ジェームスとソドーとうのじょおう

Last-modified: 2020-10-20 (火) 16:09:06

「ああ、洗車してやるとも!見た事が無い位真っ赤になってやる!!僕はそれほど素晴らしい機関車なんだぁ!!!!!」
ジェームスとソドーとうのじょおう

日本版タイトルジェームスソドーとうのじょおう
英語版タイトルJames and the Queen of Sodor
脚本ポール・ラーソン
放送日・2003年10月14日(英国)
・2004年2月17日(カナダ)
・2004年3月26日(韓国)
・2004年4月10日(日本)
・2004年8月9日(英国:新シリーズ音楽版)
・2004年10月3日(米国)
・2004年10月20日(オーストラリア)
・2009年9月17日(ハンガリー)
日本話数第160話
第4話(シーズン内)
英国話数第163話
第7話(シーズン内)
この話の主役ジェームス
シーズン第7シーズン
機関車紹介トーマスゴードンパーシージェームス
登場キャラクターAトーマスゴードンジェームスパーシーダック
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCヘンリーメイビスハリーバートソルティーアニークララベルブッチ
使い回し映像のみオリバースカーロイトードスカーロイ鉄道の赤い客車
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ブレンダム港の監督
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人
登場人物Cティッドマス機関庫の作業員ソドー島の市長
登場人物D無し
登場スポットブレンダム港
ドライオー駅
クロバンズ・ゲート駅
ティッドマストンネル
ティッドマス機関庫
ティッドマス機関庫の転車台
精錬所
重工業地帯
サドリー城
ロッホ城
ハーウィン・クロカ運河(言及のみ)
ブレンダム港
アノファ採石場(言及のみ)
修理工場(言及のみ)
あらすじ・ある日、ジェームスゴードンからソドー島の女王を運ぶ仕事を譲って貰った。ところが、そのソドー島の女王は水漏れする錆びた汚い船で…。
メモ・冒頭のシーンは第3シーズンちょっとちがうよオリバー』と第4シーズンがんばりやのスカーロイ』のカットシーンの使い回し映像。
・同時に第6シーズンジェームスとあかいききゅう』のワンシーンを反転させて使い回している。
・この話のパーシーゴードンジェームスにワザと砂埃を掛ける等、可也駄目な事をしている*1
・この話のスカーロイ第5シーズンいわのボルダー』に続いて終始笑わなかった。
塩屋浩三さんのダックの声はこの話で最後となる*2
ヘンリートーマスジュニアビル続いてクシャミをするパーシー
第3シーズンどろんこゴードン』以来、泥塗れになるゴードン
・この回でジェームスの潔癖症が悪化した。
・この回では市長を乗せる仕事が出来なかったゴードンだが、少し後市長を乗せる事になる。
あの時のゴードンピーター・サムダンカンに続いて、汽笛を壊すパーシー*3
精錬所の出入口にあるスクラップの1つは、トードの撮影用模型を流用した物。
・この話のヘンリー第6シーズンこわがりなきかんしゃ』、ハリーバートは初めて終始走行していない。
・この回で学べるのは「嘘百」と言う事*4
台詞ナレーターソドー島の機関車達は頼もしく、信頼出来る本当に役に立つ機関車を目指している。彼らが一番幸せなのはトップハム・ハット卿から大事な仕事を任された時だ。ジェームスは自分の仕事がとっても大事だと思ってる。ピカピカ真っ赤なのボディーが自慢でいつも綺麗でスマートでいる事が大好きだった。ある日パーシーが洗車に来た。」
パーシー「汽笛が詰まっちゃったよぉー!」
ナレーター「彼は詰まりを取り除こうとしてクシャミをした。するとゴードンに泥が飛び散った。」
ゴードン「こーら、気を付けろ!」
ナレーターパーシーは笑いを堪えた。」
