Top > 武器 > 【刀】
HTML convert time to 0.024 sec.


武器/【刀】

Last-modified: 2018-08-16 (木) 15:20:18




概要 Edit

いわゆる日本刀。現在でも、刀の愛好家はいるので色々な作品で見られることが多い。
実在の刀、フィクションの刀、名匠の名を冠したものなど
ほとんどのものにちゃんとした名前がついてるあたりに制作サイドのこだわりを感じる。
侍に代表される、東洋系のキャラやジョブが使用することも多い。
系統内での最強の座が作品毎に頻繁に変わる。
なお、刀は材質に特殊な金属が用いられており「斬る」事に特化していることから、
西洋では(甲冑相手には「斬る」よりもその重さで攻撃する)普通の剣よりも強いように思われているようだ。

  • 大雑把にいえば、曲がりやすいが折れにくい鉄を芯にし、その外側を硬度は高いが折れやすい鋼鉄で包む
    ような構造にすることで「折れず・曲がらず・よく切れる」という特性を実現している。
  • 切れ味鋭いイメージは大陸の人間が広めたもの。実際には古来の戦争では刀は鈍器としても用いられていたし、
    侍の証となったのはここ400年の話であって、それより前は治安の悪さから犯罪の凶器としても護身用としても
    身分問わず多くの人間が所持していた。

日本の製鉄技術の結晶とも言える日本刀は、その破壊力の割りに大変軽い。
一般的な打刀が約700~1400gとされ、これは槍や矛はもちろん、西洋剣の重さの半分以下であり、
携行性に大変優れている。
そのため日本刀は弓矢や槍・長刀といった長柄武器の補助兵器として使用されることも多い。
乱戦時には弓矢や槍は味方を巻き込む恐れがあるため、一転して刀が主力となる。
特性によって近距離、中距離、遠距離とそれぞれの用途で武器が使い分けられるのは当然の理屈であり、
その中で刀は近接に特化した武器となる。

  • 明の時代の中国大陸では猛威を振るっている。
    朝廷が倭寇に手を焼いたのも、この日本刀の破壊力が原因と言われている。
  • 驚くほどの軽さを持ちながらも、「兜割り」のように、鋼鉄の防具を断ち切る威力を見せる。
  • 構造的な問題から脆弱性がある(特に柄・目釘の部分)。
    もっとも他武器同様、ゲームではそういったデメリットは特に表現されない。(西洋剣の実際の切れ味等)
  • 色々な意味で人気の武器だが、薄い刀身は肉厚な武器と比べればやはり強度に劣る。
    あくまでも「打撃力」ではなく「切断力」に特化した武器と言える。
    • 同時代同士で比較すれば、むしろ西洋剣の方が幅広なぶん、刀身自体は薄く軽い。
      あちらは鍔や柄頭が重く、したがって重心・用法も違うのに、それらを考慮せず単純に目方の差で(両者とも)性能が過大/過小評価されてしまっているように思う。

武器としてのみではなく、美術品としても海外から高く評価されている。
俺達の祖国は凄いぜッ!!

  • 他国の高価な刀剣が装飾の美しさを評価の対象にしているのに対し、
    日本刀は刀身自体を評価の対象としている。
    なお当然ながら日本国内でも評価は高く、国宝の約1割が日本刀である。

関連項目:

FF1 Edit

マサムネが最強武器として存在している。
だがこの頃はまだ系統としては確立されておらず、に分類される。


FC版の時点で、FF1ではシミターもマサムネと同じ外見だった。
なので刀というカテゴリ分けすら成り立っていない。

FF1(GBA版以降) Edit

多くの刀が登場したため、刀としてカテゴリ分けがされているようになった。
ただしメニュー画面では忍者刀とは区別されていないようだ。また、日本刀に限定されていない。

種類 Edit

FC版から登場

GBA版から追加

  • こてつ
  • あしゅら
  • きくいちもんじ
  • ムラサメ
    • これはGBA版のアイコンからの分類
      戦闘ではサスケの刀とムラサメは短刀、フォールチョンは片刃だけど刀とは言いがたい
      (FCではフレームソードと同じ)。
      • フォールチョンは柳葉刀とも呼ばれているからだろう。

FF2 Edit

FF1同様マサムネが最強武器として存在しているが、今作でも剣に分類される。

  • FF2の場合はカテゴリごとに熟練度が設定されているので、
    刀の熟練度が無い以上、刀は剣とのカテゴリ分けが不可能だと思われる。
  • 一応、リメイク版ではマサムネやサンブレード等は通常の剣とアイコンが微妙に違う。

