齢は子供の域を脱していないが、その素早さは大人にも勝る。
風属性(はFF4には存在しないので実際には「飛び道具」属性)の忍術と盗みが得意。


性能を一言でいうと投げるの使えないFF4本編のエッジを素早さ以外一回り弱くしたといったところ。
ただ素早さが高いのは素直に評価でき、の中では一番使い勝手がいい。


ポロムの事が気になるらしい。

  • 終章後編では念願のポロムとのバンドが登場。
  • とにかくセリフに「ポロム」がよく出てくる。
    他の連中が仕事、任務と言うのに比べると幼い雰囲気出てるなあ・・・。
  • 主君に「好きに生きろ」と言われた彼がエンディングで選んだのは忍の道。
    ポロムとは幸せになって欲しいがどうなるのだろう。
    • 忍ぶ恋もまた彼の道なのかも。
  • 力尽きるときのセリフは「お館様…ポロム…さん…」。お館様と同じくらい気にしてたのだろう。
    ちなみにゲッコウは「お館様…お許しを…」
    ザンゲツは「無念…」
    イザヨイは「エッジ…様…」

雰囲気がパロムに似ているらしい。密偵中ポロムにパロムと勘違いされていた(姿は見られてないが)。


結局こいつ年いくつなんだ?セオドアより若そうだが。

  • 10歳以下じゃないか?密偵として潜入したミシディアの魔法学校では小学生に似た感じの扱い受けていたし。
    • ポロムとは10歳前後年が離れてる計算に。実は結構マセてる?
      • 「憧れのお姉さん」という可能性あり

エッジ編にてミシディアの魔法学校?での学生になりすまし密偵として活動。
試練の山に向かったポロムを追いかけたが山頂にて見失う。
その後単身バブイルの塔に進入したエッジと合流する。
 
集結編では他の三人とお留守番。
 
素早さに特化したタイプで、その素早さはエッジの上を行く。
パーティメンバーによってはツキノワと他のメンバーのゲージのたまり方の次元が違う。
 
二刀流の為攻撃力もそこそこあり、後列斬りも可能だが、HPが少なく事故死しやすい。
ただザンゲツとのバンド技「疾風迅雷」は便利。

でも攻撃を防ぐ為の「ぶんしん」や「炎のマフラー」と言った属性防御の防具があればかなり強力。
ナレッジリング」を使ってHPMPの回復役にもなれる超万能型戦士になれる。

  • ナレッジリングといえばばらまき王じゃないの?
  • ナレッジ装備しちゃったら守りの指輪を装備できなくなるから属性吸収はできなくなるぞ。

因みにミシディアに潜入した時の偽名は「ラパン」。

  • フランス語"Lapin"はウサギを意味する。エブラーナ4人衆の名前が「月」だから、ということか。

どうやってミシディアにやって来たのかと思ったら、なんと右足が沈む前に左足、左足が沈む前に右足、
という感じで海を走って来たらしい。もしかしてエブラーナ民はこの方法でエブラーナの洞窟に逃げ込んだのだろうか。


両利きで「ぬすむ」が使えるなど、エッジと似た特徴が多い。
特に素早さは突出しているが、総合力ではエッジの方に軍配が上がるためか、
装備品も大体エッジのお下がりを回される事が多い様である。
HPも魔導士系キャラ並みの低さのため、片手に投擲武器を装備させて後列で戦わせる方が無難である。

  • ライジングサン+刀で、後列にいながら前衛とタメを張る攻撃力を出せるのも魅力的。
    素早いから鈍重な戦士系キャラ(セシル、シド、ゲッコウとか)が1回攻撃するまでに、
    2回ターンが回ってくることもザラで、考えて使えば非常に強いキャラである。

バンド技的にも各キャラの役割的にもザンゲツポロムとの相性が抜群。ついでに本人は超高速アタッカーを担える、とメンバーの中核を担えるポテンシャルは十分秘めている。すぐ死ぬけど。

  • 初見プレイでこの3人+セオドア&アーシュラで突撃してみたがツキノワが群を抜いて速い分ザンゲツやポロムのペースに合わせてバンド技が使えること、そのバンド技の疾風迅雷癒しの風が超優秀なことも相まってスタメン確定。ザンゲツの雷迅もうまい具合にPTの弱点を補ってくれるのも◎。

エッジ編冒頭では腕試しのバトルで敵キャラクターとしても登場する。このときは弱い。


盗める人。速いので便利といえば便利。でもよく死ぬ。
能力的に、昔(本編時代)のエッジと一番近い。


子供なのに戦闘ドットがこっち向いてない。


初期レベルは5。
初期装備は、くない×2、皮の帽子下忍の服鉄の腕輪

小説版 Edit

終盤、リディアや他の四人衆とともに行動し、幻獣王夫妻やバハムートと戦ったりした。
また、年の頃7、8歳という記述がある。

PFF Edit

2015/12/23に追加されたプレミアムメモリア。

さ、参りましょう!お館様!

武器は。実装時に「天の叢雲」をまれに持っていた。
魔法補正なし。

力と素早さが高く、HPと幸運が低め。
刀装備で幸運は補正があるので低めではあるが、そこまで気にならない。
プレミアムスキルは自身の回避回数で威力が上がるもの。