Top > Loyd Gun Carriage


Loyd Gun Carriage

Last-modified: 2018-11-09 (金) 19:56:33

GB-Loyd_GC.png

Tier 2 イギリス 自走砲 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP80
車体装甲厚(mm)7/7/7
最高速度(km/h)48
重量/最大積載量(t)4.46/4.5
本体価格(シルバー)3,900
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
Sexton II
(1,350/49,000)
Loyd GC
(150/3,900)
Loyd GC Mk IIA
(120/650)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
Loyd GCFord V8-220Q.F. 13-Pr. Mk. IIILoyd Carrier Mk. ILoyd Gun Carriage80WS No. 11
65HE42165**8.57
5
0.80
22--/--/--10320350
Loyd GC Mk IIAFord V8-221Q.F. 13-Pr. Mk. IIILoyd Carrier Mk. IILoyd Gun Carriage80WS No. 9
85HE42165**8.57
5
0.80
24--/--/--10320375

解説 Edit

Tier2イギリス自走砲
Loyd Carrier小型輸送車をベースにした軽自走砲の計画案である。

 
  • 火力 
    • Q.F. 13-Pr. Mk. III
      高めの仰角と広めの射界を持ち合わせている。
      短射程で弾道が山なりのため、障害物を越した砲撃が他自走砲に比べて得意であり、狭いマップの多いこのTier帯では扱いやすく優秀な主砲である。
      ただし低Tier帯の自走砲にはよく言えることだが爆発範囲が狭く、ダメージを与えるには直撃を必須とする。精度は良好とはとても言えないため、乗員(特に砲手)はできる限り高いプライマリスキルの状態で乗り出すことをオススメする。
      砲旋回速度が遅いため、他国自走砲から乗り継ぐと若干違和感を感じるかもしれない。
       
  • 装甲
    元が輸送車両であるが故、もちろん装甲など持ち合わせていない。被弾=貫通である。
    正面は無装甲に見えるが、ダメージ判定は存在する(装甲厚0mm扱い)。真正面からの弾は素通りしてノーダメージ、などということはないので注意。(以前は本当になかったため恐らくHD化により追加されたものだと思われる。)
     
  • 機動力
    このTier帯の自走砲としてはそれなりに軽快に動くことができる。旋回もやや速く、接近され回り込まれそうになっても直射ができるチャンスは他国と比べると多い。
    短い射程は随時撃てる場所まで移動することでカバーできるだろう。
     
  • 総論
    広い射界と短射程高弾道に高めの機動力を持ち、英国の低Tier車両の中では随一のバランス型である。
    派生車両は癖が強いものが多く、Tierを重ねていくことでなお本車の扱いやすさを思い知ることとなるだろう。
    特にこの先のTier3、Tier4は癖が強いよりかは苦行の段階に立ち入るレベルであり、人によっては第二駆逐戦車ルートへと続く軽戦車ツリーのValentineからTier5のBishopを開発した方が楽と言えるかもしれない。
    ここで自走砲の基礎を存分に練習し、ある程度乗員も鍛えておくべきだろう。

史実 Edit

イギリス軍は履帯の付いた軽便なトラックというべき、軽装軌道車両をキャリアと呼んで、運搬・輸送などに最も広く、長く使用しました。 
資材や弾薬はもちろん、野砲(歩兵砲など)の牽引から戦車回収車、重機関銃を装備した豆戦車というような物まで、第二次大戦期を通じてワークホースとして使い倒してきました。
ロイドキャリアもそのうちの1つで、ジョン・カーデンとヴィヴィアン・ロイドのコンビが生み出した、カーデン・ロイド豆戦車から、武装を分離しながら発展したもので、フォード製V8エンジンとイギリスの伝統というべきホルストマン式サスペンションを備えて、時速48km/hで走行できるものでした。
後に、他にも類似した他社製キャリアが多種多様に存在したために、これらを1種に統一したユニバーサルキャリアと共に、イギリス軍のあるところに必ず、ロイドキャリアの姿があると言われるほどでした。
それもそのはずで、26,000両という生産数が生産されたことからも、いかに頼りにされていたのかが量れるでしょう。

ロイド・ガンキャリアは、牽引する76.2mm砲を殆どそのままの形で搭載する、自走砲化計画で1940年から41年にかけて開発されましたが、計画のみで終わりました。 
同じようなコンセプトで、オーストラリア軍がユニバーサルキャリアに2ポンド砲を搭載した、2ポンド対戦車砲キャリアを完成・少数を運用しています。

ガンキャリアの類はオープントップ故に、シンガポール戦やマレー半島の戦いにおいて、手榴弾や重機関銃で日本軍に襲われたほか、馬に乗った古参将校が刀を持って乗り込んできて、キャリアに乗っていた指揮官を切り倒した、という逸話もあります。
また、鹵獲されたものは、架橋作業や運搬に重宝されたほか、ブレンガンキャリアとして使用されたそうです。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • こいつに迷彩ネットつけりゃかなり強いんだが… -- 2016-11-20 (日) 17:41:00
  • こいつに迷彩ネットつけりゃかなり強いんだが… -- 2016-11-20 (日) 17:41:00
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White