FF3 Edit

ようやく一つの系統として確立された。……と思いきや魔剣士の装備品である暗黒剣として。
マサムネが最強武器の座を降りたのも本作から。
ただし、刀(あくまでアイコン上の系統)としてなら最強の座は維持している。

FFシリーズお馴染みの阿修羅虎鉄菊一文字は本作から登場。
種類及び詳細は暗黒剣の項を参照。

FF4 Edit

FF4でも一つの系統として確立しているが、今度は忍刀として。
エッジの専用装備。
マサムネは系統内での最強の座を保持している。
ムラサメが初登場。
斬撃のエフェクトが暗黒剣とほぼ同一。前作の名残だろうか…?


エブラーナ製の細身の刀。
普通の剣とは扱い方が違うため、エブラーナの忍者でないと使えない。
忍刀は一般的には、阿修羅や菊一文字のような長い日本刀タイプを右手に、
虎鉄のような短めの脇差タイプを左手に、という二刀流で装備することが多い。
忍刀の鍔は苦無を仕込んでおける設計になっており、いつでも投げられるように準備可能。
(基礎知識編より)

  • 小柄と苦無が混同された結果の設定だろうか……。ちなみにどちらも現実だと投擲にはあまり適さない武器です。

『忍刀』一覧はこちら
DS版の『忍刀』一覧はこちら

FF4イージータイプ Edit

ちなみにイージータイプでは、苦無の名前がそのまんま「かたな」になっている。
阿修羅も「しのびがたな」に…。

FF4TA Edit

エッジ、ゲッコウザンゲツイザヨイツキノワが装備可能。
前作ではどれも無属性だったが、今作では一部属性を持った物が新登場した。
他、一部GBA版の物も登場している。


単品では攻撃力はそれほど高くなく、2本装備する事が前提となっている。
そのため両効きのエッジとツキノワに優先的に回すのが望ましい。


『忍刀』一覧はこちら

FF5 Edit

ようやく一つの系統として確立した。の武器。
高い攻撃力と、一定確率でクリティカルヒットがでる。
ちなみに、刀自身にクリティカルの特性があるわけではなく、
全ての武器にクリティカル発動率が設定されているが、刀と一部の弓矢を除いて0%と言うのが真相。
最強は「天叢雲」。「正宗」はさきがけという特殊能力を付加する方向にシフトした。
また、前作では「忍刀」として一緒になっていた忍者用の忍者刀も別の系統として分化した。


左手に装備すると、妙な振り方で攻撃する(SFC版)

  • 右手だと順手で振りおろしているのに対して、左手では逆手握りで斜め下から上に振り上げている。ジタンの短剣をイメージすると良い。
    切り口の向きが左右で異なるなど芸が細かい。
    因みに刀のクリティカル時は切り口が上下から分断されるように入るため左右どちらでも違和感ない。

魔法剣がかからないのが欠点。

  • クリティカルとの兼ね合いだろうか?魔法剣でクリティカルとか出たら普通にカンスト連発しそうだもんな…。

『刀』一覧はこちら

FF6 Edit

カイエンの装備として登場。必殺剣を発動するのに必要。
最強は「陸奥守」。まさか坂本竜馬愛用の刀が来るとは誰も思わなかったはず。

  • LIVE A LIVEでも陸奥守「ヨシユキ」の名称で同刀が登場。高攻撃力に加えて麻痺の追加効果も持つ。当然幕末編での登場。それがどのような形で登場するかは…プレイしてのお楽しみ。

魔法回避率などへの装備補正効果もほとんどなく、純粋な威力でみても「」に比べてやや不遇。
なにげに魔封剣可能。

  • FF5の名残でクリティカル率が高い、なんて特典もなく、攻撃力は忍者刀より下と、
    まぁまぁ高い攻撃力以外はあまり長所を感じない。
  • 忍者刀とともに、店売り最強の品が崩壊前限定販売。

『刀』一覧はこちら

FF7 Edit

刀という系統は消滅し、再び剣に統合された。
クラウドが使用するが、他の剣がやたらでかいのに対し、
刀はやたら細く、少々頼りなく見える。
最強の座には正宗が返り咲いた。味方が使えないと言う欠点はあるが、
チートまがいの性能と、セフィロスの愛用品であるためイベントで頻繁にクローズアップされるなど、
ある意味シリーズで最も優遇されている。


