T-103

Last-modified: 2020-05-16 (土) 21:02:54

R135_T_103.png

Tier 8 ソ連 駆逐戦車(プレミアム)

公式紹介ページ

スペック

車体装甲厚(mm)100/100/60
最高速度(km/h)40
マッチング範囲(戦闘Tier)8~10
本体価格(ゴールド)10,500
シルバーボーナス(%)50
経験値ボーナス(%)15
搭乗員経験値ボーナス(%)無し

パッケージ

Bizon T-103
12,600G

詳細

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比旋回速度視認範囲
Bizon T-103MN-1130 mm B-13Bizon T-103Bizon T-1031,25010RKM
90030220/145/60730
14.2915380
 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
130 mm B-13AP
AP
HE
910
12G
978
258
307
65
440
440
580
4.962,1822.300.3650+30
-8

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説

  • 概要
    Tier8のソ連課金駆逐戦車
    T-100重戦車に130 mm B-13艦砲を載せた計画案*1である。
     
    駆逐戦車ではあるが、全周旋回砲塔・それなりの装甲・低隠蔽を兼ね備えている為、性能的には重戦車に近い。
    ちなみに、ソ連駆逐戦車としては初の全周旋回砲塔を持つ車輌である。
     
  • 火力
    俯角は-8°とそれなりの値で、仰角は+30°と十二分。ソ連車輌としては地形対応力が高いと言える。
    • 130 mm B-13
      Object 103の史実砲。SU-100Yのものと同一のはずだが、こちらの方が性能が高い。あちらとは異なり課金弾は貫通力を向上させたAPとなっている。
      単発火力やDPM、精度は同格駆逐戦車の中では平均的。貫通力は標準化の大きいAPであることを考えると十分な値となっている。ただし、弾速はその分やや遅め(870m/s)である。
       
  • 装甲
    HPは1,250と重戦車や重駆逐程高いわけでは無いが、普通の駆逐戦車に比べると高め。
    • 砲塔
      220mmの装甲に傾斜が加わり、概ね260mm程度と硬い。防盾は中央付近の厚い部分が260mm、外側の薄い部分が230mmとなっている。防盾脇の所は220mmがほぼ垂直なので弱点と言う程の薄さでは無いが課金弾には貫通されうる。
      頭上の機銃塔は60mmと非常に薄い弱点。
    • 車体
      砲塔の硬さとは裏腹に頼りない。
      砲基部垂直部が100mm、機銃塔が60mm、傾斜の緩い車体上部が100mm、傾斜の鋭い車体上部と下部が45mmで、概ね100~130mm程度になっている。
      側面は全面100mmなのである意味正面よりも硬いが、丸くなった砲基部がどうしても垂直に晒されてしまうため、豚飯はやりづらい。
       
  • 機動性
    最高速度や出力重量比は駆逐戦車として平均~やや下程度。
    車体の旋回速度もそれなりだが、全周砲塔を持つ駆逐戦車の例に漏れず、砲塔の旋回速度がかなり遅い点には要注意。
     
  • その他
    視認範囲は380mと駆逐戦車としてはまずまずの数値だが、肝心の隠蔽性能が非常に悪い。
    文字通り重戦車と同レベルの隠蔽しかなく、車輌自体も大柄である為、このTier帯ではいとも容易く発見されてしまうだろう。
     
  • 総論
     

Bizon T-103

R135_T_103_Hero.png

公式紹介ページ

パッケージ

T-103
12,500G

解説

T-103のHero版。
積まれた土嚢が空間装甲として機能している以外にT-103との性能差異はない。

史実

格納

T-103_history_1.jpg
T-103_history_2.jpg

Объект 103はT-100重戦車を基に設計された沿岸防衛用重戦車の計画である。
T-100の副砲塔を撤去し、回転砲塔に1935年型130mm B-13海軍砲と7,62mmDT機関銃3丁を装備し、敵のトーチカや船舶を砲撃するように企図された。
重量は58トン、乗員は8名。装甲はT-100重戦車と同じ60mm。
エンジンも計画ではT-100と同じGAM-34BT 4ストロークV型12気筒液冷ガソリン(850hp/1,850rpm)であり、舗装路では35.7km/hで走行する事ができた。
サスペンションも計画通りT-100を流用していたならば内蔵板バネ式のはずである。(ただし実現するならばSU-100Yと同じくトーションバー式に改良する可能性もあり、これがゲームでトーションバーサスペンションとなっている理由かもしれない)
ゲームとかなり性能が異なるのは、計画段階で中止されたので基本仕様は単に「T-100に回転砲塔付きの130mm砲を搭載する」程度で、装甲などは詰められて無かった可能性もある。当然ながら正式採用されていないので「T-」は付かない。
なお、Object 103と言う名称だが、Objectの工場番号が振られる前のプロジェクトであり、担当はレニングラードのキーロフ第185工場(SU-5を作った所)で、Object 100系のウラル貨車工場とは関係が無い。

参考(Wikipedia)

 

コメント

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 中戦車や快速重戦車に随伴できるだけの足がある。巨体の割に坂道もスイスイ登る。 -- 2018-08-07 (火) 17:33:13
  • 位置取りだけで運命が180度変わってしまう、車体隠せないと終わり -- 2019-09-12 (木) 12:50:37
  • オール金弾で行ってもお釣りが出るくらい優秀 -- 2020-03-27 (金) 21:14:18
  • 今更使い始めたけど強いな、地形も味方したけどチーフテン完封できた。というか初心者は130PMで突撃するよりこっち乗って頭出ししたほうが使いやすいんじゃないかな? -- 2020-05-16 (土) 12:14:43
  • こいつどう見てもHTだから駆逐と思って接近戦仕掛けたら返り討ちされるぞ -- 2020-05-16 (土) 21:02:54
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 史実ではObject 103 重戦車とされるのが一般的だが、ゲーム内ではT30のように駆逐戦車となっている。