Top > 裏技・バグ > 【アルベドホーム・ループ】


裏技・バグ/【アルベドホーム・ループ】

Last-modified: 2019-09-21 (土) 00:28:58

FF10(INT版) Edit

インターナショナル版で追加されたヘレティック・イフリートのイベントにまつわるバグ。

飛空艇入手後に再びアルベドホームに入ることで、ストーリーがアルベドホームまで巻き戻ってしまう。
これを意図的に利用して取り返しのつかない要素を挽回することが可能。
何度でもループできるので「強くて途中からニューゲーム」的な使い方も。

…といっても当然、想定外の動作なので何が起こるかは保証しかねるが。
(一応、この記事はエンディングまで動作確認した上で記載している)


再現方法は、飛空艇入手後にビーカネルに行き、アルベドホームの入り口を塞いでしゃがんでいるアルベド人NPCにタイミング良く○で話しかけるだけ。(×を押して歩きながら○を連打して接近すると再現させやすい)
本来であればこのNPCに接近すると自動で追い返されるイベントになり、これがアルベドホームに戻ってしまうのを防ぐ役割をしているが、ヘレティック・イフリートのイベント用に追加された会話がこれに割り込むと、追い返されるイベントが省略され、先に進めるようになってしまう。手抜きするからこうなる。
ヘレティック・イフリートを倒す前でも後でも可能だが、ヘレティック・イフリート戦の直後の場合のみ、アルベドホームには行けず、透明なヘレティック・イフリートと再戦するバグイベントが発生する。マップを切り替えることでアルベドホームに行けるようになり、この透明ヘレティック・イフリートとの再戦はできなくなる。


ストーリーが巻き戻ることで以下の事が可能になる。


ストーリー進行以外の情報は保たれたままなので、以下のようなやり直しの効かない要素、もう一度見ることのできない要素も存在する。

  • 回収済みの宝箱、アルベド語辞書
  • NPCとの会話結果(一度きりのセリフ全般、飛空艇でのドナとの会話、ワッカリンの会話イベントなど)
  • サブイベントの結果(ベルゲミーネミニゲーム、召喚獣、訓練場関連)
  • 作動させたギミック類(ガガゼト山の試練など)
  • 裏ボスようじんぼうやボスのシーモア最終異体
    • これに伴い、ヘレティック・アニマを出現させたまま放置するとガガゼト入り口のイベント中、バッチリ画面に入ってしまうことに
  • 浄罪の路のスタート地点から戻ろうとすると降りてくる柵。これを降ろしているとユウナが先に進めず詰むことになるので、アルベドのホームの一部のみとなる。
  • 浄罪の水路でのエフレイエ=オルタナ戦で、トリガーコマンド「カギをあける」で2回戦いの場を移していた場合は再戦可能。

また、キマリの育成状況によっては、ガガゼト山のイベント戦でビランおよびエンケのHPが数百万の値になり、突破するのに長時間を要する状況もありえる。


すでにワッカとブリッツボールの契約が済んでいる状態でこのバグを起こすと、アルベドホーム脱出後にワッカの契約期間が0日になる。
この状態で飛空艇に居るワッカに□で話しかけてスカウトすると、ワッカが増殖してしまう。
そのまま試合することもでき、経験値も全員分入るし、別人物をマークしてキャプチャーすることもできてしまう。
プレイヤーでしか育成できないワッカの高速育成手段として使えるかも知れない。
もっとも増殖したワッカを控えメンバーに入れる操作を行うと、「ななしさん1」などの通常では存在しない選手に化け(能力も異常)、試合後には消滅…など怪しさ満点の挙動をするのでご利用は自己責任でどうぞ。


後期出荷版のアルティメットヒッツ版、さらに後のリマスター版では修正されている。
入り口をふさぐアルベド人2人をすり抜けることはできるが、そこから先は進めなくなっている模様。