アルビオン

Last-modified: 2019-05-23 (木) 02:41:01

アルビオン - Albion

旧バージョンでいうところのLighthouseをv2.x用に改めたマップ。
配置されている拠点の種類、位置などが違うパターンが6つ、イベント専用が3つある。

 

ゴルディオスの結び目 / Gordian Knot


湾岸部の大規模なコンビナートは、地上からは駐屯地の守備隊により、海上からは小型の飛行場の戦闘機編隊、前線レーダー基地、指令センターにより守られている。このコンビナートは、機械の製造と供給、王国防衛の要である。何としてでも制圧せよ。
Tier7-10用。


 

トランプ / Trump Card


イギリス沿岸部にあるコンビナートは、早期警戒基地となる 2 つの指令センターによって守られている。島の奥深く、何キロメートルにも及ぶ空域を支配すれば、彼らはいかなる攻撃に対しても緊急発進し撃退することが可能となる。この施設を敵の手に渡してはならない!
Tier6-9用。


 

勢力圏 / Sphere of Influence


両軍の精鋭パイロットがぶつかり合う、長い戦いは、海峡をカバーする空軍基地上空に集中している。空軍基地は、海上からの攻撃からの防衛を担当する要塞群に取り囲まれている。この要塞が陥落することは、侵攻軍に対する主導権と、制空権を即座に失うことを意味している。
Tier7-10用。


 

最終論告 / Final Argument


悪天候を利用した敵の夜襲は成功を収め、指令センターは機能を停止した。海上からの上陸に備え、前線の空軍基地を守るために、近隣の守備隊に、新たな砲撃システムが追加装備された。これで守りは万全のはずである。守備隊が敵の手に落ちた場合、基地を脅かす恐ろしい武器となるだろう。
Tier7-10用。


 

鋼の意志 / Iron Will


イギリスの長きにわたる戦いにおける微妙なバランスは、多くの点で、湾岸部のすぐそばに配置された大型の空軍基地に拠ることが大きい。北部に位置する大型工場や離島の指令センターも制空権に収める。この飛行場を奪われるようなことになれば、敵にとって侵攻のための確実な足掛かりとなり、本土蹂躙も現実味を帯びてくる。
Tier7-10用。


 

侵攻 - 湾岸襲撃 / Invasion - Attack on the Coast


広範囲におよぶイギリス海岸線防衛の任務は、数百機の戦闘機と戦闘機パイロットに託された。海岸線は、強力な対空防衛システムを持つ多くの砦で守られており、チームのために、偵察、統制、輸送、航空機整備サポートを提供する。この防衛線を突破するのは、非常に困難な作業となるだろう。
Tier6-10用。
イベント用マップ。侵攻モード。
v2.0.12.5で変更(file旧版)。


 

消耗戦 - ゴルディオスの結び目 / Attrition - Gordian Knot


Tier6-10用。
イベント用マップ。消耗戦モード。


 

爆撃機護衛 - ローリングサンダー / Bomber Escort - Rolling Thunder


イギリスの空の支配を巡る熾烈な戦いに勝利するためには、イギリスを支える生産施設と兵舎の破壊が効果的だ。このために、敵は海峡の対岸にある航空基地から大規模な爆撃作戦を展開している。全ての爆撃機編隊を迎撃、殲滅しないと、大英帝国は海岸から上陸してくる敵部隊に対して無力となってしまうだろう。
Tier9-10用。
イベント用マップ。爆撃機護衛モード。


 

均衡 / Balance of Forces(バランス調整のために一時削除)


沿岸コンビナートをめぐる熾烈な戦いの結果、防衛施設の大半が瓦礫と化した。この戦略地点の防衛任務は、空軍に託された。指令センターおよび工場の制空権を確保後、チームは敵を撃退しなければならない。
Tier7-10用。


 

戦争の翼 / Wings of War(バランス調整のために一時削除)


イギリス沿岸部上空で展開される空中戦は、軍事施設および工業施設を危機に晒した。被害は王国の防衛力に大打撃を与えることとなった。工場からの通常搬送だけが、すぐれた敵軍からの防衛を可能にすることができる。
Tier6-9用。


 

コメント