Top > 特技 > 【ブレイズ】


特技/【ブレイズ】

Last-modified: 2018-12-18 (火) 15:05:48

敵の使用する炎のような冷気攻撃。ほとんどに共通する特徴として、
「冷気属性あるいはそれに類するステータス異常を付加」「炎に似た攻撃エフェクト」などがある。
ブレイズとは炎を意味する単語だが、FFシリーズでは何故か多くの場合冷気に関連している。
FFTでは冷気属性のブレイズガンだけでなく、
わざわざ炎属性のグレイシャルガン(本来は氷を意味する)が登場するあたり、
「ブレイズ=冷気」と言うのはFFシリーズの不文律なのかもしれない。

  • ただし、時々本来の意味で使われることもある。
  • 英語版DQのメラがこれであったと思う。

青魔法・敵の技/【ブレイズ】


FF4 Edit

敵専用の冷気属性攻撃で、キマイラブレインなどが使用。
対象の最大HPの1/4(=25%)の割合ダメージを与える。端数切捨て。
フレイム系装備をつけているキャラなら最大HPの10%のダメージに抑えられる。
アイス系装備しかつけていないと氷弱点になって、最大HPの1/2のダメージ。

  • 耐性がある場合は、最大HPの10%に抑える。
    半減と激減、どちらの耐性でも同じ。
    吸収できる場合、使用者の現在HPの30%(推定)を回復できる。

エフェクトは炎と同じだが、色が違う。

FF4イージータイプ Edit

イージー版では「あおじろきほのお(青白き炎)」と言う名前になっている。

  • 見た目をそのまま名前にした感じだな。
    • 子供でもプレイ出来るようにと様々な物の名称が変更されているイージータイプだが
      「炎」と言い切っておきながら冷気属性なあたり、却って混乱させているような気がしないでもない。

FF4(DS版) Edit

DS版でもかなり威力がアップしているので、
封印の洞窟バブイルの巨人へ向かう場合はそれなりの装備が必要。


ちなみに本来の意味通りの炎属性。
他作品から移ってきた人は混同しないように。

  • SFC版準拠の作品で冷気属性だったので混同しやすい。

FF4TA Edit

「使用者の現在HP依存のダメージ」に効果が変更されている。キマイラブレイン凶悪化の元凶。

FF5 Edit

敵専用の魔法攻撃で、敵全員に冷気属性ダメージ+スリップ効果。
それほど威力は高くないが、ストーカー戦で連発されると辛い。
姉妹版にプチブレイズがある。
英語で「ブレイズ(Blaze)」は炎の意味だが、エフェクトがファイラの白色版である点にその名残が見える。
「フレイム(Flame)」と「ブレイズ」なら後者の方が激しい炎を意味するらしい。

  • スリップの追加効果があるのは冷気属性で足元が凍って “滑る(スリップ)” から、だと思われるw
  • 冷たい炎、といったところか?
    • それなんて低温火傷?
  • 馴染みのない英語名と白いファイラの演出から、炎属性なのか冷気属性なのか分からなくて対応に困った記憶が。特殊な冷気属性魔法なら「フリーズ」とかでいいだろうに。なぜブレイズ?
  • バラエティー番組などでよく見かける「白い冷気ガス噴射」がブレイズの実態に近いのだろうか。
    もっともそういうものは20年前はなかったから「冷たい炎」のイメージはちょっと難しかったなあ。
  • FF4(SFC準拠)の頃と属性や演出は基本的に同じ。しかも普通にプレイしている場合ならFF4よりも威力は低く感じられる。が、ボスがカウンターで使う点・FF4より圧倒的に速いスリップ効果が加わっているため、印象が強い。

冷気属性なのでアイスシールド炎の指輪で防げる。
なお調合で防ぐ場合、レジストファイアではなくレジストアイスなので注意。
アイスシールドなどで吸収した場合HPは回復するが、スリップ状態になってしまう。
炎の指輪などで無効化すれば、ダメージもスリップ効果も受けない。

  • スマホ版では炎の指輪で属性ダメージを無効化してもスリップを受ける仕様に変更。
    かなり厄介な技になった。レジストアイスでもスリップを受ける。どちらもver1.1.3で確認。

基本攻撃力は60なのだが、地味に魔法防御力を無視する攻撃である。
追加効果がスリップだったり、連発してくる場合があったりと
危険度は高い攻撃となってしまっている。

PFF Edit

主にキマイラ系が使ってくるチャージ技。
エフェクトはFF5のもの。
味方全員にダメージを与え、追加で必ずスリップになる。
味方全体ではなく、味方1人ずつに判定がある技。

FFRK Edit

敵単体に氷属性の魔法攻撃でダメージを与える共通必殺技。
必殺技がついている装備は氷のつえ【IX】