武器系統としての刀はなくなったものの、
本作では、村雨天の叢雲陸奥守吉行などの東洋刀っぽい武器が存在する。
また、刀ではないが、シドが装備できる槍にも
蛇矛方天画戟青龍偃月刀といった東洋風の武器が存在する。

BCFF7 Edit

読んで字のごとく刀(男)の使用武器系統。
村雨真・村雨が登場する。


剣タイプのレイブンの武器も刀に見えるのだが、ゲーム中での台詞を見るに大剣に近いようだ。

FF10 Edit

アーロンの武器。
多くの武器に貫通のアビリティがついており、硬い敵に効果大。
最強は正宗。防御無視・HP低下による攻撃力上昇など、特性がバリアントナイフに似ている。
他、さきがけも付いている点では5のものとも共通する。


源氏の刀」が今作で遂に登場。


刀は細長い刃とシンプルなデザインが特徴なのに、FF10の刀は幅広で派手なデザインが多い。


カテゴリは刀じゃなくて太刀じゃないかとも思う。

  • というか、刀よりも某ベルセルク的な「剣と呼ぶには~」な武器が多い。
    片刃大剣、と呼ぶ方が相応しいかもしれない。

FF11 Edit

「片手刀」、「両手刀」と呼ばれる武器系統が存在している。
「片手刀」は忍者専用。こちらは「忍者刀」の項で述べる。
「両手刀」はが主に振るうことになる武器。一応、忍者も一部の両手刀も装備可能であるが片手刀の方が強いので使われない。
両手刀は攻撃力の割りに攻撃間隔が長い、その分は必殺技「ウェポンスキル」連発で補える。


詳しくはこちら→両手刀

FF12 Edit

両手刀という分類。CT29。
魔力依存武器だが、実際は力もダメージ量に影響し、しかも力の影響のほうが大きい。
さらに力依存武器と比べるとダメージ係数が小さくなる傾向になる。
基本攻撃力も武器回避も低いが、連撃発生率が高い。


最強はマサムネ
マサムネは抜きん出た連撃発生率で、源氏の小手を装備すれば連撃率は72%まで上昇する。
連撃は残りHPが低いほどヒット数が増えるため、
極限までHPを削った状態のマサムネは最強火力の武器になる。
が、細かいダメージを何発も叩き込むことでヘイトが溜まってしまうため、盾役が必要となる。


小烏丸」「邪迎八景」が新たに登場。


『両手刀』一覧はこちら

FF12RW Edit

忍者系エアサムライ系専用の武器。
残念ながら武器の名前を知る術は無い。
が、一応内部データには以下の武器が存在し、実際に使われている。

FF14 Edit

分類としては、が使用する武器。
なお、刀の形状をし、刀の名前がついた武器は、ナイト暗黒騎士忍者にも存在する。
ただし、これらは分類上ではそれぞれ、ナイトの刀は片手剣、暗黒騎士の刀は両手剣、
忍者の刀は双剣となっている。

FF15 Edit

大剣に分類される正宗源氏の刀が登場するが、見た目が刀なだけで機能的にはあくまでも大剣である。
機能的にも刀と言えるのがファントムソード闘王の刀で、居合い抜きなど固有のモーションがある。
DLC「オンライン拡張パック:戦友」では武器カテゴリの一つに刀がある。

FFT Edit

の武器。引き出す刀魂放気のアビリティにより、秘められた力で広範囲への攻撃などが可能になった。
最強は塵地螺鈿飾剣


ダメージ計算式にbraveが用いられている武器なので、
高braveキャラがつかうと意外な大ダメージを与えることが出来る。

  • 攻撃力は普通の剣よりちょっと強い程度なので二刀流ほどの驚きはないかも。
    侍が盾を装備できないためか、武器回避率が前衛用としては高め。
  • braveの高い忍者に刀装備をすると、元々の高い物理攻撃力もあり、なかなかの火力に。
    ちょっとずるいが、塵地螺鈿飾剣を二刀流ならティアマットもわりと簡単に倒せる。
    ただ忍者は打たれ弱いから、相手との距離を考えないとほかのやつらの餌食に。
    • ちなみに刀が手に入りにくい序盤でも同じくbrave依存の格闘素手パンチが猛威を振るう。
  • 計算式は騎士剣と同じくAT×WP×brave%。つまりbraveが100なければ真価を発揮できない。というかAT×WPで済む通常剣なんかに比べて損をする式である。騎士剣ならWPが圧倒的に高いので気にならないが、同時期に入る剣より1、2高い程度の刀では、braveが90を超えてないと火力不足に感じられる。そういう意味でもFFTの侍は不遇だ。
    • そこらへんを考慮されたのか、店売りの刀は同時期の剣よりも攻撃力が高く設定されている。
      しかし非売品の刀が、入手があまりにも面倒な正宗ディープダンジョン最深部で掘り出す塵地螺鈿飾剣の二つしかなく、ナイトらが騎士剣を使う頃になるとやはり攻撃力で水を空けられてしまう。

