Top > みどりのくじら


みどりのくじら

Last-modified: 2019-12-01 (日) 16:35:48

「行こう。機関士が「お湯で洗ってくれる」って言ってるよ。そしたら、気分も良くなるよ!」
みどりのくじら

日本版タイトルみどりのくじら
英語版タイトルSomething in the Air
脚本アンドリュー・ブレナー
ブリット・オールクロフト
デヴィッド・ミットン
放送日・1998年10月2日(英国)
・1998年12月11日(オーストラリア)
・1999年1月29日(カナダ)
・2000年6月1日(ドイツ)
・2004年1月23日(韓国)
・2009年8月13日(ハンガリー)
話数第119話
第15話(シーズン内)
この話の主役トーマスヘンリー
シーズン第5シーズン
機関車紹介トーマスクランキーヘンリー
登場キャラクターAトーマスヘンリークランキー
登場キャラクターBなし
登場キャラクターCジェームスゼベデー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿トーマスの機関士トーマスの車掌灯台守ブレンダム港の主任学生服の男の子スティーブン・ハットの友達
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人緑のコートの信号手ノランビー漁村の作業員
登場人物Cトーマスの機関助手ヘンリーの機関士濃赤茶色の服の女の子ブレンダム港の作業員
登場人物D無し
登場スポットノランビー漁村
ソドー・イン
ティッドマスビーチ
灯台の線路
信号所
ブレンダム港
ブレンダム機関庫
あらすじトーマスの警告を無視した影響で、危険な線路に入ったヘンリーは、海に落ちてしまいます。
メモフライング・キッパー三度の登場及び事故。
第4シーズンからかわれたピーター・サム』に続いて時間に厳格なヘンリー
パーシーローリー1続いて、に落ちるヘンリー
・カメオ出演のジェームス、初めて郵便貨車を牽引する。
子供達の中にスティーブンが混じっている。
・大量のを被ったまま艀で運ばれるヘンリーを「緑色」「怪物」だと比喩する子供達
・『がんばれタッグス』に登場したタグボート等が登場している。
ヘンリーが夜明けに救助されるシーンで、当アニメの姉妹番組『がんばれタッグス』に登場したゼット船隊の2号機ゼベデーらしき模型が登場している。
ブレンダム港の主任信号手のミスで有るにも関わらず、トップハム・ハット卿から怒鳴られるヘンリー*1*2
灯台守第7シーズンソルティーとあらし』、ブレンダム港の主任第8シーズンパーシーのだいしっぱい』、トーマスの車掌第18シーズントーマスときんきゅうじたい』まで台詞無し。
フライング・キッパー第16シーズンウィフのねがい』まで出番なし。
・口から水を吹き出すヘンリー
・大量のと一緒に運ばれるヘンリー
床屋の主人続いて、機関車をお湯で洗車するヘンリーの機関士*3
遠藤守哉さんは2役担当。
・水没した際のヘンリーの車体によく見ると海藻が付着している。
台詞ナレーター「ある日トーマスは、小さな村の波止場にいた。朝早くにとれた魚が貨車に積み込まれる。古い機械を使っているので作業に時間がかかる。トーマスは心配した。」
トーマス「港でヘンリーが待ってるんです、遅刻すると怒られちゃう!すみませんが急いで!」
ナレータートーマスの言葉が途中で途切れた。」
トーマスの機関士「ハハハッ!これは酷い。」
トーマス「うわぁー!!何て臭いんだろう!」
ナレーター「綺麗な海辺を走っている時はとても気分がいい。灯台に差し掛かった時,赤い旗を振っている男が見えた。」
トーマス「今度は何だ!?」
灯台守「高波で線路が崩れそうになっています。目印を付けておきましたから。」(初台詞)
トーマスの機関士「様子を見に行こう。」