ジェームス「おーい!僕迄汚くするなよ!今日は市長をお迎えに行くんだからなぁ!」
ゴードン「それは俺の仕事だ!」
ジェームス「ホントに~?へへッ、その前に洗車しないとなぁ!」
ゴードン「フン!!生意気に・・・!!」
ジェームス「ヘッヘッヘッ。じゃあねゴードン!」
ナレーター「やがてジェームス市長を乗せると誇らしげに走り出した。」
ジェームス「や~い!どうだいゴードン!」
ゴードン「ふん・・・!!見せびらかしやがって・・・!!」
ナレータートップハム・ハット卿ティッドマス機関庫にやって来た。」
トップハム・ハット卿ソドー島の女王を迎えに行く機関車が必要だ」
トーマスソドー島の女王って誰ですか?」
トップハム・ハット卿「水漏れする古い艀だ。工場迄運ばねばならん。済まないが汚れ仕事でな…」
ナレーター「其の時、ジェームス機関庫に入ってきた。ゴードンが閃いた。」
ゴードンソドー島の女王をお迎えに行くのも大事な仕事ですか?」
トップハム・ハット卿「とても大事な仕事だ。希望者は居るかね?」
ジェームス「とても大事な仕事?それなら僕がやります!」
トップハム・ハット卿「よし、これで決まりだ。女王は?で待っている。」
ジェームス「有り難う御座います!任せて下さい!」
ナレーターゴードンは思い通りにいったのでほくそ笑んだ。」
ジェームスソドー島の女王を迎えに参りました!」
ブレンダム港の監督「ああ、ご苦労さん。彼女なら其処に居るよ!」
ナレータージェームスは激怒した。」
ジェームス「あの汚らしいのがぁ・・・!?ゴードンの奴め、騙しやがったなぁ!!僕を汚そうとして!!!そうはいかないぞ!!!絶対に汚れてやらないからなぁ!!!」
ナレーター「まもなくジェームスソドー島の女王を乗せて出発した。工場までは長ーい道のりだぁ。」
ジェームス「汚れるもんか!綺麗でピカピカ、綺麗でピカピカ!!!」
ナレータージェームスは御呪いを唱えた。その時、トラブルが起きた。古い艀についているノッポの煙突がパイプに激突したのだ。ジェームスはヘドロ塗れになると覚悟したが、何とか助かった。」
ジェームス「汚れるもんか!綺麗でピカピカ!!綺麗でピカピカ!!」
ナレーター作業員が瞬く間に掃除を済ませ、ジェームスは走りだした。ジェームスは無事、工場へ辿り着いた。汚れ仕事がやっと終わって本当に嬉しい。ジェームスが誇らしげにティッドマス機関庫に戻って来た。」
ゴードン「何故そんなに綺麗なままで居られたんだ?」
ジェームス「僕は綺麗でなきゃいけないのさ。何時大事な仕事が入るか解らないからね!」
ナレーター「其の時、パーシー石切り場から戻って来た。」
パーシー「また汽笛が詰まっちゃったよ!ジェームス、気を付けて!」
ナレーター「辺りに砂埃が舞い上がった。」
パーシー「ちゃんと注意したよ。」
トーマス「ふふっ、洗車しないとね!」
ジェームス「ああ、洗車してやるとも!!見た事が無い位真っ赤になってやる!!僕はそれ程素晴らしい機関車なんだ!!」
ゴードン&ダック&トーマス&パーシー「あーあ…。」
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:マイケル・ブランドン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
ゴードン内海賢二
ジェームス森功至
パーシー中島千里
ダック塩屋浩三
トップハム・ハット卿青野武
ブレンダム港の監督川津泰彦
シリーズ前回
(英語)
どうしたのヘンリーシリーズ前回
(日本)
ビルとベンとファーガス
シリーズ次回
(英語)
ピーター・サムとティールームシリーズ次回
(日本)
どうしたのヘンリー
参照画像・参照はジェームスとソドーとうのじょおう/画像?

*1 「気を付けて」ってどう気をつけるのかと言いたい程駄目。
*2 然し、機関車紹介で紹介されず(などに当てはまり)、第12シーズントーマスはヒーロー』まで一言も喋らない。
*3 この話から数年後パーシーまた汽笛を壊す
*4 第2シーズンディーゼルのわるだくみ』も同様。