PSP版では斧や忍者刀には新種が追加されたのに刀は無い。
刀は追加すると引き出すも用意しないといけないからかとちょっと疑った自分。
まあもともと塵地螺鈿飾剣がそこそこ強いのだが。


本作ではどちらかと言うと、武器としてよりも消耗品(「引き出す」の触媒)として扱われることの方が多い。
また必ずしも攻撃力の高い刀なら「引き出す」際も強いというわけではない(というか補助や回復効果のものもある)ため、様々な種類の刀を何本もストックしておく必要がある。
最弱の阿修羅ですら「安価で数を揃えられる割には強い」という便利アイテムとして重宝される。
そのため複数入手の難しい正宗や塵地螺鈿飾剣よりも、店売り品の方が有益に使えるという逆転現象が発生する。


『刀』一覧はこちら

FFTA Edit

ノサダ」「羅月伝武」など数種類が新たに加わる。
最強は「百式正宗」。
FFTAに侍はいないので、忍者アサシンが装備する。


『刀』一覧はこちら

FFTA2 Edit

新規追加された武器はないが、代わりに装備可能なジョブが増えた。


『刀』一覧はこちら

DFF Edit

EXフォース吸収できる距離を長め、離れていてもEXフォースを伸ばせるものもあり、実用性は高い。
全ての武器を装備できるフリオニールバッツに加えて、
ガーランドセフィロスが装備できる武器系統。
また、セフィロスの専用武器はこの系統の能力値を持つ。


『刀』一覧はこちら

DDFF Edit

引き続き武器カテゴリの一つとして登場。
ステータス的にはBRVとATKは上昇し、DEFが少し下がる。
前作に比べてEXフォースの吸収距離は短くなってしまったが、それでも強力な追加効果を持っている。


初期装備可能キャラはWOLガーランドフリオセシルカインバッツギルガメッシュクラウドセフィロススコールヴァンライトニングの12人。
また、セフィロス、ギルガメッシュの専用武器はこの系統の能力値を持つ。


『刀』一覧はこちら

FFL Edit

今作では忍者だけでなく、シーフも装備できるようになった。
これによりナイフしか装備できず火力不足なシーフでもある程度アタッカーになれる。
武器/【忍者刀】

FFL2 Edit

今作では斧やハンマーと同じカテゴリ扱いの武器となっており、装備すると攻撃力とHPが上昇する。
装備可能者はトゥモロ、リーグ、パライの3名。

FF零式 Edit

ジャックの武器カテゴリ。
非常に高い攻撃力と素早い攻撃速度を持つ反面、抜刀時は移動速度が極端に遅くなってしまう。


『刀』一覧はこちら

FFEX Edit

『刀』一覧はこちら
『刀技』一覧はこちら

FFB Edit

サービス開始直後は、少しの強化で即戦力に出来る阿修羅があり、
そのすぐ後には備前長船虎徹といった
攻撃力が高く手に入りやすい刀の実装が早かったためかなりの優遇系列だった。


『刀』一覧はこちら

FFRK Edit

武器の分類の1つ。

PFF Edit

ミスティックウェポン佐助の刀
と同時に幸運が上がる武器が殆ど。
幸運はクリティカルに直結するため、高クリティカルを出す刀というイメージ。
炎・水・風属性のみ普通に「太刀」及び「小太刀」から錬金で作れるが、刀装備のメモリアの初期装備を錬金すると無属性の刀しか手に入らないという罠がある。
忍者は小太刀、用心棒野太刀と地味に忍刀と侍刀で分かれているようだが、ステータス的には特に変化はない。

サガシリーズ Edit

ロマサガ2では両手大剣に『カタナ』『青竜刀』『妖刀龍光』『名刀千鳥』が登場。いずれも曲刀であり、刀の反りを活かした『落月破斬』という投擲攻撃が可能。
ロマサガ3では『妖刀龍光』が続投のほか、『東方不敗』『月下美人』が登場。コマンダーモードにて『花鳥乱月』という、やはり投擲技を使用できる。