トーマスの機関士トーマスなら大丈夫だが、ヘンリーみたいな重い機関車は危ないな。」
ナレーター「機関車に知らせる為、赤いランプが設置された。」
トーマスの車掌「港に着いたら通行止めにするように言わなくちゃ。」(遠藤守哉さん演じるトーマスの車掌の最初で最後の台詞並びに模型機最後の台詞)
ナレーターヘンリーはやきもきしながらトーマスを待っている。」
ヘンリー「遅いじゃないか!それに何て臭いなんだ、ムカムカする!」
トーマス「仕方無いだろ!なんだから、それに線路が危険なんだ!だから遅れちゃったんだよ!」
ヘンリー「ふん!危険なのはお前の方だろ!つまらない言い訳を止めて、早く貨車を連結しろよ!」
ナレータートーマスの機関士が事務所で主任と話していると、ヘンリーの汽笛が聞こえた。彼はフライング・キッパーと呼ばれる重くて長い列車を引っ張って駅を離れて行った。」
トーマスの機関士ヘンリーは今夜、何処を走るんだい?」
ブレンダム港の主任「海辺の線だよ、一番の近道だ。」(初台詞)
トーマスの機関士「さっき言っただろ!『あの線路は危険だ』って!!」
ナレーター主任は大急ぎで、信号所に電話した。ヘンリーは汽笛を鳴らして信号所を通過した。」
ヘンリー「すぐに遅れを取り戻すぞ!」
ナレーター信号手は電話中で、警報が聞こえなかった。異変に気付いた時には、ヘンリーは既に霧の彼方に遠のえていた。ヘンリーの折角のスピードも、海辺の線に着くと台無しになった。辺り一面霧が立ち込めていたのだ。」
ヘンリー「前が見えないよ…!」
ナレーター機関士も前方が見えない。」
ナレーター「信号に気付いた時には、もう遅かった…!」
ナレーター「上げ潮になると、すぐにヘンリーはクレーンで水から引き上げられた。」
トップハム・ハット卿「機関車は泳げないんだ!!、お前の仕事は魚を運ぶ事で一緒に泳ぐ事ではない!!これでよく分かったろ!?」
ヘンリー「はぁーい・・・、済みませーん・・・。」
ナレーターヘンリーが港に着くとクレーンのクランキーがからかった。」
クランキー「これはこれはヘンリー、大漁の自慢話を聞かせてくれよ!だけどその前に、ボディーを洗っとけよ!?」
ヘンリー「ふん・・・!!」
ナレーター「だけど、それはほんの序の口だった。」
子供達「見ろよ!あんなに魚が取れてる!それに緑色の鯨までいるぞ!」
スティーブン・ハットに似た少年「鯨じゃないよ!怪物だよ!!」(最後の台詞)
ナレーターヘンリーは悲しかった。トーマスヘンリーが可哀想になった。」
トーマス「行こう。機関士が「お湯で洗ってくれる」って言ってるよ。そしたら、気分も良くなるよ!」
ナレーターヘンリーは、元気になった。」
ヘンリー「嫌な態度取って悪かったよ。」
トーマス「そんなの良いさ!…それより何か匂わない?」
ヘンリー「ええっ、な、何がっ?」
トーマス「新鮮な空気の匂いだよ!」
ヘンリー「ああ…、そうだね!」
英国版CVナレーター/他:リンゴ・スター
米国版CVナレーター/他:リンゴ・スター/ジョージ・カーリン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
ヘンリー堀川亮
クランキー江川央生
トップハム・ハット卿青野武
トーマスの機関士/トーマスの車掌遠藤守哉
灯台守塩屋浩三
ブレンダム港の主任川津泰彦
学生服の男の子西田裕美
スティーブン・ハットの友達中島千里
シリーズ前回トビーのたんけん
シリーズ次回トーマスとふるいきゃくしゃ
参照画像・参照はみどりのくじら/画像





*1 しかし、トーマスの忠告を無視したヘンリーにも責任は有る。
*2 尚、フライング・キッパーが関係する事故でトップハム・ハット卿が機関車を説教するのは今回が初めてである。
*3 床屋の主人の場合はダックヘンリーの機関士の場合はヘンリートーマスの言及のみ)。